« PROMISES, PROMISES/Original Broadway Cast Album (1968年) | トップページ | BUTCH CASSIDY AND THE SUNDANCE KID/O.S.T. (1969年) »

2016年4月10日 (日)

MAKE IT EASY ON YOURSELF/Burt Bacharach (1969年)

バート・バカラックのA&M移籍後2作目となるアルバムです。

(画像は全てクリックすると大きくなります。PC以外では上手くいかないかも^^;)
R115565113862459045324jpeg R115565113862459082664jpeg
Original LP front cover/back cover

Img168aa Img165bb
所有CDのジャケット表/ケース裏

1. PROMISES, PROMISES
2. I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN    F
3. KNOWING WHEN TO LEAVE
4. ANY DAY NOW
5. WANTING THINGS    F
6. WHOEVER YOU ARE, I LOVE YOU
7. MAKE IT EASY ON YOURSELF    M (ボーカルはバカラック自身)
8. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE
9. PACIFIC COAST HIGHWAY
10. SHE'S GONE AWAY
11. THIS GUY'S IN LOVE WITH YOU

※ メイン・ボーカル入りの曲は、F (Famale-女性)、または M (Male-男性) と表記

収録時間約37分


バカラックがA&Mに移籍して2作目となるスタジオ録音アルバム。KAPP時代を含めると、バカラック名義としては3作目にあたるアルバムです。

前作の 『 リーチ・アウト 』 から1年8ヵ月。その間の大きな仕事といえば、ブロードウェイ・ミュージカル 『 プロミセス・プロミセス 』 の楽曲づくりと上演に向けた準備作業。本作の全11曲のうち、その 『 プロミセス・プロミセス 』 から5曲をセルフ・カヴァーしています。T-1. 「 プロミセス・プロミセス 」 、T-2. 「 恋よさようなら(もう恋なんてしない) 」 、T-3. 「 去りし時を知って(もうさようならの時) 」 、T-5. 「 ウォンティング・シングス(欠けているもの) 」 、T-6. 「 永遠の誓い(あなたはあなた) 」 …、選りすぐりの5曲ですねー。

他の6曲のうち、4曲は各アーティストへの提供曲。オリジナルのアーティストは、チャック・ジャクソン(T-3. 「 エニィ・デイ・ナウ 」 )、ジェリー・バトラー(T-7. 「 涙でさようなら(メイク・イット・イージー・オン・ユアセルフ) 」 )、ディオンヌ・ワーウィック(T-8. 「 サン・ホセへの道 」 )、ハーブ・アルパート(T-11. 「 ディス・ガイ 」 )。「 涙でさようなら(メイク・イット・イージー・オン・ユアセルフ) 」 ではバカラック自身がリード・ボーカルを担当。

残るT-9. 「 パシフィック・コースト・ハイウェイ 」 、T-10. 「 シーズ・ゴーン・アウェイ 」 の2曲は、まっさらの新曲でございます。

ミュージカル 『 プロミセス・プロミセス 』 用の音楽制作が終わった後、くたくたに疲れたバカラックは妻子と一緒にカリフォルニアのパームスプリングスで二ヵ月以上のんびり過ごしたそうです。静養から戻ってきて取り組んだのが、前々回の記事で触れた映画 『 THE APRIL FOOLS (幸せはパリで) 』 の主題歌作りと、本アルバムの制作でした。

『 プロミセス・プロミセス 』 から取り上げた5曲の中で個人的に最も印象深いのは、T-1. 「 プロミセス・プロミセス 」 。前回記事で紹介したとおり、この曲をエレクトーンで弾く際の参考にしようと寝る間を惜しんで(嘘です)繰り返し聴きましたからね。ボーカル無しのインスト物ですが、オリジナル・キャスト版のテンポ(♩≒156)よりも一段と速い♩≒170というテンポは、切れのあるアレンジ&演奏と相まってとても爽快です。

もうひとつ、このアルバムの中で私が好きなのは、新曲のT-9. 「 パシフィック・コースト・ハイウェイ 」 。空いてるハイウェイをゆったりクルージングしているようなクールなインスト曲。それまでのバカラックの作風とはかなり違うのですが、メロディそのものよりもオカリナにメロディを吹かせる意表を突いたアレンジにやられました。ピッチが揺れるオカリナの音色は、たなびく風を表現しているかのよう。オープンカーをイメージしているのでしょうか。

T-10. 「 シーズ・ゴーン・アウェイ 」 も新曲ですが、こちらはあまりパッとしない曲です。ちなみに、カヴァーがとても少ない超レアなこれら2曲をカヴァーした唯一の方が前田憲男さん。1970年にリリースしたバカラック・カヴァー・アルバムの 『 イージー・リスニング・ジャズ★★バート・バカラックの素晴らしき世界 』 で取り上げています。前田さんって、とってもマニアックな方なんですね(^^)。

全体的には、アレンジ面でバカラックらしい特徴的な楽器の使い方が見られます。もはやバカラック・サウンドの定番となった薄いフリューゲルホルンやミュート・トランペットをはじめ、T-3. 「 去りし時を知って 」 でのオーボエやT-8. 「 サン・ホセへの道 」 でのマリンバなど。前作  『 リーチ・アウト 』 よりもイージーリスニング的な雰囲気が強くなってるように感じるのですが、それはアレンジのせいなのかも知れません。


【データ】
『 MAKE IT EASY ON YOURSELF 』 (邦題:メイク・イット・イージー・オン・ユアセルフ)
Burt Bacharach

LP:1969年6月リリース (所有CDは、1995年5月25日リリースの日本盤)
レーベル:A&M (所有CDは、ポリドール)
番号:SP 4188 (所有CDは、POCM-2012)

Producer: Burt Bacharach & Phil Ramone
Arranged & conducted by Burt Bacharach

« PROMISES, PROMISES/Original Broadway Cast Album (1968年) | トップページ | BUTCH CASSIDY AND THE SUNDANCE KID/O.S.T. (1969年) »

バート・バカラックのアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/63433612

この記事へのトラックバック一覧です: MAKE IT EASY ON YOURSELF/Burt Bacharach (1969年):

« PROMISES, PROMISES/Original Broadway Cast Album (1968年) | トップページ | BUTCH CASSIDY AND THE SUNDANCE KID/O.S.T. (1969年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック