« ALFIE/Eivets Rednow (1968年) | トップページ | If I Were Your Woman/Gladys Knight & The Pips (1970年) »

2013年5月 1日 (水)

SADAO PLAYS BACHARACH & BEATLES/渡辺 貞夫 (1969年)

渡辺貞夫によるバカラック&ビートルズ集! バカラック・カヴァー4曲を収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Img177 Img177_2

全9トラック中、バカラック作品は4トラック

1. THE LOOK OF LOVE (2:17)
3. TRAINS AND BOATS AND PLANES (3:11)
5. WALK ON BY (3:19)
9. REACH OUT FOR ME (2:59)

※ アルバムタイトルに”バカラック”と入ってるので、カヴァーアルバムのジャンルに入れました~!

渡辺貞夫が1969年にリリースしたバカラック&ビートルズ・カヴァー集で、バカラック・ナンバー4曲とビートルズ・ナンバー5曲。T-1~6(LPのA面)の6曲が慶応義塾大学軽音楽鑑賞会主催コンサートの実況録音で、T-7~9(LPのB面)の3曲がこのコンサートで演奏された曲目を、より理想的な状態で再現するために改めてスタジオで吹き込んだものだそうです。

んで、バカラック・カヴァーですが、T-1はボサ・ロック風の演奏。T-3は割と原曲に近い感じで、ナベサダさんのブローも控えめ。T-5はアップテンポでエレキベースもタイトに弾み、中盤のアドリブでナベサダさんも歌い上げます。T-9は原曲に近いテンポ・リズムだし、前述の通りスタジオということもあってか、あまり特徴がないです。

バックにホーンがけっこういますし、全体にジャズ・ロック風味の演奏です。ナベサダさんって、色んな演奏スタイルで活動してたんだな~とあらためて感じました。

【データ】
『SADAO PLAYS BACHARACH & BEATLES』
渡辺 貞夫

LP:1969年3月10日 (所有CDは、2000年リイシュー盤)
レーベル:takt JAZZ (所有CDも同じtakt JAZZ/日本コロムビア)
番号:XMS-10010-CT (所有CDは、COCB-31022)

Img191

« ALFIE/Eivets Rednow (1968年) | トップページ | If I Were Your Woman/Gladys Knight & The Pips (1970年) »

カヴァーアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/57266148

この記事へのトラックバック一覧です: SADAO PLAYS BACHARACH & BEATLES/渡辺 貞夫 (1969年):

« ALFIE/Eivets Rednow (1968年) | トップページ | If I Were Your Woman/Gladys Knight & The Pips (1970年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック