« PENNIES IN A JAR/Nikki Jean (2011年) | トップページ | HEADED FOR THE FUTURE/Neil Diamond (1986年) »

2014年8月10日 (日)

PRIMITIVE/Neil Diamond (1984年)

ニール・ダイアモンドが1984年にリリースしたアルバムです。バカラックの新作(ニール・ダイアモンド、C・B・セイガーとの共作)を3曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Img698 Img701

全11トラック中、バカラック作品は3トラック

1. TURN AROUND (3:45)
5. SLEEP WITH ME TONIGHT (3:42)
6. CRAZY (3:41)


米国のシンガー、ニール・ダイアモンドが1984年にリリースしたアルバムです。1982年リリースの 『 HEARTLIGHT 』 に続く、バカラック参加アルバム3部作の第2弾でもあります。

全11曲のうち、6曲はダイアモンド自身のプロデュースでハウス・バンドによる演奏、アレンジもバンドメンバーによるものです。アルバム全体の印象はロック寄りのポップ…といった印象なんですが、これら6曲の影響が大きいかな。一方、他の5曲では、2名の外部プロデューサーが様々なミュージシャン / アレンジャーを起用していまして、その中の3曲が、Words and Music by Neil Diamond, Burt Bacharach, Carole Bayer Sager とクレジットされているバカラックの新曲でございます。

私はこのアルバムの事を、師匠であるまったりさんのブログ 『 バカラックマジックでまったりと 』 で知りました。その記事では、これら3曲のYouTube動画も貼られています。是非 『 バカラックさんとニール・ダイアモンドさん 』 をクリックしてお聴きになって下さい。チャート・アクションにも触れておられます。また、「 CRAZY 」 だけは 『 ニール・ダイアモンドさん 』 という記事でも取り上げていらっしゃいます。

T-5. 「 SLEEP WITH ME TONIGHT 」 は80年代のバカラックの香りが感じられるものの、T-1. 「 TURN AROUND 」 とT-6. 「 CRAZY 」 ではそれが感じられずちょっと残念に思います。プロデュースやアレンジがバカラックじゃないからなぁ…と思ってクレジットを読むと、 「 CRAZY 」 だけはアレンジをバカラックが担当してました。これは誤植なんじゃないの~と疑っちゃいましたょ^^;。また、「 SLEEP WITH ME TONIGHT 」 のピアノがバカラックとクレジットされていました。ははぁ~ん、だからバカラックの香りがしたんだ…とこれだけは妙に納得しました…。

なお、T-5. 「 SLEEP WITH ME TONIGHT 」 は2年後の1986年にパティ・ラベルがカヴァーしています。 → こちら

それにしてもジャケット写真、もうちょっとマシなヤツは無かったんでしょうか。目と眉毛が怖くって(笑)。


【データ】
『 PRIMITIVE 』
Neil Diamond

LP:1984年リリース (所有CDはSONY表記がなく、SONYによるCOLUMBIA買収<1988年>以前のリリースとみられる輸入盤)
レーベル:COLUMBIA (所有CDも同様)
番号:? (所有CDは、CK 39199)

T-1. 「 TURN AROUND 」
  Produced by Denny Diante (デニー・ダイアンテ)
  Arranged by Michel Colombir (ミッシェル・コロンビエ)
  Drum: John Robinson
  Bass: Neil Stubenhaus
  Guitar: Marty Walsh
  Keyboards: Greg Phillinganes, Michel Colombir
  Synthesizers: Robbie Buchanan
  Percussion: Paulinho da Costa and Vince Charles
  Strings and Horns Arranged and Conducted by Michel Colombir
  Background Vocals: Richard Page and Steve George

T-5. 「 SLEEP WITH ME TONIGHT 」 , T-6. 「 CRAZY 」
  Produced by Richard Perry (リチャード・ペリー)
  Arranged by Jeremy Lubbock
  Drum: John Robinson
  Bass: Neil Stubenhaus
  Guitars: Dennis Herring and George Doering
  Fender Rhodes: Devid Foster
  Synthesizers: David Foster
  Additional Synthesizers: Michael Boddicker
  Percussion: Lenny Castro
(T-5.)
   Lead Guitar: Dennis Herring
   Piano: Burt Bacharach
   Additional Syntherizers: Steve Mitchell
   Strings Arranged and Conducted by Jeremy Lubbock
(T-6.)
   Background Vocals: Richard Page and Steve George
   Synthesizers Arranged and Conducted by David Foster

« PENNIES IN A JAR/Nikki Jean (2011年) | トップページ | HEADED FOR THE FUTURE/Neil Diamond (1986年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

 あるでおさん、こんばんわぁ はぁと

 今回この記事の中でたくさん私のブログをご紹介いただいて感謝感激雨台風でございます。

 実は先だっても私のブログ記事で「 Sleep With Me Tonight 」を取り上げさせていただいたところでございます。

 それはこの曲をPatti LaBelle さんがカヴァーされている作品を見つけまして聴いてみたところ 実によくって私のツボにはまってしまいました。タイムリーな表現をいたしますと 台風の目に入ったとでもいうのでしょうか・・・・。

 しかも、ニール・ダイアモンドさんの作品とマッシュアップとなっていますので 混ぜ合わせた作品も見つけ これまたいいデュエット作品になっていました。完成度の高い作品と感じましたので 併せて記事にさせていたいたところでございます。

 ぜひともご覧くださいましぃ~~ はぁと

まったりさん、こんばんは!

勝手ながらまったりさんのブログをリンクさせていただきました^^;。

「 Sleep With Me Tonight 」 のマッシュアップの作品、まったりさんのブログで拝聴しました。見事につないでますね~。ご紹介ありがとうございます!

実は、この曲が入ってるパティ・ラベルさんのアルバムを来月あたり記事にする予定でして、その時に是非リンクさせていただこうと思っておりますです。是非許可よろしくお願いしますm(__)m

 許可もなぁんも 至極光栄でございます。これでやっと一人前になれたような気分でおます。lovely

 許可もなぁんも 至極光栄でございます。これでやっと一人前になれたような気分でおます。lovely

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/60109099

この記事へのトラックバック一覧です: PRIMITIVE/Neil Diamond (1984年):

« PENNIES IN A JAR/Nikki Jean (2011年) | トップページ | HEADED FOR THE FUTURE/Neil Diamond (1986年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック