トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月26日 (土)

What the world needs now/rosanna(2006年)

女性ポップスシンガーによるバカラック集として、お薦めです!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Img109

1. I'LL  NEVER FALL IN LOVE AGAIN
2. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE
3. WALK ON  BY
4. THIS GIRL'S IN LOVE WITH YOU
5. YOU'LL NEVER GET TO HEAVEN (IF YOU  BREAK MY HEART)
6. (THERE'S) ALWAYS SOMETHING THERE TO REMIND ME
7. (THEY  LONG TO BE) CLOSE TO YOU
8. TRAINS AND BOATS AND PLANES
9. ANYONE WHO HAD A  HEART
10. MAKE IT EASY ON YOURSELF
11. THE LOOK OF LOVE
12. WHAT THE WORLD  NEEDS NOW IS LOVE
13. DON'T MAKE ME OVER

収録時間約47分


この方、オランダの人っぽいです。
http://www.rosannahofman.nl

全てBacharach & David作品のカヴァーで、有名どころを選曲。Rosannaさんの声は高くも低くもハスキーでもパワフルでもなくフツーですが、なかなか良いです。

バックはDrums, Electric & Acoustic Bass, Guitars, Piano & Keyboard, Trunpet & Bugle。アレンジはポップスですが、原曲のテイストにちょっとスパイスを効かせていて、マンネリにならず且つリラックスして楽しく聴けます。

たとえば、休日の午前中などにBGMとして聴くと、気持ち良いですよ~(^^)


【データ】
『What the world needs now』
rosanna

CD:2006年リリース
レーベル:RED BULLET
番号:RB 66.256

Production, piano, percussion, and Backing Vocals:Hans Vermeulen
Arrangements, drums,and percussion:Danny Sahupala
All guitars:Lex Bolderdijk
Electric and Acoustic Bass:Lene te Voortwis
Piano and Keyboards:Simon Gitsels
Trumpet and Bugle:Rund Bruels
Backing Vocals:Marlayne Sahupala
Backing Vocals:Ruurd Boes

2006年4月録音、AH Garden Sound, Koh Samui Thailand

 

2013年1月12日 (土)

Long Ago Tomorrow/Siobhan Pettit(2004年)

内容・心意気ともに良し!の女性シンガーによるバカラック集

(画像はクリックすると大きくなります)
51jczeoul__sl500_aa300__2

1. What The World Needs Now Is Love
2. A House Is Not A Home
3. One Less Bell To Answer
4. The Look Of Love
5. (They Long To Be) Close To You
6. This House Is Empty Now
7. This Guy's In Love With You
8. Painted From Memory
9. I Say A Little Prayer
10. Walk On By
11. Make It Easy On Yourself
12. Long Ago Tomorrow
13. Wives & Lovers
14. I'll Never Fall
In Love Again

収録時間約53分


南アイルランド出身で、北アイルランドはベルファスト在住の女性ジャズシンガーSiobhan Pettitによるバカラック・カヴァー集。アルバムタイトルはLong Ago Tomorrowですが、サブタイトルがThe Music of Burt Bacharachとなっています。

張りと艶のある声で、歌も上手。バックはPiano,Bass,Guitars,Drums,Keyboard,Violins,Cellosが基本で、曲により数本の管楽器が加わります。アレンジはジャズ系ポップスといった感じですが、メリハリが効いててバラードもアップテンポの曲どちらもとても素敵。因みに、BassでプロデューサーのRod Pattersonが彼女の夫とのこと。

バカラックとコステロとの共作T-6,8が入ってるのも渋いですが、それよりもT-12「Long Ago Tomorrow」が超レアなカヴァー。オリジナルはB.J.トーマスで、バカラックがセルフ・カヴァーした以外は他にカヴァーした例を(私は)知りませんです、ハイ。そんな渋い曲をアルバムタイトルに持ってくるんだから、Siobhan Pettitと旦那のこだわりは相当なものかと…。

内容・心意気ともに良し!の女性シンガーによるバカラック集です。


【データ】
『Long Ago Tomorrow』
Siobhan Pettit

CD:2004年3月30日
レーベル:Tfor3 Records
番号:SPCD3

Produced by Rod Patterson
Piano: Brian Byrne
Double Bass/Bass Guitar: Rod Patterson
Guiters: Johnny Scott
Drums/Percussion: Guy Rickarby
Hammond/Keyboards: Gavin Murphy
Soprano Sax/Flute/Clarinet/Tenor Sax: Brendan Doyle
Soprano Sax/Tenor Sax/Alto Sax: Derek O'Connor
Trumpet/Flugal: Linley Hamilton
Trombone: Barry McBrien
Violins & Violas: John Fitzpatrick
Cellos; Scott Herron
Backing Vocals: Siobhan Pettit and Rod Patterson
2003年(?)録音

2013年1月 6日 (日)

イン・スタイル/中本マリ フィーチャリング・デル・マーレ(1993年)

渋いです!  けれん味のない大人のバカラック集!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
51tcojbidzl__sl500_aa300_ Img381

1. ALFIE
2. YOU AND ME FOR ALWAYS
3. TRAINS AND BOATS AND PLANES
4. WIVES AND LOVERS
5. THIS GUY'S IN LOVE WITH YOU
6. ONE LESS BELL TO ANSWER
7. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE
8. THE APRIL FOOLS
9. THAT'S WHAT FRIENDS ARE FOR
10. THE LOOK OF LOVE
11. A HOUSE IS NOT A HOME

収録時間約50分


中本マリさんの低くかすれ気味の声とヴァイブやマリンバとアコギを中心としたバックが融合した、渋い大人のバカラック集です。

しかも、小西康陽氏らによるコンピCD 『 レディメイド、バカラックを讃える 』 (1994/11/2リリース)や日本コロムビアから出た 『 トリビュート・トゥ・バート・バカラック 』 (1994/11/21リリース)あたりから始まるバカラック再評価の”前に”このような良質なバカラック集が出されていることに驚きです!アルバムタイトルはもとより、ライナーやクレジットなどをみてもバカラック集であることを全く主張していないし、いや~本当に大人のアルバムだと思います。

カヴァー定番曲の他に渋めのT-3やT-8が入ってるのも嬉しいですし、極めつけはT-2の 「 YOU
AND ME FOR ALWAYS 」 。この曲は、バーブラ・ストライザンドのアルバム 『 TILL I LOVED
YOU 』
(1988年リリース)にバカラック&セイガーが提供した3曲のうちの1曲なのですが、これのカヴァーは私の知る限り中本さんのヴァージョンのみ。そういう意味でも貴重なバカラック集といえます。”買い”でしょう!


【データ】
『 イン・スタイル 』
中本マリ
フィーチャリング・デル・マーレ

CD:1993年 3月24日
レーベル:ビクター音楽産業株式会社
番号:VICJ-160

Produced by AKIRA
TAGUCHI
中本マリ(vo)
<デル・マーレ>
 浜田均(vib, marimba)
 井上博(acg, elg,
computer
programming)
桜井郁雄(acg)
大坂昌彦(ds)
三島一洋(perc)
1992年11月9,12,14日録音

トップページ | 2013年2月 »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック