« SOUL SOUNDS/The Three Souls featuring Sonny Cox (1965年) | トップページ | Close to you/みちしたの音楽 (2004年) »

2014年11月16日 (日)

TOY BOX/椎名 恵 (1996年)

シンガーソングライター椎名 恵のデビュー10周年記念アルバムです。バカラック・カヴァーを2曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります。PC以外ではうまくいきませんが^^;)
Img773 Img775

全10トラック中、バカラック作品は2トラック

6. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU (4:01)
8. ARTHUR'S THEME (BEST THAT YOU CAN DO) (3:53)


Img778_3シンガーソングライターの椎名 恵が、デビュー10周年を記念して1996年にリリースしたアルバムです。アルバム・ジャケットに載ってた彼女の写真の中から、笑顔が素敵な一枚をチョイスしました。(←)

私は彼女のことを良く知らなくて…。彼女がTwitterで自己紹介しておられまして、ちょいと引用させていただきます。 ─ ドラマ 『 ヤヌスの鏡 』 主題歌 「 今夜はANGEL 」 でデビュー。 その他 「 Love is all 」 「 THE WIND 」 など大映ドラマの主題歌、ガンダム 『 ポケットの中の戦争 』  の 「 いつか空に届いて 」 「 遠い記憶 」 など、歌っておりました。 現在もライブで歌っていますよ~! ─ 

本アルバムのことについて、彼女はライナーにこう書いています。 ─ (略) ひとつの節目でもある今年のアルバムでは、私がまだアマチュア時代の、プロになりたいという夢を抱きながら聞いていた、自分のルーツのひとつでもある懐かしいナンバーをセレクションしてみたのです。制作をスタートしてから、とても楽しくて、楽曲達と遊んでいるような感覚なんです。だから凄くリラックスした、そして晴れやかな気分の中でレコーディングが出来たんです。 ─ 

ということからお分かりのように、本作は洋楽カヴァー・アルバムとなっております(T-10. のみ彼女のオリジナル曲)。60年代後半~80年代初頭までの楽曲を取り上げていて、カヴァー9曲のうち4曲は自身が訳した日本語詞で歌っています。最初、T-4. 「 デイ・ドリーム・ビリーバー 」 を聴いて違和感を覚えたのですが、それは聴き慣れたザ・タイマーズ(忌野清志郎)版と違う歌詞だったからなんですね^^;。

さて、バカラック・カヴァーは、T-6. 「 遥かなる影 」 と T-8. 「 ニューヨーク・シティ・セレナーデ 」 の2曲。どちらも英語で歌っています。「 遥かなる影 」 はカーペンターズ版を下敷きにしたアレンジで、キーも同じです。 ─ カーペンターズの作品の中で、最も心地良いと感じるのがこのナンバー。よく晴れた朝、窓をおもいっきり開けて聴きたいですね。 ─  澄んだ声でわりとストレートな歌い方。カレンとは少しニュアンス異なります。もう少し柔らかい雰囲気の方がいいかなと思います。トランペットの間奏はなかなか良いです。と思ってクレジットを見たら、昔からよく目に(耳に)するスタジオミュージシャンの数原晋さんでした、納得!

「 ニューヨーク・シティ・セレナーデ 」 は、オリジナルのクリストファー・クロス版をベースとしたアレンジなのですが、オリジナルにある8小節のイントロを省いていきなり歌い出します。 ─ その昔、パーフェクトに英語の歌詞を憶えて歌ったら、何ともはや気持ち良かった思い出があります。久々に気持ち良くなりたくて選んでみました。 ─  この曲は、彼女の声もよく伸びてリラックスして歌ってるように感じられます。オリジナルではサックスが吹く間奏部のところ、ハーモニカがいい仕事をしています。

Cd_nocl002ここからはオマケです。MP3でしか持ってないカヴァーをご紹介。
2011年にデビュー25周年を記念してリリースしたライヴ・アルバム  『 "Silver Jubilee" Live at Motion Blue yokohama 』 で 「 遥かなる影 」(4:07) を取り上げています。バックはピアノ、ドラムス、ギターのみ。『 TOY BOX 』 の同曲とキーは一緒なのですが、歌に深みと彩りがあるように感じます。ライヴということもあるんでしょうか。こちらの 「 遥かなる影 」 の方が私は好きですね~。




【データ】
『 TOY BOX 』
椎名 恵

CD:1996年7月19日リリース
レーベル:MEDIA REMORAS
番号:MRCA-10047

Produced by Kazuhiro Washida
All Tracks Arrangement by Takeo Miratsu
MUSICIANS
  Drums:Nobuo Eguchi / Jun Aoyama
  Bass:Kohki Itoh
  Electric Guitar:Takayuki Hijikata / Masaki Matsubara
  Keyboards:Yasuharu Nakanishi / Atsushi Tanaka
  Organ:Atsushi Tanaka
  Trumpet:Susumu Kazuhara
  Harmonica:Kouichi Matsuda
  Synthesizer Operators:Seiichi Takubo
  Strings:Hijiri Kuwano Strings
…日本人が日本で売る商品なのに、クレジットがすべて英語&ローマ字なのはやっぱり聴く人を軽視してると言わざるを得ない。カッコイイと思ってやってんだろうけど、滑稽なだけ! せめて人名など固有名詞は日本語表記すべき。ローマ字表記はプラスαでしょう。

« SOUL SOUNDS/The Three Souls featuring Sonny Cox (1965年) | トップページ | Close to you/みちしたの音楽 (2004年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

 彼女は当時歌唱力も評価されていたシンガーソングライターであったと記憶しています。私もこのCD買いましたよ。
 感想は・・・・歌がうまいなぁと思いました。
 ちなみに私は 「 デイ・ドリーム・ビリーバー 」はモンキーズでありました・・・・。


 

まったりさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

このCD持ってらしたんですね! さすが師匠! 感想の点四つ、なんかわかる気がします(笑)。

学生の時はレンタル・レコードを借りたりFM聴いたり、それなりに音楽を聴いてたのですが、就職した1986年~10年近く音楽をあまり聴いてませんでした。テレビも余り観なかったです。ですので、その頃のヒット曲(邦楽・洋楽とも)は疎いんですよねー。椎名恵さんが自己紹介で取り上げてた曲、全くわかりませんもの。

ちなみに、「デイ・ドリーム・ビリーバー」のオリジナルがモンキーズだっての、最近知りました^_^;。これは1986年より前の話なので、言い訳できませんが(>_<)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/60653077

この記事へのトラックバック一覧です: TOY BOX/椎名 恵 (1996年):

« SOUL SOUNDS/The Three Souls featuring Sonny Cox (1965年) | トップページ | Close to you/みちしたの音楽 (2004年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック