« PROMISES, PROMISES/Dionne Warwick (1968年) | トップページ | MAKE IT EASY ON YOURSELF/Burt Bacharach (1969年) »

2016年4月 3日 (日)

PROMISES, PROMISES/Original Broadway Cast Album (1968年)

ブロードウェイ・ミュージカル、『 プロミセス・プロミセス 』 のオリジナル・キャスト・アルバムです。全編、バート・バカラック&ハル・デイヴィッドによる作品!

(画像は全てクリックすると大きくなります。PC以外では上手くいかないかも^^;)
R32347741332806098jpeg R32347741332806114jpeg
Original LP front cover/label

Img158a Img161a
所有CDのジャケットの表/ケースの裏

1. OVERTURE  ~ Orchestra ~
2. HALF AS BIG AS LIFE  ~ Jerry Orbach ~
3. UPSTAIRS  ~ Jerry Orbach ~
4. YOU'LL THINK OF SOMEONE  ~ Jerry Orbach & Jill O'Hara ~
5. OUR LITTLE SECRET  ~ Jerry Orbach & Edward Winter ~
6. SHE LIKES BASKETBALL  ~ Jerry Orbach ~
7. KNOWING WHEN TO LEAVE  ~ Jill O'Hara ~
8. WANTING THINGS  ~ Edward Winter ~
9. TURKEY LURKEY TIME  ~ D. Mckechnie & M. Sappington & B. Lee ~
10. A FACT CAN BE A BEAUTIFUL THING  ~ Jerry Orbach & Marian Mercer ~
11. GRAPES OF ROTH  ~ Orchestra ~
12. WHOEVER YOU ARE, I LOVE YOU  ~ Jill O'Hara ~
13. WHERE CAN YOU TAKE A GIRL?  ~ P. Reed & N. Shelly & V. O'Brien & D. O'neill ~
14. CHRISTMAS DAY  ~ E.Winter & K. Oslin & R.O'Connor & J. Stites & N. Jones ~
15. A YOUNG PRETTY GIRL LIKE YOU  ~ Jerry Orbach & A. Larry Haines ~
16. I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN  ~ Jill O'Hara & Jerry Orbach ~
17. PROMISES, PROMISES  ~ Jerry Orbach ~

所要時間約45分


Img162a バート・バカラック&ハル・デイヴィッドのコンビが全編ミュージカル・ナンバーを書いたブロードウェイ・ミュージカル、『 プロミセス・プロミセス 』 のオリジナル・キャスト・アルバムです!

バカラック&デイヴィッドが初めて手掛けたこのミュージカルは、映画 『 アパートの鍵貸します 』 を基にニール・サイモンが脚本を手掛けたもの。ブロードウェイのシューバート劇場で1968年12月1日の初日から1972年1月1日まで1,281回続演するヒット作になりました。

バカラック・ファンの先輩で同志のまったりさんが、ブログ 『 バカラックマジックでまったりと 』 でこのアルバムの全曲を動画付きで詳しく解説なさっています。私がグダグダ説明をするよりもそちらをご覧いただいたほうがよくわかると思いますので、今回は全面的にまったりさんのブログのお世話になろうと決意いたしました! まったりさん、どうかよろしくお願いします。happy02

2012年3月24日~4月28日まで、全7回シリーズの力作! リンク先はその第1回です。
バカラックマジックでまったりと ~ 祝!!「プロミセス・プロミセス」上演!!

ここまでサボってしまうとちょっと後ろめたい気もします^^;。ということで、ちょいとオマケを…。

バカラックは変拍子好きで有名ですが、そのバカラックが鬼のように変拍子を駆使した楽曲がT-17. 「 プロミセス・プロミセス 」 。バカラック自身も自伝でこう語っています。 ─  あのショウには簡単にうたいこなせない曲がいくつかふくまれていたが、なかでも一番の難曲は、まちがいなく 「 プロミセス・プロミセス 」 だったはずだ。 ─   このあと、何拍子から何拍子になって…と説明していくのですが、曲を聴いてもどーなってんだかよくわからないんですよね…。

とゆーことで、楽譜付きでこの曲を紹介します。♩≒172とテンポも速いですし、リピート記号があって戻ったりします。しっかり目eyeで楽譜を追ってくださいませ。4分の3拍子、8分の3拍子、4分の4拍子、4分の5拍子、4分の6拍子が登場しますよ!coldsweats01



えー、エレクトーンはむかし私が弾いて録音したもの。演奏ヘタクソでスミマセン。公開するようなレベルじゃないんですが、拍子がどーなってるかはわかっていただけたかと。

ただし、本アルバムの 「 プロミセス・プロミセス 」 とはイントロのフレーズや拍子が異なっています。この楽譜は、バカラックがセルフ・カヴァーしたバージョン( 『 メイク・イット・イージー・オン・ユアセルフ 』 に収録)を基にしたアレンジなんです。その点ご留意ください。

ちなみに、ピットの中にマイクを立ててミキシング・コンソールでミキシングする手法をブロードウェイ・ミュージカルに持ち込んだのは、バカラックが初めてなんですって。バカラック自伝にもその話が出てきますが、アルバム 『 THE BURT BACHARACH ALBUM “BROADWAY SINGS THE BEST OF BACHARACH ” 』 のライナーでプロデューサーのブルース・キンメルが、そのことを熱く語っています。


【データ】
『 PROMISES, PROMISES 』 (邦題:プロミセス・プロミセス)
Original Broadway Cast Album

LP:1968年12月リリース (所有CDは、1999年8月11日リリース。輸入盤仕様/日本語ライナー対訳&帯付き)
レーベル:United Artists (所有CDは、RYKODISC(米)/ビデオアーツ・ミュージック)
番号:UAS 9902 (所有CDは、RCD 10750/VACK-3028)

Album produced by Henry Jerome
Associate Producer - Ohil Ramone
All songs by Burt Bacharach, Hal David
Recorded at A&R Studios, New York City

« PROMISES, PROMISES/Dionne Warwick (1968年) | トップページ | MAKE IT EASY ON YOURSELF/Burt Bacharach (1969年) »

バート・バカラックのアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/63376221

この記事へのトラックバック一覧です: PROMISES, PROMISES/Original Broadway Cast Album (1968年):

« PROMISES, PROMISES/Dionne Warwick (1968年) | トップページ | MAKE IT EASY ON YOURSELF/Burt Bacharach (1969年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック