« NO FRONTIERS/Mary Black (1989年) | トップページ | FABULOUS/Sheena Easton (2000年) »

2014年7月20日 (日)

LIVE AT MISS BLACK AMERICA PAGEANT/THE MOMENTS (1972年)

米R&B男性ヴォーカル・グループのザ・モーメンツが、1971年のミス・ブラック・アメリカ大会で行ったライヴのレコードです。バカラック・カヴァーを2曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Img672a_2 Img674a

全9トラック中、バカラック作品は2トラック

7. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU (6:01)
8. THE LOOK OF LOVE (6:30)


1971年のミス・ブラック・アメリカ大会で、米R&B男性ヴォーカル・グループのザ・モーメンツがライヴを行いました。その時の模様を収めたレコードです。

ザ・モーメンツは、1960年代にワシントンD.C.で結成された3人組のR&B男性ヴォーカル・グループ。メンバーの入れ替わりがあり、1971年当時は Al Goodman (アル・グッドマン)、William "Billy" Brown (ウィリアム“ビリー”ブラウン)、Harry Ray (ハリー・レイ) の3人になっていました。その後、1979年からはグループ名を レイ、グッドマン&ブラウン に改名しています。

ミス・ブラック・アメリカとは、文字通り“黒人限定の”ミス・アメリカを選ぶイベント。1968年に初回が行われ、現在でも続いているようです。全米各州から1名ずつ計52名の代表が集まり、その中から1名がミス・ブラック・アメリカに選ばれます。ちなみに、1971年の大会はフロリダ州の代表が栄冠を手にしておられます。

このイベントにこれまで呼ばれたゲストは、公式HPによるとマイケル・ジャクソン、カーティス・メイフィールド、ナンシー・ウィルソン、フィフス・ディメンションなどの音楽アーティスト、更にはモハメド・アリ、スパイク・リー、ウィル・スミス、コリン・パウエルなんて方々までいらっしゃるとか。けっこう凄いイベントなんですね~。

ということで本アルバムは9曲全てザ・モーメンツのライヴ音源を収録。T-1. 「 AIN'T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH 」 やT-2. 「 WE'VE ONLY JUST BEGUN 」 などのカヴァー曲、彼等のシングルA面曲のT-3,4. などに混ざって、T-7. 「 遥かなる影 」 とT-8. 「 恋の面影 」 の2曲のバカラック・カヴァーが入っています。「 遥かなる影 」 はシャッフルのリズムで演奏してますからカーペンターズが下敷きになっているのですが、♩≒62くらいの超スローなテンポで渋いコーラスを聴かせます。「 恋の面影 」 は更に遅い♩≒57くらいのテンポで、心に沁みてくるパフォーマンス。どちらの曲もバックのアコースティック・ギターの爪弾くアルペジオが印象に残ります。

ただ、ただ、本アルバム、音質が悪すぎ(>_<)。会場のPA機器がボロなのか録音エンジニアがアンポンタンなのかは分かりませんが、音がバリバリと割れてます。それに、3人のコーラス (音程だったり音の頭だったり) が揃ってないんです。これは3人の力量というよりは、ステージ上のモニターがプアーなためにお互いの声がよく聴こえなかったからじゃないかと私は思うんですが…。

という訳で、マニア以外には積極的にオススメしない、今回のアルバムでございましたm(__)m。


【データ】
『 LIVE AT MISS BLACK AMERICA PAGEANT 』
THE MOMENTS

LP:1972年リリース (所有CDは、2006年リリース)
レーベル:Stang (所有CDは、Collectables Records / Rhino)
番号:Stang 1015 (所有CDは、COL-CD-6705)

Produced by Joe Robinson & Al Goodman
その他クレジットなく不明

« NO FRONTIERS/Mary Black (1989年) | トップページ | FABULOUS/Sheena Easton (2000年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

おはようございますぅ。

私もかつて輸入盤のボックスセットで錚々たるアーティストのライブ盤を超廉価で購入しました。ビリー・ジョエルとかELOとかエルトン・ジョンとか・・・・。

家に帰って いそいそと聴いたのですが その音源たるや悲惨・・・・。音楽を聴いた喜びも飛散・・・。

おそらく手持ちの録音機器で録音したものらしく 周囲の観客の歓声の方が大きかったり・・・・。鞄の中に録音機器を入れていたのか 音がこもっていたり・・・。・・・なのでした。

大阪の先人の遺された教訓を改めて思い知りました。「安物買いの銭失い」

でも、あるでおさんの「バカラック愛」はそんなことでメゲる方ではないと 信じております。これからも
お財布の許すかぎりバカラックさんの作品を求めてくださいな。

まったりさん、こんにちは!
コメントありがとうございます!

世の中にはそんなものも出回っているんですねー(゜o゜) 海賊盤なら私も経験ありますが、隠し録りですかぁ~(・・;) そりゃ金返せって思いますよね~。

ハゲる…もとい、メゲる方ではない? いやいや、ワタクシあるでお、お小遣いの範囲内で細々と蒐集しておりまして、海賊盤を何枚もつかまされてからは 「 もう怪しげなのには手を出さんぞ(怒)」 と髪(いや、神)に誓ったのでございます。その分、掘り出し物に出会うことも減りましたね…^^;。

という訳で、まったりさんのご期待に添えず申し訳ございません。まったりさんには私の分まで掘り出し物を掘り出していただきたいと、切に願っております。

あるでおさんへ

 その海賊盤は一回か二回聴いただけで どこかへ行っちゃいました。かすかな記憶では他にもアバやビージーズとかもあったと思います。制作国自体がどこなのか不明でした。(笑)3枚か4枚組で価格は1枚分くらいの価格であったかと・・・。そこで気付よって後から思いましたが あの時の私の関心事は コピーバンドによるものか否かでした。ジャケットには確かに彼らのライブの様子の写真が載っていましたので 間違いではなかったのですが 「やられたぁ~~~~」という感想だけでございました。今も存在するのか知れませんが 大阪駅前第3ビルか第4ビルの地下街の中古CDショップであったと思います。

 あるでおさんにおかれましても、こういった物に手を出さなければ 今頃は高級外車の一台か 少し都心から離れた一戸建ての瀟洒な別荘なんかを買えておられたでしょうに・・・とバカラック地獄の主(あるじ)でおられるあるでおさんに深くふかぁくご同情を申し上げます。ちなみに私のバカラックさんへの投資額は国産の軽四の中古をギリギリ買えないくらいの額でございます。念のため・・・。(笑)

まったりさん、こんばんは!
ワタクシの”小遣いの少なさ”を同情していただき、深くふかぁくお礼を申し上げます。

バカラックさんへの投資額ですか? 私が蒐集しているのはCDだけですから、まったりさんのようにLPの時代から蒐集されている方とは比較にならないと思いますよ~。物価も倍以上になっていますから、貨幣価値も考慮に入れると、まったりさんこそ高級外車一台分に相当するくらい投資してるんでは!?

高級外車に一度は乗ってみたい、あるでおでした~^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/59979704

この記事へのトラックバック一覧です: LIVE AT MISS BLACK AMERICA PAGEANT/THE MOMENTS (1972年):

« NO FRONTIERS/Mary Black (1989年) | トップページ | FABULOUS/Sheena Easton (2000年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック