« スターゲイザース・バカラックを歌う/岡崎広志とスターゲイザース (1969年) | トップページ | レイ・アンド・バカラック・オン・ブラス/原信夫とシャープス&フラッツ (1972年) »

2015年7月19日 (日)

サン・ホセへの道≪バート・バカラックの世界≫/稲垣次郎とリズム・マシーン (1970年)

サックス奏者の稲垣次郎が、稲垣次郎とリズム・マシーン名義で1970年にリリースしたバカラック・カヴァー集です!

(画像は全てクリックすると大きくなります。PC以外では上手くいきませんが^^;)
Img983 Img984

1. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE
2. ALFIE
3. I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN
4. WANTING THINGS
5. THE WINDOWS OF THE WORLD
6. THE LOOK OF LOVE
7. PROMISES, PROMISES
8. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE
9. I SAY A LITTLE PRAYER
10. WALK ON BY
11. REACH OUT FOR ME
12. THIS GUY'S IN LOVE WITH YOU

T-1~6./7~12. LPのA面/B面

収録時間約33分


Img986_4─ 高校時代からプロとして活躍し「フランキー堺とシティ・スリッカーズ」「ジョージ川口とビッグフォー」を経て1962年自己のグループ「稲垣次郎クインテット」を結成。翌年には「ライオルネ・ハンプトン・オーケストラ」の日本公演、日野皓正と共に「白木秀雄クインテット」に参加。1969年にジャズ・ロック・スタイルのグループ「稲垣次郎とソウル・メディア」を結成。現在その当時の作品が世界中のレア・グルーヴ・マニアから追い求められている。
セッションプレーヤーとして「スティーヴィー・ワンダー」「スタイリスティックス」「フランク・シナトラ」「テンプテーションズ」「シャーデー」の日本公演に参加。プロデューサー、音楽監督として「西城秀樹」「ピンクレディー」等を手掛けるほか、大瀧詠一「NIAGARA」シリーズの制作に関わるなど幅広く活躍。現在もプレーヤー、プロデューサーとして現役で活動中。 ─
 (日本コロムビアのサイトより)

1933年10月生まれ(現在81歳)。日本のジャズ・ロックを語るに避けて通れないサックス・プレイヤー。…てな記述も、別のサイトで見かけました。

日本コロムビア・サイトの稲垣次郎さんのディスコグラフィーにはCD化されたアルバムが10枚載っているのですが、各アルバムの説明を読むと、1970年前後はジャズ・ロックをやっていて、1973年頃からジャズ・ソウル~ジャズ・ファンクにシフトしていったようです。

本アルバムは、オーダー1枚から完全受注生産システムでCDを販売する “ オンデマンドCD ” によりCD化されたもの。だからか、ライナーの類いが全く入ってない(>_<)。まぁCD化してくれただけでも良しとしましょう(^^)。

ということで、バカラック作品集の本アルバム。ジャケット裏のクレジットによると、サックスとギターの入ったクインテット編成。でも、聴いてみたらストリングスは入ってるし金管もトランペットにトロンボーンがバリバリ吹いてる! それにティンパニやシロフォンなどパーカッションも。なぁんだ、オーケストラ(というよりたぶんスタジオミュージシャンの集まり?)がいるんだー。

1970年2月リリースですから、録音は1969年の秋or冬かな? よく知られた曲をチョイスしていますが、「雨にぬれても」はタイミング的にギリギリ間に合わなかったみたいです。アレンジは、ピアノの佐藤允彦。シンフォニックなT-1. 「サン・ホセへの道」 やT-7. 「 プロミセス・プロミセス 」 にT-10. 「 ウォーク・オン・バイ 」 、ムード歌謡のようで中間部ちょっとアヴァンギャルドになるT-2. 「 アルフィー 」 、カントリーっぽいT-3. 「 恋よさようなら 」 、ストリングスの不協和音で始まり途中で激しいリズムになるT-6. 「 恋のおもかげ 」 、金管バリバリのT-9. 「 小さな願い 」 など、良く言えばバラエティに富んだ(悪く言えば節操のない^^;)アレンジです。

イージーリスニングというにはちょっと凝り過ぎ。ジャズ・ロックとは方向が違うしなぁ。でも、とてもユニークなバカラック集ではあります。


【データ】
『 サン・ホセへの道≪バート・バカラックの世界≫ 』
稲垣次郎とリズム・マシーン

LP:1970年2月25日リリース (所有CDは、2015年2月19日リリースのリイシュー盤、オンデマンドCD)
レーベル:日本コロムビア (所有CDも同じ)
番号:JPS-5201 (所有CDは、CORR-11037)
LP発売時の価格:\1,500

編曲:佐藤允彦
稲垣次郎とリズム・マシーン
  稲垣次郎 - テナー・サックス
  佐藤允彦 - ピアノ
  中牟礼貞則 - ギター(A面1,2,5、B面3,4,6)
  増尾好秋 - ギター(A面3,4,6、B面1,2,5)
  荒川康男 - ベース
  猪俣   猛 - ドラムス

« スターゲイザース・バカラックを歌う/岡崎広志とスターゲイザース (1969年) | トップページ | レイ・アンド・バカラック・オン・ブラス/原信夫とシャープス&フラッツ (1972年) »

カヴァーアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/61903507

この記事へのトラックバック一覧です: サン・ホセへの道≪バート・バカラックの世界≫/稲垣次郎とリズム・マシーン (1970年):

« スターゲイザース・バカラックを歌う/岡崎広志とスターゲイザース (1969年) | トップページ | レイ・アンド・バカラック・オン・ブラス/原信夫とシャープス&フラッツ (1972年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック