« AFTER THE FOX/O.S.T. (1966年) | トップページ | HERE WHERE THERE IS LOVE/Dionne Warwick (1966年) »

2016年2月20日 (土)

ライブの感想 三善香里 at Apple Jump Feb. 16, 2016

ジャズ・シンガー、三善香里さんのリーダー・ライブを聴いてきました! バカラック作品を2曲歌唱!

2016年 2月16日(火)
  19:00  OPEN
  20:00~21:00  1st STAGE
  21:30~22:30  2nd STAGE
池袋  Apple Jump ~ Small Jazz Club & Acoustic Live Spot ~
三善香里(Vo)、瀬戸創太(Pf)

池袋駅中央口から西口方面へ。地下街(エチカ池袋)をずんずんと進み、C3出口を出てしばらく歩いたら Apple Jump (アップル・ジャンプ)に到着。マンションの地下1階(半地下みたいな造り)。入口扉をあけて入ると、シンプルでこじんまりとした四角い空間が。席は20弱くらいでしょうか。

20時5分くらい前に香里さんと瀬戸さんが入場。マイクなどのセッティング&サウンド・チェックは事前に済ませておいたみたいで、20時過ぎにはライブが始まりました! なお、今回はお店の中で写真撮っていません。香里さんが自身のブログにライブリポート(写真含め)を載せておられますので、是非ご覧になってみてください。 『 くう・ねる・時々・じゃず 』

<1st STAGE>
1. BLACKBIRD
2. NIGHT AND DAY
3. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD
4. SUPERSTAR
5. DON'T THINK TWICE, IT'S ALL RIGHT
6. BLUESETTE
7. MY FUNNY VALENTINE
8. ALL I WANT


<2nd STAGE>
9. RAINY DAYS AND MONDAYS
10. MOON RIVER

11. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU
12. MY FIRST KISS (原題:はじめてのチュウ)
13. CORCOVADO
14. ONE NOTE SAMBA
15. DESPERADO
16. (パーカーのリックをスキャットに乗せたブルースで)  ???

<アンコール>
17. CONFIRMATION


香里さんのライブ、私は2回目。前回(銀座バーブラ)はバックがピアノとサックスでしたが、今回はピアノのみ。しかもリーダー・ライブということで、香里さんの歌を堪能できました。

ピアノの瀬戸さんはミニ・アルバム 『 Vividly 』 のうち5曲に参加しているお方。ライブでもよく組むのかと思ったらそうでもないらしく、一緒に演るのはApple Jumpくらいだよね~なんておっしゃってました。瀬戸さんは飄々とした風貌なんですが、硬軟自在な演奏で引き出しがたくさんある感じ。香里さんとのコミュニケーションもバッチリ、息の合ったデュオでございました。

アルバムからは8曲で、約半数。ジャズ・スタンダードやビバップに、ビートルズ、ジョニ・ミッチェル、イーグルス、ボサノヴァ、ブルースなどを織り交ぜた選曲で、私のようなジャズ・オリエンテッドでない人間にとっても楽しめるセット・リストでした。M-16.の曲名はよくわからないし、M-14.の曲名もあやしいですけれど^^:。

バカラック作品は2曲。M-3. 「 雨にぬれても 」 は、『 Vividly 』 とは全く違う6/8拍子のリズムに意表を突かれました。この曲、6/8にするとノリが良くなるんですねー。ちなみに私のコレクションを確認してみると、この曲を6/8で演ってたのは3バージョンだけでした(アーティスト及びアルバムは … New Roman Trio 『 Bacharach Jazz 』 、V.A. 『 アマールカの子守唄 』 、Emilie-Claire Barlow 『 THE BEAT GOES ON 』 )。香里さんも弾んで楽しそうに歌っておられました。

もう一曲は、M-11. 「 遥かなる影 」 。カーペンターズ版でおなじみのシャッフル(バウンス)ではなくて、4ビートのリズム。なかなか新鮮でした。最初は穏やかな歌い出し。でも、途中のピアノのアドリヴなんて、けっこう骨太でハード。最後はまた静かに、香里さんの繊細な歌唱が心に染み入りました。

どちらも銀座バーブラでも歌ってくださった曲なのですが、ミュージシャンや場所によってコロッと変わるジャズの面白さを改めて感じました。

他の曲で新鮮だったのが、M-12. 「 MY FIRST KISS 」 。アニメ 『 キテレツ大百科 』 OP曲 「 はじめてのチュウ 」 の英訳版。英語でも全然違和感なかったです。

途中、香里さんが 「 節分 」 と口にしたら、瀬戸さんが “ 鬼は外、福は内 ” に合うメロディを、“ ラ ラ ↗ ド ↘ シ ラ 、 ラ ラ ↘ ミ ↗ ソ ラ ” と即興で弾いて爆笑。しかも、次の曲のイントロでそのフレーズを差し込むし(笑)。それくらい、香里さんと瀬戸さんはいい雰囲気でした。

ライブが終わったあと、香里さんに Apple Jump のマスターを紹介してもらい、ご挨拶。マスターのお話によると、突然香里さんが来店して、アルバム 『 Alfie 』 のCDを置いてったそう。CDを聴いたマスターがこんな 「 アルフィー 」 聴いたことない…と思い、それがキッカケで香里さんが Apple Jump で歌うようになったんだとか。そういえば、私と香里さんの縁も、私がブログにアップしたアルバム 『 Alfie 』 のレビューに香里さんがコメント下さったことがキカッケでした。どちらも 「 アルフィー 」 が紡いだ縁…。偶然?、それとも必然??

香里さんは今夜(2月20日)、草津温泉 『 ゆけむりジャズ 』 に 出演される予定です。群馬県の草津温泉、まだ行ったことないんですよね~。いつか必ず行くぞ~。

A

« AFTER THE FOX/O.S.T. (1966年) | トップページ | HERE WHERE THERE IS LOVE/Dionne Warwick (1966年) »

バカラック関連ネタ」カテゴリの記事

コメント

あるでおさま
先日は遠路お越し下さりありがとうございましたヽ(´▽`)/
さすがのライブレポート!本人もちゃんと把握していないセットリストまで!!ありがとうございます♫

そうなんです、やっぱり相手が変わると話す内容や口調なども変わってくるように、「ライブはほぼ会話」だと思います。
瀬田くんとは結構付き合い長いのですが、最近やっと会話が弾むようになってきました(笑)

2枚のアルバムで「Alfie」を取り上げたことは、結構いろんな縁をつないでくれているように思います。
先日ダイアナ・クラールのコンサートに行ってきましたが、バカラックの曲「愛の歌を....」というチョイスでピアノ一本の弾き語りでやってくれました。もう感涙モノでしたよー!!!何の曲かは、まだ日本のツアーが終わってないのでネタバレになるので....内緒です(笑)

三善香里さま!

拙ブログをご覧いただき、加えてコメントまで書き込んで下さり、大感激、大感謝です。
光栄です! ありがとうございますっ!!

セットリスト、ホントはビシッと書きたかったのですが…^^;
曖昧な点ありスミマセンm(__)m

ダイアナ・クラール、24日聴きに行くとライブの時も仰ってましたもんね。
感涙モノですか~、私も聴きたかったです!

まだインフルエンザ流行ってるようです。
くれぐれもお体を大事なさってくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/63238014

この記事へのトラックバック一覧です: ライブの感想 三善香里 at Apple Jump Feb. 16, 2016:

« AFTER THE FOX/O.S.T. (1966年) | トップページ | HERE WHERE THERE IS LOVE/Dionne Warwick (1966年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック