« BROADWAY FIRST TAKE, Vol.2/V. A. (2000年) | トップページ | 今年わたしとバカラック <2014年編> »

2014年12月24日 (水)

Bacharach Jazz/New Roman Trio (2008年)

ピアノ・トリオ、ニュー・ロマン・トリオによるジャズ・バカラック・カヴァー集です。

(画像は全てクリックすると大きくなります。PC以外ではうまくいきませんが^^;)
Img798 Img799

1. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD
2. ARTHUR'S THEME (BEST THAT YOU CAN DO)
3. ALFIE
4. THE LOOK OF LOVE
5. THAT'S WHAT FRIENDS ARE FOR
6. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE
7. I SAY A LITTLE PRAYER
8. WALK ON BY
9. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU
10. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE

収録時間約57分


Img800今日はクリスマス・イヴxmas。クリスマス関連では過去、ハーブ・アルパート&ティファナ・ブラスの 『 Christmas Album 』プラシド・ドミンゴ&ディオンヌ・ワーウィックの 『 Christmas in Wienna Ⅱ 』 (邦題:クリスマス・イン・ウィーンⅡ 「 ラヴ・フォーエヴァー 」 ) をご紹介しました。でも、もう持ちネタがありません(>_<)。苦肉の策で、今回こちらのアルバムをご紹介します。

ピアノ・トリオ、ニュー・ロマン・トリオによるジャズ・バカラック・カヴァー集です。

リーダーの松本茜は、1987年生まれの女性ジャズ・ピアニスト。2008年5月、アルバム 『 フィニアスに恋して 』 でCDデビューしたばかりの彼女が、ベース山下弘治、ドラム松尾明のおじさま二人と結成したのが New Roman Trio 。このトリオ、バカラックとバッハに挑戦して2枚のアルバムを2008年12月に同時発売しました。そのうちの1枚です。

本アルバム発売時点の彼女の年齢は21歳。現役女子大生(日本大学芸術学部)でございました。でも、裏ジャケの写真を見てもわかるように、落ち着いた感じのとっても大人な女性です。

ということで、選曲されたのは10曲のバカラック・ナンバー。セレクトされたのは、ポピュラーなカヴァー定番曲ばかりです。

基本的に、最初はメロディを奏で2コーラス目以降はアドリブを展開していく、ハード・バップ系のスタイルです。彼女のピアノはタッチが軽く音色が明るいのが特徴。アドリブも硬軟織り混ぜて弾いていますが、難解で独りよがりなものではなく楽しんで聴ける類いのものです。ドラムスとベースのお二人も、彼女の世界観に合わせてサポートに徹しているように思います。

T-1. 「 雨にぬれても 」 はなんと三拍子にアレンジ。でもこれが実にスウィングしていてGood。T-2. 「 ニューヨーク・シティ・セレナーデ 」 は最初はリリカルに、途中からスウィングにギア・チェンジしてまた最後はリリカルに。T-3. 「 アルフィー 」 もアップ・テンポでご機嫌な演奏が新鮮です。T-10. 「 世界は愛を求めている 」 もアップ・テンポにしていますが、5拍子と3拍子にアレンジして聴く人の高揚感を誘っています。

一方、スローな曲もなかなか。T-4. 「 恋のおもかげ 」 はゆったりとした三拍子で揺れる気持ちを表現。T-9. 「 遥かなる影 」 は超スローなテンポで1コーラス目のメロディはベースが奏で、それからピアノがアドリブで、今度はベースがアドリブを引き継ぎます。透明感にあふれてるけども暖かい、そんな演奏です。

このように、バラエティに富んだ内容になっています。そして、気軽に聴けるところがこのアルバムの良さだと思います。外は寒いですが、暖かい部屋でこのアルバムをBGMにして寛ぐのもいいかも。

えっ、どうして本アルバムがクリスマス関連なのかって? 実は、6年前(2008年)の今日(クリスマス・イヴ)リリースされたからなんですねー。…単にそれだけ(~_~;)。苦肉の策とはいえ、こんなオチでスミマセンでしたm(__)m。

Photoここからはオマケです。
MP3でしか所有していないバカラック・カヴァーをご紹介。
iTunesだけの販売みたいなのですが、2010年に松本茜名義で 『 iJazz ピアノジャズスタンダード100 Vol.10 』 というアルバムをリリースしていて、 「 アルフィー 」 (5:01) が入っています。彼女によるピアノ・ソロで、原曲の雰囲気を壊さず美しくリリカルに演奏しています。この曲にしたら、わりとオーソドックスな解釈だと思います。でも、アルバムのコンセプトがそういうことだったのでしょう。
あと、ジャケット写真の茜さん、鍵盤柄のマフラーがよくお似合いですgood


【データ】
『 Bacharach Jazz 』 バカラック・ジャズ (Amazonでは“ジャズで聴くバカラック”とも)
New Roman Trio

CD:2008年12月24日リリース
レーベル:Jroom/コロムビアミュージックエンタテインメント
番号:COCB-53783

Produced by Ken Komoguchi/菰口賢一
All arranged by Akane Matsumoto and New Roman Trio
New Roman Trio:
  松本茜 (p)
  山下弘治 (b)
  松尾明 (ds)

« BROADWAY FIRST TAKE, Vol.2/V. A. (2000年) | トップページ | 今年わたしとバカラック <2014年編> »

カヴァーアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/60820525

この記事へのトラックバック一覧です: Bacharach Jazz/New Roman Trio (2008年):

« BROADWAY FIRST TAKE, Vol.2/V. A. (2000年) | トップページ | 今年わたしとバカラック <2014年編> »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック