« BACHARACH BOSSA CLUB/PATTY ASCHER (2003年) | トップページ | SADAO PLAYS BACHARACH & BEATLES/渡辺 貞夫 (1969年) »

2013年4月30日 (火)

ALFIE/Eivets Rednow (1968年)

スティーヴィー・ワンダーのインスト・アルバム! バカラック・カヴァー2曲を収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Img178 Img179

全9トラック中、バカラック作品は2トラック

1. ALFIE (3:12)
3. A HOUSE IS NOT A HOME (3:30)


スティーヴィー・ワンダーが1968年(18歳のとき)にMoJAZZ(モータウンのジャズレーベル)からリリースしたインストルメンタル・アルバム。スティーヴィーは全編でハーモニカを吹いてます。えっ、どこにも Stevie Wonder って書いてないじゃないかって? Eivets Rednow を右から左に読んでみてください、ほらね。

自作は4曲。カヴァーが5曲入っていて、そのうち2曲がバカラック・カヴァーです。アルバムタイトルにもなっていて先行してシングルカットもされた T-1.「ALFIE」がアルバムの主役でしょうか。シングルは全米チャートで66位!

バックはホーンにストリングスも入ったムード歌謡風(こんなこと書いたら怒られる?)なのですが、スティーヴィーのハーモニカが全体を引っ張って場末のキャバレーみたいにはなっていません。さすが~! 2曲ともスティーヴィーが気持ち良くハーモニカで歌っています。歌ってもこんな感じなんだろうな~って思います。

ま、そうは言ってもやっぱりスティーヴィーの歌で聴きたいところですが、2012年のガーシュイン賞受賞のホワイトハウスでのライブでスティーヴィーがピアノの弾き語りで「ALFIE」を歌ってましたねー。途中ハーモニカも入れて。このアルバムの吹き方とはやはり違ってましたけど。是非そちらも動画サイトでご覧になって下さい~。因みに、1973年のバカラックのTV番組にスティーヴィーさん登場してハーモニカで「ALFIE」を吹いてます。こちらも動画サイトでどうぞ~。

【データ】
『ALFIE』
Eivets Rednow(エイヴェッツ・レッドナウ)

LP:1968年11月20日リリース (所有CDは、1995年リイシュー盤)
レーベル:MoJAZZ (所有CDもMoJAZZ)
番号:Gordy-932 (所有CDは、31453-0549-2)

Produced by Henry Cosby

※視聴できるので、2008年にリイシューされた国内盤をリンクしました~

« BACHARACH BOSSA CLUB/PATTY ASCHER (2003年) | トップページ | SADAO PLAYS BACHARACH & BEATLES/渡辺 貞夫 (1969年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/57265939

この記事へのトラックバック一覧です: ALFIE/Eivets Rednow (1968年):

« BACHARACH BOSSA CLUB/PATTY ASCHER (2003年) | トップページ | SADAO PLAYS BACHARACH & BEATLES/渡辺 貞夫 (1969年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック