« That's New Pussycat! surf tribute to Burt Bacharach/V. A. (2000年) | トップページ | 愛の奇蹟(ワンダー・オブ・ラヴ)/ケイコ・リー (2001年) »

2015年3月 1日 (日)

BOSSA BACHARACH/V. A. (2003年)

ボッサ風味のクラブ・ミュージック系バカラック・カヴァー集です!

(画像は全てクリックすると大きくなります。PC以外では上手くいきませんが^^;)
Img880 Img881

1. WALK ON BY  ~ 寺田創一 Featuring 山本達彦 ~     M
2. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU  ~ サイゲンジ ~      M
3. THE APRIL FOOLS  ~ Swingin-P Featuring Kim ~
4. WIVES AND LOVERS  ~ Izanami ~      F
5. I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN  ~ Sissy Peoples ~      F
6. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE  ~ Urb ~
7. I SAY A LITTLE PRAYER  ~ LAVA ~      F
8. ARTHUR'S THEME (BEST THAT YOU CAN DO)  ~ 西本明 ~
9. THIS GIRL'S IN LOVE WITH YOU  ~ 広谷順子 ~      F
10. THE LOOK OF LOVE  ~ eureka! ~      F
11. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE  ~ 丸山史郎 ~

※ ヴォーカル有りの曲は F (Female-女性)、又は M (Male-男性)と表記

収録時間約52分


Img883ボッサ風味のクラブ・ミュージック系バカラック・カヴァー集です!

帯にはこう書いてあります。 ─ 豊かな暮らしを提案する 「 私の部屋 」 がプロデュースするバカラックのメロディー。世界的ヒットメーカーとしてその名を知られるバート・バカラックの楽曲をジャズボッサ風にアレンジ。一度は耳にしたことのある1960年代から80年代の親しみある曲ばかりを、11組のアーティストがコラボレーション。L'eau fraiche a fleurs 「 水とお花 」 で表現された季節を彩る楽しいピクチャーブックを片手にサウンドとして楽しめ、暮らしの一部として溶け込める1枚。 ─

インディーズの Breeeed とかいう、聞いたことないレーベルからのリリース。参加アーティストも山本達彦以外はよくわかりませんでしたので、ちょいと調べてみました。

T-1. 寺田創一 : 日本のハウス黎明期から活動するミュージシャン、リミキサー。  T-2. サイゲンジ : ブラジル音楽を始めとするあらゆる音楽に影響を受けてきたシンガー・ソングライター、西元寺哲史のソロ・ユニット。  T-3. Swingin-P Featuring Kim : ?  T-4. Izanami : 2003年結成のクラブジャズバンド、日本人女性シンガーのキムビアンカがヴォーカル、2005年解散。  T-5. Sissy Peoples : 米国(たぶん)の女性R&Bシンガー。  T-6. Urb : 2002年に横浜で結成された6人組のジャム・バンド、アーブと発音。  T-7. LAVA : 日本人ラテン・ハウスのトップDJ、ラテン・ブラジリアンのコンポーザー。  T-8. 西本明 : 佐野元春のホーボー・キング・バンドのキーボーディストで、多くのミュージシャンのプロデュースやアレンジも。  T-9. 広谷順子 : 70年代後期に活動していた女性シンガー・ソングライター。  T-10. eureka! : 和久英明(作編曲、プログラミング、ギター)と城戸ミユキ(作詞、ヴォーカル)のユニット、1996年結成、ユーリカ!と発音。  T-11. 丸山史郎 : ?

調べてみても、あんまりピンときませんでした…^^;。

収録曲はカヴァー定番曲が並んでいます。冒頭、ボッサ風味のクラブ・ミュージック系という風にご紹介しましたが、各11曲それぞれかなり趣が違います。もろクラブ・ミュージックのものからアコースティックなものまで、ジャンルは幅広いです。個人的には、数少ないアコースティックなカヴァーに気持ちが傾きましたねー。

T-2. 「 遥かなる影 」 はアコギ1本による弾き語り。3拍子にアレンジしていて、サイゲンジは途中でスキャットも披露。なかなかクールなカヴァーです。T-11. 「 サンホセへの道 」 はアコースティックなボッサ・アレンジ。歌無しですが、ハーモニカやアコーディオンがリードを取って爽やかで涼しいカヴァーです。途中、口笛や幼児の笑い声?が入るのもなかなか面白いです。

ま、全体的にBGMにはいいんではないでしょうか。


【データ】
『 BOSSA BACHARACH 』
V. A.

CD:2003年4月27日リリース
レーベル:Breeeed
番号:BRED-0001

Produced by Akio Adachi (Breeeed) & Watashi no heya Livung Co.,Ltd.
Recorded at BS&T Recording studio / Studio Impluse / Hi Brite / Sound Box NYC (New York)

« That's New Pussycat! surf tribute to Burt Bacharach/V. A. (2000年) | トップページ | 愛の奇蹟(ワンダー・オブ・ラヴ)/ケイコ・リー (2001年) »

カヴァーアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/61194945

この記事へのトラックバック一覧です: BOSSA BACHARACH/V. A. (2003年):

« That's New Pussycat! surf tribute to Burt Bacharach/V. A. (2000年) | トップページ | 愛の奇蹟(ワンダー・オブ・ラヴ)/ケイコ・リー (2001年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック