« Alfie/三善香里 (2010年) | トップページ | CHACKSFIELD PLAYS BACHARACH/Frank Chacksfield and his Orchestra (1971年) »

2015年4月 8日 (水)

PONTA BOX meets YOSHIDA MINAKO (1998年)

ポンタ・ボックスが吉田美奈子をヴォーカルに迎えて1998年にリリースしたジャズ系のアルバムです。バカラック・カヴァーを1曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります。PC以外では上手くいきませんが^^;)
Img908a Img906b

全13トラック中、バカラック作品は1トラック

5. THE LOOK OF LOVE (3:27)


ドラム奏者の村上“PONTA”秀一が結成した3人組のバンド、ポンタ・ボックスが吉田美奈子をヴォーカルに迎えてスタンダード曲を取り上げた、ジャズ系のアルバムです。

セッションドラマー/スタジオ・ミュージシャンとして活躍しておられるポンタさん。いろんな方のいろんな作品のクレジットでよく目にします。ウィキを見ると1951年1月1日生まれ(私とピッタリ13年違い!)とありますから御年64歳。もっとお年を召してらっしゃるのかと思ってました^^;、まだまだお若いんですねー。

吉田美奈子といえば、先日のTV番組 『 大瀧詠一ソングブック 』(2015年3月29日の24時~ NHK-BSプレミアム) で観たばかり。番組の途中、「 夢で逢えたら 」 を歌ってらっしゃる映像(2003年)と大瀧さんのエピソードを語ってらっしゃる映像(現在)が流れました。本アルバムのジャケ写よりもお顔がちょっとふっくらした印象でしたが、何より動いている吉田美奈子さんをTVで初めて観ましたもので、なんか感動ー(^^)。そして、「 夢で逢えたら 」 を最初に歌ったのが吉田美奈子さんだったということも、初めて知った次第です。

さて本アルバム。ジャズの範疇にはなるのでしょうが、スタンダード曲を様々なスタイルで料理しています。

バカラック・カヴァーはT-5. 「 恋のおもかげ 」 。イントロ~Aメロまでは難しいリズムに凝ったベースの動きにちょっぴり仰け反りますが、サビになるとリズム&ベース共まともになるのでホッとします。ダミ声チックで微妙に声を震わせる吉田美奈子さんの歌唱は、もう自分の世界。クールでカッコイイ!  この曲の他のどんなバージョンとも似ていない、オリジナリティのあるカヴァーでございます。

Gosh_2ここからは、MP3データのみ所有しているカヴァーをご紹介。
アーティスト名義がそのままアルバム・タイトルとなっている本アルバムから4年後、同じ名義での2作目となるアルバム 『 GOSH 』 をリリース。その中で 「 アルフィー 」(3:09) をカヴァーしています。こちらは一転、実にシンプルでマナーの良いピアノ・トリオの演奏をバックに、吉田美奈子さんもしっとりとした歌い方でじっくり聴かせるカヴァーとなっています。クォリティーは高いですが、逆に個性は薄いかも^^;。

相変わらず好き勝手なこと書いてるあるでおでした。ポンタさん、ごめんなさいですm(__)m


【データ】
『 PONTA BOX meets YOSHIDA MINAKO 』
PONTA BOX meets YOSHIDA MINAKO

CD:1998年12月19日リリース
レーベル:ビクター
番号:VICJ-60248

Produced by 村上“PONTA”秀一
Arranged by PONTA BOX
PONTA BOX
  村上“PONTA”秀一 (all batteries)
  佐山雅弘 (acoustic piano & all keyboards)
  バカボン鈴木 (electric & acoustic bass)
吉田美奈子
1998年9月/10月録音 at JVC青山スタジオ

« Alfie/三善香里 (2010年) | トップページ | CHACKSFIELD PLAYS BACHARACH/Frank Chacksfield and his Orchestra (1971年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

 あるでおさん、こんにちは。
吉田美奈子の歌う『恋のおもかげ』、知りませんでした。どんなでしょうか。聞いてみたい!

 『 大瀧詠一ソングブック 』の放送があったのですか。しかも「 夢で逢えたら 」 を歌ってる映像まで流れたとは。職場関係の歓送迎会の時期のせいもあり、全く知らなかった。残念です。
 最近、大滝詠一本人の歌った「夢で逢えたら」がCD化されたのをきっかけに、そのカバーをせっせと集めて一枚のCDを作ったばかりだったのに…。
 再放送を首を長くして待つとします。

 せっせと集めてカセット・テープ(!)やCDにしたのは、「遥かなる影」と『小さな願い』。けれどもそのカバー数に追い付かず、途中でどちらも投げ出してしまったことがあります。
けれども、あるでおさんやまったりさんの熱意に影響を受けて、またぞろ曲ごとのカバーCD作りを再開したいと考え始めたズズであります。

ズズさん、こんにちは! コメントありがとうございますm(__)m

こちらの「恋の面影」、YouTubeでは見つかりませんでしたが、AmazonやiTunesで視聴できますょ(^^)。

「 夢で逢えたら 」 を吉田美奈子さんが歌っている映像は、2003年のNHK 『 BSあなたが選ぶ時代の歌 』 での映像でした。オリジナルとは違って井上鑑さんのアレンジで、しかも歌唱収録時は美奈子さんの実兄でレコーディングエンジニアの吉田保さんがミックスを担当されたとのこと。『 大瀧詠一ソングブック 』 はブルーレイディスクにダビングして持っております。ご希望あればお貸ししますよ。コメントをお書きになる際、“メールアドレス”欄にメールアドレスを入力して下さい。以後はメールでやりとりさせていただきますので。

マイ・テープ、作りましたね~。懐かしいですっ!!
カヴァーCD作り、楽しんでください~(^^)/

あるでおさん、ありがとうございます。ご厚意に甘えてよろしいでしょうか。

バカラックは別格として、大滝詠一も『ロング・バケーション』以降提供曲も含めて
大好物であります。
 ラジオの追悼番組をチェックしていましたが、まさかテレビで『 大瀧詠一ソングブック 』が放送
されたとは、何たる不覚!(レコード大賞の特集コーナーなどちょっと物足りなかったし)
(余談ですが、山下達郎の『サン・ソン』では結局、特集はありませんでしたね。一番期待していたのですが。まだ放送するのには重過ぎるのでしょうか)

 あるでおさんの時間的余裕があったらお願いします。

ズズさま

どうぞ甘えてくださいませ。
お知らせいただいたメアドにメールをお送りしました。
私は今日から6連休なので、暇ならたっぷりありますよ~ん(笑)

 あるでおさん、ズズさん。こんちわぁ~

大瀧詠一さんのお名前を発見し、思わずコメントさせていただいております。

かつて私のブログでも大瀧詠一さんについて書いた記事がございます。(しかも2つも!!)

書いたのは2011年7月でした。たぶん、ネタ探しに困り果てて 他の方のブログまでバカラックさんのお名前を検索した果てにたどり着いたブログ(記事内でネタ元もご紹介しております)を引用させていただき 書いた記事なのでございました。

よろしければ ご覧くださいませ。(コメントする風を装ってのブログ宣伝でごじゃりましたぁ。)

 すみません。しつこくも。コメント投稿の「まったり」のところをクリックするとその記事にいくようにしてございます。ブログ宣伝その2でございましたぁ。

まったりさん、こんにちは~!

記事のリンク、ありがとうございました。再読して、思い出しました。憶えていたら拙記事にまったりさんのことを書きましたのに…。忘れておりまして…どうもスミマセンでした~^^;。

しかし、まったりさんもズズさんも、大瀧詠一さんのこともお詳しいのですね。これからも色々教えてください。よろしくお願い致します。

あるでおさん、こんばんは。
お願いメールを送信させてもらいました。
よろしくお願いします。

 まったりさん、『プロミセス・プロミセス』の紹介記事の深さに驚いていたら
それどころではない、大滝詠一講座の「先生」までしているとは!
凄すぎます。

 『幸せの結末』と『True Love Never Runs and Smooth』との関係、面白いですね。
まったりさんの紹介でペトゥラ・クラークの『True Love Never Runs and Smooth』が
聞けたのはうれしかった。

 かつて山下達郎の「サンデー・ソング・ブック」でバカラック特集をした時に
流した曲はペトゥラ・クラーク版でした。お気に入りなのでしょうね。
私もアレンジも含め一目惚れ、いえ一耳惚れとなりペトゥラ・クラークのCDを
即入手したのですが、なんと曲の出だしのバラライカのような音がない。
再録音盤だったようです。『ダウンタウン』もアレンジがシングルと多少違っていた。
まったりさんのページのペトゥラ・クラークはオリジナルのほうでした♪

 それにしてもまったりさん、あるでおさん、本当に良い師匠に出会えてズズは幸せ者です。

ズズさま、こんにちは!
そろそろ御手許に届く頃と思います。
ちゃんとディスクが再生できると良いのですが…。

 あるでお様、
『 大瀧詠一ソングブック 』 ディスク、きのう届きました。2時間もの長いリキの入った
プログラムだったのですね。ありがとうございました。
夕べ一気にというか、あっという間に見てしまいました。
嬉しく楽しく面白くそして最後は哀しくなりました。

 先ほどNHK『歌謡チャリティーコンサート』を偶然見ていたら、ちょうど鈴木雅之が
『夢で逢えたら』を歌うところでした。
歌のおしまいのほうは会場と掛け合いそして合唱するシーンとなり、胸が熱く
なってしまいました。

 バカラック爺におかれましては、ずっとずっと長生きしていて欲しいと切に思う次第です。

ズズさま、おはようございます!
ちゃんと再生できたんですね、良かったです!
ホント、バカラック爺もいつまでも長生きしてほしいですね。

TVとかで鈴木雅之さんを観たら、うるっときそうです。
(これまで鈴木さんを観て涙流すことなんてなかったのに^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/61388621

この記事へのトラックバック一覧です: PONTA BOX meets YOSHIDA MINAKO (1998年):

« Alfie/三善香里 (2010年) | トップページ | CHACKSFIELD PLAYS BACHARACH/Frank Chacksfield and his Orchestra (1971年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック