« BACK TO BACK BACHARACH/CASINO ROYALE (1999年) | トップページ | WELCOME TO THE PLEASURE DOME/FRANKIE GOES TO HOLLYWOOD (1984年) »

2014年5月25日 (日)

SWITCHED-ON BACHARACH/Christopher Scott (1969年)

モーグ・シンセサイザーにより奏でられる、脱力系のバカラック・カヴァー集!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Img621_2 Img362bb

1. THE LOOK OF LOVE
2. ALFIE
3. WALK ON BY
4. THIS GUY'S IN LOVE WITH YOU
5. WIVES AND LOVERS
6. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE
7. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE
8. I SAY A LITTLE PRAYER
9. THE APRIL FOOLS
10. WHAT'S NEW PUSSYCAT?

収録時間約28分


謎の人物、クリストファー・スコットがモーグ・シンセサイザーで奏でる、脱力系のインスト・バカラック・カヴァー集です。1969年リリース。

Img362hh クリストファー・スコットについては、CDの紙ジャケ裏にも日本盤ライナーの解説にも全く情報が載っておらず、どこの誰なのかさっぱりわかりません。

一方のモーグ・シンセサイザーは、1964年に初めて制作され、『 スウィッチド・オン・バッハ 』 が1968年に世界的大ヒットになって一躍有名になりました。尚、日本盤ライナーによると、日本では長年“ムーグ”と呼ばれてきたそうですが、のちに発明者ロバート・モーグ博士自身により訂正されたそう。

鍵盤一体型で持ち運びできる“ミニ・モーグ”は1970年から、同時に複数の音を発音できる“ポリ・モーグ”は1973年辺りから使われ始めます。ということは、本アルバムがリリースされた1969年当時のモーグ・シンセサイザーは、部屋に何台もの弁当箱を置き、それをケーブルでつないで単音を出す…、まだそういう代物だったわけですね。

ミュージシャンのクレジットは記載されてないのですが、紙ジャケ裏には ─ The rhythm works - guitar, bass, drums - was supplied by live musicians ─ と書かれてました。シンセだけでポップな曲を演奏するのはまだまだ難しかったんでしょう。とはいえ、いかにも未来的・宇宙的な当時のシンセらしい音がイントロで聴けるT-5. 「 素晴らしき恋人たち 」 と、猫の鳴き声を模した音がgoodなT-10. 「 何かいいことないか子猫チャン 」 は、本アルバムならではのバカラック・カヴァーだと思います。

シンセの音色以外は全体的に割とまともなアレンジで、ヒットしたバージョンから大きく外れていません。ポップと言えばそうです。でも、聴いていて脱力感を感じるのは何故?(笑)。アレンジャーはデイヴ・ミュレイニーというお方。彼はのちに、ガーション・キングスレイがオリジナルを書き、モーグ・ユニットのホット・バターが1972年にヒットさせた 「 ポップコーン 」 のアレンジも手掛けたんだとか。なるほど、ポップなわけですね。

クリストファー・スコットは、同じDECCAレーベルに続編 『 モア・スウィッチド・オン・バカラック 』 を残したそうですが、どうもリイシューされていないみたいです。聴いてみたいようなそうでないような…(苦笑)。


【データ】
『 SWITCHED-ON BACHARACH 』 (邦題:スウィッチド・オン・バカラック)
PERFORMED ON THE MOOG SYNTHESIZER BY CHRISTOPHER SCOTT

LP:1969年リリース (所有CDは、2003/9/26リイシューの日本盤、紙ジャケット、ライナー:松永良平氏)
レーベル:DECCA/MCA (所有CDは、ビクター・エンタテインメント/UNIVERSAL MUSIC)
番号:DL 75141 (所有CDは、UCCU-9031)

Produced by METRO TALENTS LTD.
Arranged and Conducted by Dave Mullaney

« BACK TO BACK BACHARACH/CASINO ROYALE (1999年) | トップページ | WELCOME TO THE PLEASURE DOME/FRANKIE GOES TO HOLLYWOOD (1984年) »

カヴァーアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/59665493

この記事へのトラックバック一覧です: SWITCHED-ON BACHARACH/Christopher Scott (1969年):

» Scott & Rivers 最新情報 - Nowpie (なうぴー) J-POP [Nowpie (なうぴー) J-POP]
Scott & Rivers の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

« BACK TO BACK BACHARACH/CASINO ROYALE (1999年) | トップページ | WELCOME TO THE PLEASURE DOME/FRANKIE GOES TO HOLLYWOOD (1984年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック