« GREATEST HIT SINGLES/Isaac Hayes (1982年) | トップページ | BACHARACHMANIA/tito sine qua non meets nona (2004年) »

2014年6月 8日 (日)

HERE IT IS/Jevetta Steele (1993年)

「 コーリング・ユー 」 のオリジネーター、ジェヴェッタ・スティールが1993年にリリースしたアルバムです。バカラック・カヴァーを1曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Img627 Img628

全12トラック中、バカラック作品は1トラック

11. I SAY A LITTLE PRAYER (5:22)


米国のゴスペル・シンガー、ジェヴェッタ・スティールが1993年にリリースしたアルバムです。

1987年制作(1989年日本公開)のドイツ映画 『 バグダッド・カフェ 』 で、テーマ曲 「 コーリング・ユー 」 を歌っていたシンガーがジェヴェッタ・スティールでございます。あの映画、一度レンタルで観ていますが、何が言いたかったのかよくわからなかったです^_^;。でも、この歌は印象に残りましたょ。本アルバムにもしっかり入ってます(T-5.)。

彼女は、ミネアポリスで活動するゴスペル音楽のファミリー・グループ、J.D.スティール・シンガーズ(その後ザ・スティールズに改名)のメンバーということで、基本はゴスペルのシンガーなんですねー。グループの活動以外にも、ゴスペルのミュージカルに出演したり、プリンスに気に入られてバックアップ・シンガーとしてツアーに帯同したり,、ジェヴェッタはいくつかの顔を持っていたようです。

そして、ソロシンガーとして本格的にデビューしたのが本アルバムだそうです。基本10トラックで、T-11,12.は日本盤のみのボーナストラック。ソウル/ブラコンテイストの楽曲を中心にダンスナンバーやバラード曲で構成されていて全体的にゴスペル色は薄いのですが、唯一のカヴァー曲でもあるバカラック・カヴァーのT-11. 「 小さな願い 」 はゴスペル色を強調した曲となっています。

てゆーか、全編にわたってゆったりしたテンポの 8分の6拍子 というユニークなアレンジに\(◎o◎)/(ビックリ)! オリジナル(ディオンヌ・ワーウィック版)とジェヴェッタ版を比較してみましょう。メロディのみを音階抜きで手書きで記譜してみました(音階と歌詞がなければ著作権問題ないと思いまして^_^;)。上段がオリジナルで、下段がジェヴェッタ版です。まずは歌い出しの部分、こんな感じです。
Img641a_2
サビの一部分、オリジナルは4拍子 → 3拍子 → 4拍子と一小節ごと変拍子になっているのですが、ジェヴェッタ版では8分の6拍子二小節に圧縮しています(゜o゜)
Img643b
楽譜ではうまく伝えられなくてもどかしいのですが、聴いてみるとこれがクールでカッコイイんです! ジェヴェッタのパワフルな歌唱も、本アルバムの他の曲では聴けない素晴らしいものですし、バック・コーラスもいいですね~。どうしてこんな良い出来の曲がボーナス・トラックなの?…と理解に苦しむところです。

この 「 小さな願い 」 を聴けただけで十分満足のあるでおでした。


【データ】
『 HERE IT IS 』 (邦題:コーリング・ユー・フロム・ジェヴェッタ)
Jevetta Steele

CD:1993/8/10リリース (所有CDは、1993/10/1リリースの日本盤)
レーベル:Sony Music (所有CDは、Sony Music(Japan))
番号:? (所有CDは、SRCS-6804)

Executive Producers:Tommy LiPuma and Levi Seacer, Jr.
T-11. 「 小さな願い 」
  Music Arranged & Vocal Arrangements by Gary Hines & Jevetta Steele
  Backing Vocals: J.D. Steele, Jeryn Steele Battle, Fred Steele, Billy Steele, Jevetta Steele, Cynthia Johnson
  Keyboards: Ricky Peterson
  Drums: Michale Bland
  Bass: St. Paul Peterson

« GREATEST HIT SINGLES/Isaac Hayes (1982年) | トップページ | BACHARACHMANIA/tito sine qua non meets nona (2004年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

こんばんわぁ!!

いよいよあるでおさんの本領発揮の記事を拝見することが できました。

楽譜がさっぱり読めない私でございますが 説得力がありましたので ちょいとこの記事をプリントアウトして 読み直そうと(!)密かに考えているまったりなのです。

ここに書いたら 密かじゃないってば!!sad

まったりさん、おはようございます~。

ジェヴェッタ・スティールさんの 「 小さな願い 」 はYoutubeに上がってなくって、楽譜でなんとか表現できないかともがいてみました。でも、楽譜だけだとやっぱりわからんなぁ…と今改めて思いましたです。

前にもどこかで書きましたが、大人になって楽譜を入手するまでこの曲(オリジナル)のサビの変拍子の部分がこうなっているとゆーことがわかりませんでしたからね~^^;。あまた存在するこの曲のカヴァー・バージョン、個人的にはこの曲の変拍子を崩さないでほしいのですが、ジェヴェッタさんのこのバージョンだけは拍手を送ります~(^^♪

こんばんわぁ 

今回ばからっくさんの自伝本を出版なさったシンコー出版は 確か楽譜を発行している書店ですよね?

昔 我が音楽力の無さを自覚しながらも バカラックさんの楽譜集が出まして 買ったことを覚えています。

それには「太陽をつかもう」の楽譜が載っていて思わず買ってしまったのです。でも、その「太陽をつかもう」の譜面を見て メロディーを頭の中で奏でていましたら 思わず涙してしまったことがあるのでした。

その時、バカラックさんのすごさを思い知ったのです。そして 何とかこの曲をもっともっとみんなに知っていただきたいと言う思いで ブログを立ち上げたのでした。

何故 涙したかを ここで書くには 難しいのですが 休止符で泣いてしまったのです・・・・。

はずかしぃ・・・・dash

まったりさん、こんばんは!

> メロディーを頭の中で奏でていましたら 思わず涙してしまったことがあるのでした。

私にはそんな体験はないですょ。ものすごいまったりさんの”バカラック(さん)愛!”
音楽の力ってすごいですよね。全然恥ずかしくないですょ!


グレイト・コンポーザー・シリーズ
「バート・バカラック」
1998年9月8日 初版発行
発行:シンコー・ミュージック

ワタクシあるでおも一冊だけシンコーさんの楽譜を所有してます。ピアノ弾き語り用で、メロディ一段+ピアノ二段の楽譜。ピアノ弾けないくせに^^;

この楽譜をベースにエレクトーン用に自分でアレンジして…なぁんて思って買ったんですけどね~。甘い考えでした(>_<)

まぁ、でもコード進行だったり変拍子がどうなってんのか、確認するのにはとても役立ってます(^^)v

残念なのは、有名どころの15曲だけしかないこと。「 太陽をつかもう 」 も、もちろん入ってないです。まったりさんの追体験、したかったなぁ…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/59737686

この記事へのトラックバック一覧です: HERE IT IS/Jevetta Steele (1993年):

« GREATEST HIT SINGLES/Isaac Hayes (1982年) | トップページ | BACHARACHMANIA/tito sine qua non meets nona (2004年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック