« BEST OF BURT BACHARACH LIVE/TRIJNTJE OOSTERHUIS (TRAINCHA) (2009年) | トップページ | SEASONS OF MY SOUL/Rumer (2010年) »

2014年10月12日 (日)

ルック・オブ・ラヴ/伊東ゆかり (2014年)

伊東ゆかりが1968年と1969年に録音した洋楽ポップスを集めた編集盤です。バカラック・カヴァーを2曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります。PC以外はうまくいきませんが^^;)
Img757a Img757b

全12トラック中、バカラック作品は2トラック

2. THIS GIRL'S IN LOVE WITH YOU (3:51)
3. THE LOOK OF LOVE (3:08)


Img758c伊東ゆかりが1968年と1969年に録音した洋楽ポップス/ロックの曲を集めた、2014年リリースの編集盤です。

伊東ゆかりといえば、拙ブログでも以前、“ 伊東ゆかりとグリーン・ジンジャー ” 名義のアルバム 『 ラヴ 』 を紹介しています。『 ラヴ 』 は1971年リリースの洋楽カヴァー・アルバムでしたが、本アルバムはそれより2~3年前にリリースされた以下2枚のアルバムからコンパイルされたものとのことです。

T-1~6. 『 ゆかりダブルデラックス 』 キング・レコード/SKW-3~4、1969年
T-7~12. 『 ゆかりデラックス 』 キング・レコード/SKD-3、1968年

編曲は東海林 修。アルバム 『 ラヴ 』 と同じです。演奏は 『 ラヴ 』 がバンド+コーラスなのに対し、こちらはバンド+オケ。特に1969年録音のT-1~6.は、1968年のT-7~12.よりも全体的にソフトなサウンドで、選曲といい今聴いても古臭くない編曲といい、上質なポップスです。CDの帯に“ソフト・ロック”と書いてあるのも頷けます。60年代に流行った洋楽“カヴァー・ポップス”ではなく、堂々たる”洋楽ポップスのカヴァー”だと思います。

バカラック・カヴァーは、T-2. 「 ディス・ガール 」 と、アルバム・タイトルにもなっている T-3. 「 ルック・オブ・ラヴ(恋のおもかげ) 」 。映画 『 明日に向って撃て 』 の 「 雨にぬれても 」 がヒットして日本でバカラック・ブームが興るのは1970年ですから、1969年に取り上げたそのセンスにまず拍手。

「 ディス・ガール 」 は、オリジナルのハーブ・アルパートではなくペトゥラ・クラークあたりを下敷きにしてる感じ。ゆかりさんの英語は発音に変なクセがなくて違和感なくすぅ~っと耳に入ってきます。歌心がある歌手だなぁと改めて思いました。アレンジも、誰の真似でもないストリングスやフルートのオブリガートがとっても素敵です。「 ルック・オブ・ラヴ 」 も、イントロのトランペットのフレーズからして新鮮で、本編に入るとこれまた素敵なストリングスのオブリガート…。ゆかりさんも感情を込めて歌っています。決して大仰にならず軽くふわっと歌うところに、ゆかりさんとこの2曲の相性の良さを感じました。

バカラック・カヴァー以外では、T-4. 「 恋はフェニックス 」 と T-6. 「 アクエリアス/輝く星座 」 が入ってるのが嬉しいです。特に 「 恋はフェニックス 」 は出色の出来。どーせだったら、アン・マレー&グレン・キャンベルによるメドレー 「 小さな願い~恋はフェニックス 」 を誰かとデュエットでカヴァーして欲しい…と思ったのは私だけではないでしょう。でもあのメドレーは1971年の作品ですからねー、どだい無理な相談でしたcoldsweats01

アルバム全体を聴いて気付いたのですが、エンディングは12曲全てフェード・アウトせず終止形。こういった点も個人的には好きです。いい買い物をしました。


【データ】
『 ルック・オブ・ラヴ 』
伊東ゆかり

CD:2014/9/25リリース
レーベル:キングレコード
番号:SWAX-1021 (NKCD-4241)

プロデュース:不明
歌:伊東ゆかり
編曲:東海林 修
オールスターズ・レオン

« BEST OF BURT BACHARACH LIVE/TRIJNTJE OOSTERHUIS (TRAINCHA) (2009年) | トップページ | SEASONS OF MY SOUL/Rumer (2010年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/60428180

この記事へのトラックバック一覧です: ルック・オブ・ラヴ/伊東ゆかり (2014年):

« BEST OF BURT BACHARACH LIVE/TRIJNTJE OOSTERHUIS (TRAINCHA) (2009年) | トップページ | SEASONS OF MY SOUL/Rumer (2010年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック