« イージー・リスニング・ジャズ★★バート・バカラックの素晴らしき世界/前田憲男とケニー・スミス・オーケストラ★スリー・シンガーズ (1970年) | トップページ | 雨にぬれても/メンボーズ (1998年) »

2013年11月10日 (日)

CROSSING THE BLUE/Teresa Bright (1998年)

ハワイの歌姫、テレサ・ブライトが1998年にリリースしたアルバム。バカラック・カヴァーを1曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Img434 Img436

全14トラック中、バカラック作品は1トラック

10. THE LOOK OF LOVE (4:04)


ハワイの歌姫、テレサ・ブライトが1998年にリリースした、ハワイアン&ポップスのアルバムです。

テレサは、スラック・キー・ギター奏者の父、フラ・ダンサーの母を持ち、ハワイのオアフ島で生まれ育ちました。幼いころにハワイアンを楽しみ、成長するに従ってジャズやポップスのヒット曲にも興味を示すようになります。そういったこともあって、ハワイ音楽界のなかでテレサのヴォーカル・スタイルは独特でユニークだとされているらしいです。元横綱の曙は ” はとこ ” にあたるそう(゜o゜)

─ 確かに私のルーツ・ミュージックは、ハワイアン。アルバムにトラッド・ソングを入れることにはこだわるけれど、世界の多くの人に私の音楽を聴いてもらうためには、ポップ・ソングを歌うのも必要なことだと思うの。それに、私は、ハワイアンだけを聴いて育ったわけじゃない。今回歌った60年代の曲も、成長する過程で触れたものだからね。─(ライナーより、テレサの言葉)

このアルバムで、テレサはハワイアン・ソング7曲とポップ・ソング7曲を録音しています。録音はハワイとL.A.の2本立て。ポップ・ソングは60年代のカヴァーが中心で、その中の1曲がバカラック作曲のT-10. 「 恋の面影 」 。映画「007 カジノ・ロワイヤル」の挿入歌ですね。1967年、ダスティ・スプリングフィールドが歌うオリジナルが全米22位。1968年、セルジオ・メンデス&ブラジル66のヴァージョンが全米4位。他にもたくさんカヴァーされています。私が所有してるものだけでも約260ヴァージョンある!!

テレサのカヴァーは、L.A.のスタジオでの録音。クール&ちょっぴりジャジーな感じのアレンジ。この曲、オリジナルはいきなりダスティが歌い出します。なので、カヴァーではこれまで様々なイントロのヴァリエーションがあるんですよね~。そんな中、このテレサのヴァージョンのイントロ出だしはたぶん初めて聴くフレーズで新鮮! テレサの歌声も、奇をてらわずさらりとしていながら大人の情感を漂わせていて、素敵です。

テレサのハワイアン・トラッド・ソングを聴いてると、知らない曲なのに心に沁みこんできます。それでいながら、ビートルズ、ビーチ・ボーイズ、エヴァリー・ブラザーズ、ミッシェル・ルグランなどのクールなポップス・カヴァーが混ざっていてもあまり違和感を感じません。なんでかな?(笑) そんなアルバムです。

私と同郷の友人で、趣味でフラをやっているOさんという女性がいるのですが、彼女もテレサ・ブライトのCDを聴いてるそう。その彼女から、フラのことを色々教わりました。我々が知っているフラダンスは” アウアナ ” と呼ばれる現代的なスタイルのフラのことで、” カヒコ ” と呼ばれる極めて厳粛・宗教的で古典的なスタイルのフラがあること。世界最大のフラ・コンテスト ” メリー・モナーク・フェスティバル ” のことなど…。そのフェスティバルの動画をYoutube で観て感動! バカラックからフラに繋がっていき、音楽って広がりがあって素晴らしいとあらためて思いました~happy01


【データ】
『CROSSING THE BLUE』 (邦題:クロッシング・ザ・ブルー)
Teresa Bright

CD:1998年6月24日リリース
レーベル:パイオニア LDC
番号:PICP-1156

Produced by Gerry Beckley and Hank Linderman
T-10. のmusician↓
Img438

« イージー・リスニング・ジャズ★★バート・バカラックの素晴らしき世界/前田憲男とケニー・スミス・オーケストラ★スリー・シンガーズ (1970年) | トップページ | 雨にぬれても/メンボーズ (1998年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/58500591

この記事へのトラックバック一覧です: CROSSING THE BLUE/Teresa Bright (1998年):

« イージー・リスニング・ジャズ★★バート・バカラックの素晴らしき世界/前田憲男とケニー・スミス・オーケストラ★スリー・シンガーズ (1970年) | トップページ | 雨にぬれても/メンボーズ (1998年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック