« 三善香里さんのブログ “ くう・ねる・時々・じゃず ” | トップページ | STEEL PAN PLAYS BURT BACHARACH/V.A. (2007年) »

2015年8月 2日 (日)

JAZZ BACHARACH/V.A. (2004年)

クラブ系ジャズやラテン系の11組のアーティストが演奏した、全て新録によるバカラック・トリビュート集です!

(画像は全てクリックすると大きくなります。PC以外では上手くいきませんが^^;)
Img990 Img991

1. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE ~ Novo Tempo feat. Saigenji ~  M
2. ALFIE ~ Gema Y Pavel ~  F
3.Interlude
4. WIVES AND LOVERS ~ SOIL & "PIMP" SESSIONS ~
5. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD ~ izanami ~  F
6. MAKE IT EASY ON YOURSELF ~ Loop Sesson ~ F
7. WHAT'S NEW PUSSYCAT? ~ Estrangeiros ~  F
8. A HOUSE IS NOT A HOME ~ Otake & Maruyama ~
9. GOD GIVE ME STRENGTH ~ Fleming Pie ~  F
10. ON MY OWN ~ La Turbo ~  F
11. DON'T GO BREAKING MY HEART ~ Mika Arisaka feat. LOONY TUNE ~  F
12. ALFIE -Gema Y Pavel with LAVA -ckgt meets electro jazz remix ~ LAVA ~  F
13. Fuller Love ~ SOIL & "PIMP" SESSIONS ~

※ ヴォーカル有りの曲は FFemale-女性)、又は MMale-男性)と表記
※ なお、グレー字の曲はバカラック作品ではありません

収録時間約66分


Img992クラブ系ジャズやラテン系の11組のアーティストが演奏した、全て新録によるバカラック・トリビュート集です! アーティスト名からはさっぱり判別できませんが、一部を除いて日本の皆さんです。

CDの帯によると、以前ご紹介した、ボッサ風味のクラブ・ミュージック系 『 BOSSA BACHARACH 』 の第二弾なんだそう。確かにあのアルバムと同じアーティストがいる! T-1. フューチャリング・アーティストのサイゲンジ 、T-5. izanami 、T-8. の丸山史郎、T-12. LAVA …

その他のアーティストもわかる範囲で調べてみました。 T-1. Novo Tempo : クラブ・シーンで活躍するJazz&Electric系バンド T-2. Gema Y Pavel : キューバのデュオ、女性ヴォーカルのGemaとギターのPavel、ヘマ・イ・パベルと読むそう。 T-4. SOIL & "PIMP" SESSIONS : 6人組ジャズ・バンド、デスジャズを指向。 T-6. Loop Sesson : 7人組ハウス/クラブ・ミュージック・バンド。 T-7. Estrangeiros : 5人組のバンド。 T-8. Otake & Maruyama : ハーモニカのEiji Otakeとギターの丸山史郎+二胡のKenji Yamahira。 T-9. Fleming Pie : ヴォーカルの中島朋子とギター&プログラミングの瀬川英史からなるデュオ、中島朋子は現在tomo the tomo(トモザトモ)名でソロ活動中。 T-10. La Turbo : ブラジリアンジャズ・クラブミュージックのバンド、現在はバンド活動休止中。 T-11. Mika Arisaka feat. LOONY TUNE : ヴォーカルは有坂美香、LOONY TUNEはよくわかりませんがクラブ/ハウス系のバンドのようです。

やたらと騒々しいT-4. 「 素晴らしき恋人たち 」 、いかにもクラブ系のT-11. 「 ドント・ゴー・ブレイキング・マイ・ハート 」 、ハーモニカ/アコギ/二胡という組み合わせが爽やかなT-8. 「 ハウス・イズ・ノット・ア・ホーム 」 まで、アルバム全体としては節操がありません^^;。個人的に気に入ったのはアコースティックな味わいの曲。ピアニカやパーカッションがなんともとぼけた味わいのT-7. 「 何かいいことないか子猫チャン 」 だったり、サンバのリズムが意表を突くT-10. 「 オン・マイ・オウン 」 あたりでしょうか。

それにしても、『 JAZZ BACHARACH 』 というアルバム・タイトルはいかがなものかと。だってだってだって、“ いかにもJAZZ ” っていう曲は入ってないですもん…。

この暑さで思考能力低下は否めませんねー(言い訳^^;)。
今日はこの辺で、あしからずm(__)m。


【データ】
『 JAZZ BACHARACH 』
V.A.

CD:2004年4月7日リリース
レーベル:BYO Music
番号:BYOM-0001

Produced by Akio Adachi (BYO MUSIC)
Executive Producer: Bunkei Yo (BYO)

« 三善香里さんのブログ “ くう・ねる・時々・じゃず ” | トップページ | STEEL PAN PLAYS BURT BACHARACH/V.A. (2007年) »

カヴァーアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/61936695

この記事へのトラックバック一覧です: JAZZ BACHARACH/V.A. (2004年):

« 三善香里さんのブログ “ くう・ねる・時々・じゃず ” | トップページ | STEEL PAN PLAYS BURT BACHARACH/V.A. (2007年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック