« WHAT THE WORLD NEEDS NOW... BIG DEAL RECORDING ARTISTS PERFORM THE SONGS OF BURT BACHARACH/V.A. (1998年) | トップページ | Friends From Schuur/Diane Schuur (2000年) »

2015年10月28日 (水)

EVERLASTING/Natalie Cole (1987年)

米女性シンガー、ナタリー・コールが1987年にリリースしたアルバムです。バカラックの新作を2曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります。PC以外では上手くいきませんが^^;)
Img077aa Img080ab

全11トラック中、バカラック作品は2トラック

4. SPLIT DECISION (4:14)
8. IN MY REALITY (5:22)


米女性シンガー、ナタリー・コールが1987年にリリースしたアルバムです。

ナタリー・コールといえば、亡き父ナット・キング・コールとのバーチャル・デュエット 「 アンフォーゲッタブル 」 (1991年) のイメージが定着しています。しかし、私にとってはなんといっても 「 ミスター・メロディ 」 。1976年の東京音楽祭でグランプリになった曲です。当時私は中学一年生。その年はじめて家にステレオがやってきて、FMを聴き始めました。それはすなわち、洋楽との出会いでもありました。ある日、NHK-FMの洋楽番組をエア・チェックしてカセット・テープに録音した中に 「 ミスター・メロディ 」 が入っていたんです。なんてウキウキする曲なんだろう!と何度も繰り返し聴いたものです。

1975年に 「 ディス・ウィル・ビー 」 でデビューしていきなりグラミー賞の最優秀R&Bヴォーカル賞を受賞。その後も 「 ミスター・メロディ 」 など毎年ヒットを飛ばしましたが、80年代に入ると低迷してレーベルも Capitol → Epic → Modern と転々。そしてまた Capitol に復帰して傘下のサブ・レーベル Manhattan から放った第一弾のアルバムが本作でした。

複数のプロデュース・チームによる制作。力の入ったR&Bのアルバムで、ブルース・スプリングスティーンをカヴァーした 「 ピンク・キャデラック 」 など全米20位以内のヒットが3曲も生まれました。ナタリーは本作で息を吹き返したんですねー、パチパチ。ダンサブルな曲が多いなか、シングル・カットはされなかったものの大人の音楽で一定の存在感を示したのが、バカラック&セイガー作品の2曲でした。

T-4. 「 スプリット・デシジョン 」 は、落ち着いたミディアム・テンポのバラード。全体的には80年代らしい曲なのですが、Aメロの変拍子 ( 4拍子 - 2拍子 - 4拍子 ) や独特な起伏を持つメロディなど、さりげなくバカラック節を入れてきます。佳曲といえるでしょう。

T-8. 「 イン・マイ・リアリティ 」 はシャッフルのリズムによるミディアム・テンポのR&B曲。サビではナタリーも熱唱。こんな曲でも、4拍子 - 2拍子 - 4拍子 - 2拍子 - 4拍子 という、注意深く聴かないとわからないような変拍子を入れます。そこまでしなくてもいいのに (笑) 。バカラックは本当に変拍子が好きなんだなぁ…とつくづく感じました。

Mi0001723718ここからはオマケとして、MP3しか所有していない曲をご紹介。
ナタリーは、2007年に 「 小さな願い 」 (3:30) をカヴァーしています。シングルのみのリリース ( しかもネット配信のみの様子 ) で、アルバムには未収録のようです。アコースティック・ギターとハンド・クラップが主体のシンプルな演奏をバックに、ナタリーはソウルっぽさ控えめに歌っています。何かの企画でリリースしたんでしょうか、ナタリーのやる気のなさが気になるあるでおでした^^;




【データ】
『 EVERLASTING 』 (邦題:永遠の夢)
Natalie Cole

CD:1987年7月14日リリース
レーベル:Manhattan Records / Capitol (US)
番号:CDP-7-46759-2

Exective Producer: Gerry Griffith
T-4. 「 SPLIT DECISION 」
  Words & Music by Burt Bacharach, Carole Bayer Sager
  Produced by Burt Bacharach, Carole Bayer Sager
  Keyboads: Randy Kerber
  Bass: Neil Stubenhaus
  Guitar: Dann Huff
  Drums: Carlos Vega
  Percussion: Paulinho Da Costa
  Background vocals: Julie Waters, Maxine Waters, Stephanie Spruill
  Saxophone solo: David Boroff
  Synthesizers: Larry Williams, Burt Bacharach
T-8. 「 IN MY REALITY 」
  Words & Music by Burt Bacharach, Carole Bayer Sager
  Produced by Burt Bacharach, Carole Bayer Sager
  Keyboads: Randy Kerber
  Bass: Neil Stubenhaus
  Guitar: Dann Huff
  Drums: John Robinson
  Synthesizers: Larry Williams, Burt Bacharach
  Background vocals: Joe Pzoola, Phillip Ingram, Natalie Cole
  Saxophone solo: David Boroff
  Horns arranged by Jerry Hey
  Trumpet & Flugel: Jerry Hey

« WHAT THE WORLD NEEDS NOW... BIG DEAL RECORDING ARTISTS PERFORM THE SONGS OF BURT BACHARACH/V.A. (1998年) | トップページ | Friends From Schuur/Diane Schuur (2000年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/62561357

この記事へのトラックバック一覧です: EVERLASTING/Natalie Cole (1987年):

« WHAT THE WORLD NEEDS NOW... BIG DEAL RECORDING ARTISTS PERFORM THE SONGS OF BURT BACHARACH/V.A. (1998年) | トップページ | Friends From Schuur/Diane Schuur (2000年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック