« LIVE AT MISS BLACK AMERICA PAGEANT/THE MOMENTS (1972年) | トップページ | ONE FINE DAY/O.S.T. (1996年) »

2014年7月23日 (水)

FABULOUS/Sheena Easton (2000年)

シーナ・イーストンが2000年にリリースしたアルバムです。バカラック・カヴァーを1曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Img680aImg681a_2

全12トラック中、バカラック・カヴァーは1トラック

7. ON MY OWN (4:01)


シーナ・イーストンが2000年にリリースした通算15枚目のアルバムです。

シーナは1959年スコットランド生まれ。1980年に 「 モダン・ガール 」 でデビューして、続く 「 9 TO 5 (モーニング・トレイン) 」 が全米1位になりました。洋楽に疎かった私でもその2曲はよく知ってますし、それ以降の 「 マシーナリー 」 や 「 TELEFONE (テレフォン) 」 といった曲もよく憶えています。彼女の硬質で輝くような高い歌声は独特でしたからね~。その後、徐々にTVやミュージカル女優として活躍の場を広げていった彼女が、デビュー20周年の2000年にリリースしたのが本アルバムです。尚、T-11,12. の2曲は、日本盤のみのボーナス・トラックです。

Img683aアルバムのコンセプトは、1970年代後半~1980年代のディスコ/ポップ・ヒットのカヴァー。アルバムの目玉は、T-8. 「 君の瞳に恋してる 」 でしょうか。ジャケット写真では赤いサングラスを掛けていてイマイチお顔が分からないのですが、ジャケットの内側にサングラスを外した写真が幾つかあって、そのうちの一枚を載せてみました(←)。うんうん、面影ありますね~。

んで、T-7. 「 オン・マイ・オウン 」 がバカラック・カヴァー。ご存知の通り、パティ・ラベル&マイケル・マクドナルドが歌い1986年に全米1位になりました。シーナのカヴァーは、2拍めと4拍めにハンドクラップが入るUKハウス系のリズムで、オリジナル(♩≒92)よりかなり速い♩≒120くらいのテンポのダンスチューンに仕上がっています。流麗なストリングスのオブリガートと、時折聴こえるアコースティック・ギターのチロリン♪ってのが特徴的。シーナとデュエットしているのは、共同プロデューサーのひとり、テリー・ロナルド。けっこうメロディを崩して歌っています。オリジナルの模倣が多いこの曲のカヴァーのなかでは、かなりユニークなバージョンでしょうね~。

…と、普段の記事ならここで終わるところなのですが、こぼれ話をひとつ。

ネットでバカラックを検索してましたら、2009年3月のビルボードライブ東京公演で、シーナ・イーストンがバカラック・メドレーを披露したとのブログ記事を発見! シーナ・ファンの方がブログに書いておられたのですが、それによるとシーナは曲の前のMCでこう言ったそう。

─ 私の一番好きな作曲家は、なんと言ってもバート・バカラックです。30年間、彼の歌を歌わせてもらうことを夢みてきたけど、とうとう、バートから電話がかかってくることはなかったわ。こうなったら、開き直って、自分のスタイルで彼の名曲の数々を歌っちゃおうって、そう思ったの。  ─ 

メドレーでは、相方の黒人男性と絡みながら、「 ディス・ガイ 」 「 恋するハート 」 「 ウォーク・オン・バイ 」 (あと 「 オン・マイ・オウン 」 の一部も?)などを歌ったとか。ん~、聴きたかった! シーナもバカラック・ファンだと知り、とても嬉しくなったあるでおでした(^^)。


【データ】
『 FABULOUS 』 (邦題:ファビュラス)
Sheena Easton

CD:2000/11/10リリース (所有CDは、2001/5/3リリースの日本盤)
レーベル:UNIVERSAL MUSIC INTERNATIONAL (所有CDも同じ)
番号:? (所有CDは、UICO-2010)

Produced by Ian Masterson and Terry Ronald for LUXURY PLANET
Strings and brass arranged and conducted by Christopher Slaski
Vocal arrangement: Terry Ronald

左:日本盤/右:輸入盤 (ジャケットの写真は、どーみても日本盤の方がイイと思うんですけどね^^;)

« LIVE AT MISS BLACK AMERICA PAGEANT/THE MOMENTS (1972年) | トップページ | ONE FINE DAY/O.S.T. (1996年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

 こんばんわぁ はぁと

私もシーナさんがバカラックさんのファンであったことを このあるでおさんの記事で初めて知りました。

あるでおさんが 聴きたかった!とおっしゃってる作品と思しきものを発見いたしましたので ご紹介しておきますね。

Sheena Easton & Phillip Ingram - Burt Bacharach Medley (Live '09)をYou Tube内で検索してみてくださいませ。どういう訳か 最近コピペがうまくできないのでURLの貼り付けができません。

あるでおさんのことだから もうすでに聴かれておられるかも知れませんが あえてご案内までぇ~~

まったりさん、こんばんは!!

シーナ・イーストンさんのバカラック・メドレーをご案内いただき、感謝感謝でございます。全く知りませんでしたょ。

さっそく拝聴しました。2009年と同じ年ですし、相方男性シンガーとのデュエットという点でも、ビルボードライブ東京公演でのパフォーマンスもほとんど一緒だったんではないでしょうか。「 ディス・ガイ 」 と 「 恋するハート 」 とあともう一曲の曲名がわからない…聴いたことあるのに…(>_<)

かなりメロディを崩して歌っていますが、これが”シーナ流”なんでしょうね~。音質があまり良くないのが残念ですが(隠し録りでしょうね)。

「 ディス・ガイ 」 と 「 恋するハート 」 とあともう一曲の曲名がわからない…聴いたことあるのに…(>_<)

Sergio/Brasil '66 - ♫ Going Out Of My Head ♫ではないでしょうか・・・・・。

まったりさん、おはようございます!

セルメンの Going Out Of My Head を YouTube で聴いてみました! これですこれです! 曲名全く知りませんでしたけど^^; すっきりしました、ありがとうございました~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/60010299

この記事へのトラックバック一覧です: FABULOUS/Sheena Easton (2000年):

« LIVE AT MISS BLACK AMERICA PAGEANT/THE MOMENTS (1972年) | トップページ | ONE FINE DAY/O.S.T. (1996年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック