« What The World Needs Now - Stan Getz Plays Bacharach and David/Stan Getz (1968年) | トップページ | song of Burt Bacharach Quiet Rooms/AVEC Meets Sawako Yoshino (1998年) »

2013年7月31日 (水)

I Will Say Goodbye/Bill Evans Trio (1977年)

ビル・エヴァンスが1977年にリリースしたアルバム。バカラック・カヴァーを1曲収録!

(画像は全部クリックすると大きくなります)
Img258 Img259

全10トラック中、バカラック作品は1トラック

9. A HOUSE IS NOT A HOME (4:36)


ジャズピアニストのビル・エヴァンスが1977年にリリースしたアルバムです。久々のトリオ編成での吹き込み。ファンタジー時代の最終作で、『You Must Believe in Spring』と対をなすアルバムです。

んで、バカラック・カヴァーはT-9.「A HOUSE IS NOT A HOME」の1曲。この曲はよくジャズで取り上げられるバカラック・ナンバーのひとつですが、エヴァンスのこのカヴァーはとてもリリカルで素敵な演奏だと思います。バックもサポートに徹してエヴァンスのピアノを際立たせています。

エヴァンスは1980年に亡くなりますが、この頃にはもういくつかの病気を患っていて、音楽にも破壊的内面や孤独な面を見せるようになっていたと言われています。その影響があるのかどうかは私にはわかりません。ただ、この演奏を聴いていると彼の内面の何かが滲み出ているように感じます。


【データ】
『I Will Say Goodbye』
Bill Evans Trio

LP:1977年リリース (所有CDは、1992年リイシュー、輸入盤)
レーベル:Fantasy (所有CDは、Fantasy / Original Jazz Classics)
番号:F-9593 (所有CDは、OJCCD-761-2)

Produced by Helen Keane
Musicians
  Bill Evans - piano
  Eddie Gomez - bass
  Eliot Zigmund - drums
Recorded at Fantasy Studios, Berkley, CA; May 11-13, 1977

« What The World Needs Now - Stan Getz Plays Bacharach and David/Stan Getz (1968年) | トップページ | song of Burt Bacharach Quiet Rooms/AVEC Meets Sawako Yoshino (1998年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/57795628

この記事へのトラックバック一覧です: I Will Say Goodbye/Bill Evans Trio (1977年):

« What The World Needs Now - Stan Getz Plays Bacharach and David/Stan Getz (1968年) | トップページ | song of Burt Bacharach Quiet Rooms/AVEC Meets Sawako Yoshino (1998年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック