« 対談の感想 小西康陽×奥田祐士 ~バート・バカラック自伝刊行記念~ Feb. 9, 2014 | トップページ | The Sound of Bacharach & David/HAZELL DEAN (1981年) »

2014年2月19日 (水)

THE GREATEST SONGS OF THE SIXTIES/Barry Manilow (2006年)

バリー・マニロウが歌う1960年代ポップス・カヴァー集です。バカラック・カヴァーを3曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Img492a Img493a

全15トラック中、バカラック作品は3トラック

6. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD (3:02)
8. THIS GUY'S IN LOVE WITH YOU (4:03)
13. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE (3:42)


米国を代表する男性ポップス・シンガー、バリー・マニロウが歌う1960年代カヴァー集です。

彼についての説明は特に必要ないでしょう…、米国では大スターらしいので。私は 「 コパカバーナ 」 くらいしか彼の歌を知らないのですがcoldsweats01

このアルバムは、2006年1月にリリースされて全米アルバム・チャートの№1にランクされたバリー・マニロウのアリスタ・レーベル復帰盤 『 ザ・グレイテスト・ソングス・オブ・ザ・フィフティーズ 』 に続く第二弾として、2006年10月にリリースされました。そして、第一弾同様このアルバムもヒットしました(全米2位)。

1960年代のヒット曲の中から13曲を選曲。なお、英国盤と日本盤にはボーナス・トラックが2曲( T-14,15 )追加されています。全体的にアレンジはオリジナルに近く、オーケストレーションも控えめにしてバリーの歌唱力で勝負!という企画のようです。でも、歌は上手いのでしょうが、なんていうか歌声に気持ちが入ってるようには感じられなくて…、聴いてて退屈なんですよね~。

バカラック・カヴァーは3曲。T-6. 「 雨にぬれても 」 はアウトロが原曲とは違うメロディ(映画 『 雨に唄えば 』 のイントロからの流用)でこれはちょっといいです。その代わり歌のほうは可も不可もなくです。T-8. 「 ディス・ガイ 」 はそれこそオリジナルと似たアレンジ。バリーの歌もオリジナルのハーブ・アルパートのような味が感じられなくて。T-13. 「 世界は愛を求めている 」 は聴いていてバリーの感情が少し感じられたような気がします。

ちょっと辛口の評価になってしまいました。バリーさん(バリィさんじゃなくて^^;)、ごめんなさいm(__)m


※ 私は持っていないのですが、収録されているバカラック・カヴァーだけはダウンロードしています。そんな同シリーズのアルバムを、2枚ご紹介します。

51fv5geilvl_2バリー・マニロウは、2007年9月に第三弾 『 THE GREATEST SONGS OF THE SEVENTIES 』 をリリースします。そのアルバムにも、バカラック・カヴァーを1曲収録しています。T-10. 「 (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU 」 (3:42) です。1コーラスめはシンプルなピアノ伴奏をバックに、2コーラスめはバンド+オケに乗って歌っています。これはけっこうイケます。



51t4anqllそして、2008年11月には第四弾 『 THE GREATEST SONGS OF THE EIGHTIES 』 をリリース。このアルバムにもバカラック・カヴァーを1曲収録。T-9. 「 ARTHUR'S THEME (BEST THAT YOU CAN DO) 」 (3:47) です。オリジナルに近いアレンジで、可もなく不可もなく…です。






【データ】
『 THE GREATEST SONGS OF THE SIXTIES 』
Barry Manilow

CD:2006年10月31日リリース (所有CDは2007年10月24日リリースの日本盤)
レーベル:ARISTA (所有CDはBMG JAPAN)
番号:? (所有CDはBVCP-21520)

Produced by Barry Manilpw, Clive Davis and David Benson
T-6. Arranged, Orchestrated and Conducted by Ken Berry
T-8. Arranged, Orchestrated and Conducted by Kevin Bassinson
T-13. Arranged by Barry Manilow and Kevin Bassinson / Orchestrated and Conducted by Kevin Bassinson

« 対談の感想 小西康陽×奥田祐士 ~バート・バカラック自伝刊行記念~ Feb. 9, 2014 | トップページ | The Sound of Bacharach & David/HAZELL DEAN (1981年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/59098008

この記事へのトラックバック一覧です: THE GREATEST SONGS OF THE SIXTIES/Barry Manilow (2006年):

« 対談の感想 小西康陽×奥田祐士 ~バート・バカラック自伝刊行記念~ Feb. 9, 2014 | トップページ | The Sound of Bacharach & David/HAZELL DEAN (1981年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック