« If I Were Your Woman/Gladys Knight & The Pips (1970年) | トップページ | I love you more/Mario Biondi (2007年) »

2013年5月 3日 (金)

CONNIE FRANCIS SINGS BURT BACHARACH/Connie Francis (1969年)

コニー・フランシスが1969年にリリースしたバカラック・カヴァー集! 充実の1枚ですっ!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Img182 Img183

1. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE
2. PROMISES, PROMISES
3. THE LOOK OF LOVE
4. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE
5. TRAINS AND BOATS AND PLANES
6. MAKE IT EASY ON YOURSELF
7. ALFIE
8. THIS GIRL'S IN LOVE WITH YOU/I SAY A LITTLE PRAYER
9. WANTING THINGS
10. WALK ON BY
11. MAGIC MOMENTS/BLUE ON BLUE
12. DON'T MAKE ME OVER

収録時間約34分


コニー・フランシスが1969年にリリースしたバカラック・カヴァー・アルバムです。1968年時点のバカラック&デヴィッドの代表曲14曲を、2曲ずつのメドレーを二つ含み全12トラックに仕上げています。このアルバムを的確に表現している、2005年リイシュー盤の帯の宣伝文を引用しましょう。

「個性的な解釈と陰影のある歌唱に、新しい興趣と成熟の魅力を感じさせる楽しい聴きもの」

最後の”聴きもの”という言葉だけは”?”ですが、まさしくその通りだと思います。コニーの「可愛いベイビー」のイメージと、このアルバムのジャケット写真から想像するキャバレー臭から、聴く前は疑心暗鬼だったのですが杞憂に終わりました~。

プロデュース&編曲のクラウス・オガーマンあってのアルバムでしょうね~。今聴いてもあまり古臭さを感じません。特にT-2,6,8,12はアレンジもひねっていて素晴らしい! 充実の1枚ですっ!

【データ】
『CONNIE FRANCIS SINGS BURT BACHARACH』
Connie Francis

LP:1969年リリース (所有CDは、2005年リイシュー国内盤)
レーベル:Verve/UMG (所有CDは、ユニバーサル クラシックス&ジャズ)
番号:1181 (所有CDは、UCCU-9050)

プロデュース・編曲:クラウス・オガーマン
1968年録音

« If I Were Your Woman/Gladys Knight & The Pips (1970年) | トップページ | I love you more/Mario Biondi (2007年) »

カヴァーアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/57270544

この記事へのトラックバック一覧です: CONNIE FRANCIS SINGS BURT BACHARACH/Connie Francis (1969年):

« If I Were Your Woman/Gladys Knight & The Pips (1970年) | トップページ | I love you more/Mario Biondi (2007年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック