« TIME BETWEEN THE TIME/Laurie Beechman (1993年) | トップページ | 追悼 岩井直溥さん ~ 思い出の吹奏楽版 「 小さな願い 」 »

2014年6月22日 (日)

THE STORY GOES ON/Liz Callaway (1995年)

ブロードウェイ歌手、リズ・キャラウェイが1995年にリリースしたアルバムです。バカラック・カヴァーを2曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Img648 Img649

全14トラック中、バカラック作品は1トラック

4. KNOWING WHEN TO LEAVE / PROMISES, PROMISES (3:36)


ブロードウェイ歌手、リズ・キャラウェイが1995年にリリースしたアルバムです。

Img650_21961年シカゴで生まれたリズは、1981年にブロードウェイ・デビュー。その後、『 キャッツ 』、『 エビータ 』、『 ミス・サイゴン 』 などの舞台に立つ一方、20世紀FOXのアニメ映画 『 アナスタシア 』 でのアナスタシア役(声はメグ・ライアンですが、歌声はリズ・キャラウェイ)や 『 ライオン・キングⅡ 』 など、映画でも歌ってきたんだそうです。(アルバムジャケットの写真ではリズの顔が良くわからないので、ジャケット裏の写真を載せました)

そのリズにとって本作は2枚目のアルバムだそうで、14トラック/15曲は全てミュージカルの曲っぽいです。自身が出演したショウや彼女のフェイヴァリットの中から、アレンジャーのAlexと一緒にチョイスしたんだそう。

演奏は、バンド+小編成の生オケ。アレンジもいかにもミュージカルといった雰囲気で煌びやかな音創りです。リズの歌声も、艶やかなもの。バラード曲でもミュージカルの舞台で鍛えたであろう表現力が光ります。ワタクシあるでおはミュージカルに疎く、知ってる曲は少ないのですが、それでも聴いていてウキウキするアルバムです。

んで、バカラック・カヴァーは1トラック。もちろんバカラック唯一のブロードウェイ・ミュージカル 『 プロミセス・プロミセス 』 からのセレクトで、「 去りし時を知って 」 と 「 プロミセス・プロミセス 」 のメドレーです。これがまた素晴らしいんです! アレンジは原曲のイメージから大きく外れていませんが、「 去りし時を知って 」 の途中に 「 プロミセス・プロミセス 」 の特徴的なフレーズをリフとして引用するなど細かいところでこだわりが見えます。1分58秒過ぎたあたりで 「 プロミセス・プロミセス 」 にスパッと替わって、その替わり方も気持ちがいいです。リズの歌声からは、この曲を演じられる喜びみたいなものを感じます。

リズは収録曲全てについてライナーにコメントをしてまして、T-4. へのコメントを引用します。いつもの超意訳で…  ─ 私は 『 プロミセス・プロミセス 』 のスコアをずっと好きだったの。特にタイトル曲の 「 プロミセス・プロミセス 」 を。それに、「 去りし時を知って 」 を録音したいとず~っと言ってきたの。時間はかかったけれど、やっとこの2つの偉大な曲を一緒に歌う方法を見つけたわ。私は願っているの、バート・バカラックとハル・デイヴィッドがまたショウを書いてくれないかしらって。 ─

81kquukfrql_aa1500_ここからはオマケ。MP3データで所有しているものを1曲紹介します。

リズには、歌手/作曲家の Ann Hampton Callaway(アン・ハンプトン・キャラウェイ) というお姉さんがいて、姉妹名義でも何枚かアルバムをリリースしているようです。そのうちの一枚、2011年にリリースしたライブ・アルバム 『 boom! (Live At Birdland) 』 で、リズはバカラックの 「 愛の思い出(愛のウェイトリフティング) 」(3:54) をカヴァーしています。イントロ部は 「 サン・ホセへの道 」 という、面白いアレンジ。このアルバムを紹介しているどなたかのブログで知ったのですが、なんでもリズは子供の頃、ブロードウェイ、ビーチ・ボーイズ、そしてバート・バカラックが好きだったんだそう。なんかいいですね~。


【データ】
『 THE STORY GOES ON 』
Liz Callaway  on & off broadway

CD:1995/8/17リリース
レーベル:VARESE SARABANDE
番号:VSD-5585

Produced by Bruce Kimmel
Musical Direction and Arrangements : Alex Rybeck
Orchestrations : Larry Moore

MUSICIANS
  Alex Rybeck : piano
  Mark Minkler : bass
  Ron Tierno : drums
  Kevin Kuhn : guitar
  Dave Rogers, Larry Etkin : trumpets
  Randy Andos : trombone
  Susan Panny : french horn
  Bill Meade, Richard Centalonza : reeds
  Robert Zubrycki, Alexander Yudkovsky, Elizabeth Chang : violins
  Rachel Evans : viola
  Ted Hoyle : cello
  Karen Lindquist : harp

Black Dress by Yohji Yamamoto (ファッションデザイナーの山本耀司さん!)

Recorded at Manhattan Beach Recording Studio, New York

« TIME BETWEEN THE TIME/Laurie Beechman (1993年) | トップページ | 追悼 岩井直溥さん ~ 思い出の吹奏楽版 「 小さな願い 」 »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/59814713

この記事へのトラックバック一覧です: THE STORY GOES ON/Liz Callaway (1995年):

« TIME BETWEEN THE TIME/Laurie Beechman (1993年) | トップページ | 追悼 岩井直溥さん ~ 思い出の吹奏楽版 「 小さな願い 」 »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック