« Baby It's You/The Beatles (1995年) | トップページ | EASY WALKER/Stanley Turrentine (1966年) »

2013年6月26日 (水)

Alfie Jazz Bacharach/Alfie Jazz Bacharach (1996年)

日本のジャズミュージシャンによる、かなり凝ったアレンジのバカラック・カヴァー集!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Img228 Img229

1. ALFIE
2. DON'T GO BREAKING MY HEART
3. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD
4. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU
5. THIS GUY'S IN LOVE WITH YOU
6. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE
7. I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN
8. ARTHUR'S THEME (BEST THAT YOU CAN DO)

収録時間約34分


1990年代中頃のバカラック・ブームにのってリリースされた、日本のジャズミュージシャンによるバカラック・カヴァー集です。

ギター、ベース、ドラムス、ピアノという構成のクァルテットなんですが、アーティスト名はアルバムタイトルの『Alfie Jazz Bacharach』と一緒。ジャケットの裏(下を参照)にクァルテットのメンバーの写真まで載せるくらいだったら、誰かリーダーの名義にしてきちんとジャズのアルバムとしてリリースすれば良かったのに~。

編曲はギターを担当されているIMAHORIさんで、実質的にリーダーなんでしょう。けっこう凝ったアレンジで、リズムもかなり独特。T-1はギターとピアノ、T-2はクァルテットで、T-3はギターとドラムス、T-4はギターソロ、T-5はギターとピアノとドラムス、T-6はギターとベースとドラムス、T-7はギターとドラムス、T-8はギターとベース。

CDジャーナルのレビューによると… 「才気あふれるギタリストの今堀恒雄とオルケスタ・デ・ラ・ルスのピアニスト、塩谷哲がティポグラフィカのリズム隊と組んでいるとなれば、サラリとメロディのよさに頼った演奏をして一丁上がりとなるわけはない。」 だって(笑)

ジャケットのイメージからイージーリスニングっぽい演奏を期待すると、面食らっちゃいますcoldsweats01。心して聴きましょう~。


【データ】
『Alfie Jazz Bacharach』
Alfie Jazz Bacharach

CD:1996年12月16日リリース
レーベル:ポニーキャニオン
番号:POCR-00250

Producer、Musicianなど↓ 個人的見解ですが、日本人なのに名前をローマ字だけで表記するのは、とても不親切だしカッコ悪いことだと思います。併記するなら良いですが。
Img230

« Baby It's You/The Beatles (1995年) | トップページ | EASY WALKER/Stanley Turrentine (1966年) »

カヴァーアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/57517940

この記事へのトラックバック一覧です: Alfie Jazz Bacharach/Alfie Jazz Bacharach (1996年):

« Baby It's You/The Beatles (1995年) | トップページ | EASY WALKER/Stanley Turrentine (1966年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック