« STUART LITTLE/O.S.T. (1999年) | トップページ | Free'n' Easy featuring The Songs of Burt Bacharach (1998年) »

2014年8月27日 (水)

Alfie/David Hazeltine Trio (2006年)

デヴィッド・ヘイゼルタイン・トリオが2006年にリリースしたバカラック・カヴァー集です。

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Img709 Img710

1. IN BETWEEN THE HEARTACHES
2. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD
3. THE LOOK OF LOVE
4. WALK ON BY
5. A HOUSE IS NOT A HOME
6. THIS GUY'S IN LOVE WITH YOU
7. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE
8. ALFIE
9. I SAY A LITTLE PRAYER
10. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU

収録時間約59分


デヴィッド・ヘイゼルタイン・トリオが2006年にリリースしたジャズ・バカラック・カヴァー集です。

デヴィッド・ヘイゼルタイン(1958年生まれ)は、米ミルウォーキー出身のジャズ・ピアニスト。本アルバムは、自身のトリオで録音し、日本のヴィーナスレコードからの第6弾としてリリースされたアルバムです。メンバーのデヴィッド・ウィリアムス(ベース)とジョー・ファンズワース(ドラムス)は共演仲間で、気心が知れてる仲だそう。

チョイスされた10曲は全てバート・バカラック&ハル・デイヴィッドによるナンバーで、アルバムの冒頭を飾るT-1. 「 イン・ビトウィーン・ザ・ハートエイクス 」 以外は有名曲ばかりです。賑やかでノリの良い演奏が多いし、メロディとアドリブのバランスもいい塩梅なので、ジャズはなんかよくわかんなくて…と敬遠気味の方でも気軽に聴くことが出来ます。

そんななかで印象に残ったのは、ベースが主役を張るT-4. 「 ウォーク・オン・バイ 」 、ピア ノのアドリブがご機嫌なT-8. 「 アルフィー 」 、これまたゴキゲンにスウィングするT-10. 「 遥かなる影 」 あたり。T-8. やT-10.のように原曲のイメージからかけ離れたアップテンポな演奏でも、どこか節度のあるところがヘイゼルタインの魅力なのかな~と思いました。

一方、個人的にちと残念だったのがT-9. 「 小さな願い 」 。この曲の特徴である2/4や3/4の変拍子部分を、4/4で演奏しているんですよね~。こうすると間延びするので好きじゃないんです。そのあとのアドリブに支障があったんでしょうか…。バークリー音楽大学准教授でもあるヘイゼルタインだったら、なんとか変拍子のまま演ってほしかったです。って、准教授は関係ないか(笑)


【データ】
『 Alfie Burt Bacharach Song Book 』(邦題:アルフィー)
David Hazeltine Trio

CD:2006年7月19日リリース
レーベル:ヴィーナスレコード
番号:TKCV-35375

Produced by Tetsuo Hara & Todd Barkan
David Hazeltine - piano
David Williams - bass
Joe Farnsworth - drums
Recorded at The Studio in New York on March 31, 2006

« STUART LITTLE/O.S.T. (1999年) | トップページ | Free'n' Easy featuring The Songs of Burt Bacharach (1998年) »

カヴァーアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/60196363

この記事へのトラックバック一覧です: Alfie/David Hazeltine Trio (2006年):

« STUART LITTLE/O.S.T. (1999年) | トップページ | Free'n' Easy featuring The Songs of Burt Bacharach (1998年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック