« BACK TO BACHARACH/Michael Ball (2007年) | トップページ | SOMETHING/五十嵐はるみ (2000年) »

2015年2月 1日 (日)

YOUR SONGS/阿川泰子 (1990年)

阿川泰子が1990年にリリースしたアルバムです。バカラック・カヴァーを2曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります。PC以外では上手くいきませんが^^;)
Img806 Img807

全10トラック中、バカラック作品は2トラック

5. ONE LESS BELL TO ANSWER (3:06)
8. THE LOOK OF LOVE (4:22)


─ 神奈川県鎌倉市出身。文学座演劇研究所にて演劇を学ぶ。その後、女優として東宝映画「華麗なる一族」、「青春の門」などに出演。又、TVドラマ「太陽にほえろ」、「ウルトラマン・レオ」などにも出演する。その女優時代に、ジャズ・クラリネットの故鈴木章治を紹介され、ジャズ・ボーカリストの道を歩みはじめる。その後、「鈴木章治とリズム・エース」の専属シンガーとなり、プロ・ボーカリストのキャリアをスタートする。1978年、1stアルバム 『 Yasuko "Love-Bird" 』 をリリース。 ─

阿川泰子の公式HPのバイオグラフィよりジャズ・シンガーになったいきさつをちょいと引用しました。最初は女優だったんですねー、知りませんでした。単なるジャズ・シンガーじゃないなぁとは思ってましたが。そういえば、TVのトーク番組にレギュラー出演したり、タレント性も抜群でしたよね。ビジュアルも素敵だし。

その阿川さんが1990年にリリースした17枚目となるオリジナルアルバムが本作です。どんなアルバムか、下手な紹介するより公式HPから拝借した方が手っ取り早いですね。

─ 1970年代A.O.Rの裏方で、伝説の 『 イタリアン・グラフィティ 』 のニック・デカロ(Cho,Arr.)のストリングス・サウンドで、エルトン・ジョンの 「 ユア・ソング 」 やビリー・ジョエルの 「 素顔のままで 」 他を歌う、リアル・ポップ・アルバム。 ─

ニック・デカロは確かにジャズじゃないですねー。それになんかニック・デカロが主役みたいな感じ^_^;。アルバムのライナーも、ニック・デカロのアレンジとコーラス・ハーモニーについて半分以上紙面を割き、豪華なミュージシャンとエンジニアのアル・シュミットについて解説してオシマイです。阿川さんの歌への言及はナシ。

聴いてみて分かりました。阿川さんのニュートラル(別の言い方ですと平板)な歌唱は、デカロさんのアレンジとはあまり相性良くないんでしょう。バックの演奏にばかり関心がいって、歌の印象があまり残らないんですよねー。

んで、バカラック・カヴァーは2曲。T-5. 「 悲しみは鐘の音とともに 」 リー・リトナーが刻むギターを軸にしっとり流麗なストリングスがかぶるアレンジはなかなか素敵です。T-8. 「 恋の面影 」 も、オリジナルのダスティ・スプリングフィールド版とは違う独創的なオーケストレーションが新鮮です。阿川さんの歌もこのアルバムの中では頑張ってる方だと思います。

Melodiesここからはオマケです。MP3しか所有してないカヴァーをご紹介。
1986年にリリースした12枚目のアルバム 『 MELODIES 』 で、「 アルフィー 」 (3:43) をカヴァーしています。ジャズ・ベーシストの大物ロン・カーターと彼のグループを迎えて、更にストリングス(鈴木宏昌=コルゲンさんのアレンジ・指揮)を加えたこれまた豪華なアルバム。『 YOUR SONGS 』 よりはジャズ寄りのテイスト。「 アルフィー 」 もゴージャスな一品に仕上がっています。

尚、阿川さんは1996年にバカラック・カヴァー集をリリースしています。そのアルバムについてはこちらをご覧くださいませ。


【データ】
『 YOUR SONGS 』
阿川泰子

CD:1990年6月21日リリース
レーベル:invitation / ビクター
番号:VICL-39

Arranger and Conducted by Nick DeCaro
Recording and mixed by Al Schmitt
David Benoit: Piano and Keyboards
John Patitucci: Electric Bass
Harvey Mason: Drums
Lee Ritenour: Electric Guitar (T-5.)
James Huchart: Upright Bass
Bruce Dukov: Strings Concert Master
Gerry Vinci: Strings Concert Master (T-5.)
T-5,8. に絡まないミュージシャンは記載しておりません、あしからず。

« BACK TO BACHARACH/Michael Ball (2007年) | トップページ | SOMETHING/五十嵐はるみ (2000年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/61054585

この記事へのトラックバック一覧です: YOUR SONGS/阿川泰子 (1990年):

« BACK TO BACHARACH/Michael Ball (2007年) | トップページ | SOMETHING/五十嵐はるみ (2000年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック