« LIVE IN STUDIO/Gerry Gibbs Thrasher Dream Trio (2015年) | トップページ | TAKE IT FROM ME/Glenn Jones (1986年) »

2016年8月 7日 (日)

Close to You: BACHARACH REIMAGINED/The Original London Cast Recording (2016年)

バカラックのヒット曲で構成されたシアターピース 『 Close to You: BACHARACH REIMAGINED 』 のオリジナル・ロンドン・キャスト・レコーディング・アルバムです。

(画像は全てクリックすると大きくなります。PC以外では上手くいかないかも^^;)
Img263aa Img263bb 

CD1
1. Intro
2. ANYONE WHO HAD A HEART / THIS GUY'S IN LOVE WITH YOU ~ Kyle Riabko and Company ~
3. THE LOOK OF LOVE / I SAY A LITTLE PRAYER / ARTHUR'S THEME ~ Stephanie McKeon, Anastacia McCleskey and Company ~
4. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU ~ Full Company ~
5. Psychedelic Interlude ~ Full Company ~
6. I COME TO YOU ~ Kyle Riabko and Company ~
7. MAKING LOVE ~ Kyle Riabko and Stephanie McKeon
8. San Jose Interlude ~ Full Company ~
9. THE WINDOWS OF THE WORLD / WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE ~ Greg Coulson, Renato Paris and Company ~
10. MESSAGE TO MICHAEL / DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE ~ Kyle Riabko and Company ~
11. THE SUNDANCE KID / MAGIC MOMENTS / TRAINS AND BOATS AND PLANES ~ Renato Paris and Company ~
12. DON'T MAKE ME OVER ~ Anastacia McCleskey
13. WALK ON BY ~ Stephanie McKeon
14. A HOUSE IS NOT A HOME ~ Kyle Riabko
15. MAKE IT EASY ON YOURSELF / Mash-Up (MAGIC MOMENTS, ALFIE, MAKING LOVE, THIS GUY'S IN LOVE WITH YOU) ~ Stephanie McKeon, Kyle Riabko and Company ~

CD2

1. Percussion Section (REACH OUT FOR ME, BABY IT'S YOU, WISHIN' AND HOPIN', THAT'S WHAT FRIENDS ARE FOR, ANY DAY NOW) ~ Anastacia McCleskey and Company ~
2. I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN ~ Greg Coulson, Renato Paris
3. MEXICAN DIVORCE ~ Daniel Bailen and Company ~
4. I JUST DON'T KNOW WHAT TO DO WITH MYSELF / ON MY OWN / (THERE'S) ALWAYS SOMETHING THERE TO REMIND ME ~ Kyle Riabko and Company ~
5. Raindrops Interlude ~ Anastacia McCleskey and Kyle Riabko
6. ALFIE ~ Kyle Riabko
7. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE ~ Full Company ~
8. WHAT'S NEW PUSSYCAT? ~ Kyle Riabko
9. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD ~ Full Company ~

BONUS TRACKS ~ Kyle Riabko - All Vocals and Instruments ~
10. DEMO: ANYONE WHO HAD A HEART / THIS GUY'S IN LOVE WITH YOU
11. DEMO: THE LOOK OF LOVE / I SAY A LITTLE PRAYER / ARTHUR'S THEME
12. DEMO: (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU
13. DEMO: I COME TO YOU
14. DEMO: MAKING LOVE
15. DEMO: San Jose Interlude
16. DEMO: MESSAGE TO MICHAEL / DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE
17. DEMO: THE SUNDANCE KID / MAGIC MOMENTS
18. DEMO: DON'T MAKE ME OVER
19. DEMO: WALK ON BY (original version)
20. DEMO: WALK ON BY (revised version)
21. DEMO: I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN

収録時間CD1:約51分/CD2:約69分


バカラックのヒット曲で構成されたシアターピース 『 Close to You: BACHARACH REIMAGINED 』 のオリジナル・ロンドン・キャスト・レコーディング・アルバムです。

このシアターピースは、2013年の冬にニューヨークのオフ・ブロードウェイ(劇場はNew York Theatre Workshop)で初演。2015年の夏にロンドンのオフ・ウエストエンド(劇場はMenier Chocolate Factory)で公演したのち、同年10月初旬から翌2016年2月中旬まではウエストエンド(劇場はThe Criterion Theatre)で公演! 本アルバムは、そのウエストエンド公演バージョンでのレコーディングとなります。

リーダーの Kyle Riabko (何て読むのかなぁ… カイル・リアブコ? 以後、カイルと表記) は、1987年カナダ生まれ。2010年にバカラックのデモ録音にリード・ヴォーカリストとして雇われたことがキッカケでバカラックの音楽に興味を持つようになりました。当時カイルは22歳。カイルはギタリストでブルースやロックを聴いて育ったので、バカラックの音楽をギター中心にロックやブルースのスタイルで表現しようとしました。デモ・テープを作りバカラックに持ち込んだりしたそうです。その後、シアターピース(音楽を演奏するだけでなく、移動したりパフォーマンスするなど動きが加わる演奏法)にすることを企画し、ミュージシャンを集めて実現したんですねー。その行動力はハンパなくスゴイと思います。

このシアターピースについて、詳しいことは公式サイトをご覧ください。トレイラーやキャスト紹介(カンパニー = バンドのメンバーは7名)、公演の模様やレコーディングの様子などをご覧になれます。 → Close to You 公式サイト

Img272cd ピックアップしたバカラック作品は全部で33曲。CDのライナーの中に、それら33曲をアルファベト順にリスト化してありました(左)。ほとんどが有名曲ですが、なかには 「 I COME TO YOU 」 のようなレアな曲も含まれています。

この 「 I COME TO YOU 」 ( CD1のT-6. ) については面白いエピソードがあります。カイルが 『 LOST HORIZON (失われた地平線) 』 のサントラを聴いていい曲だなぁと思い数日後に何気なくこの曲をハミングしたら、それを聴いたバカラック爺が 「 いい曲だね~ 」 。驚いたカイルが 「 あなたの曲ですよ! 」 と言ったところ、「 憶えてない 」 と爺。笑っちゃいますねー(^^)。

さて、アルバムはCD 2枚組で36トラック入り。内訳は、本編24トラック+ボーナストラック12トラック。尚、ボーナストラックはすべてデモ音源(カイル1人によるパフォーマンス)です。

サウンドは、アコースティック・ギターを軸としたバンドものですが、曲によって楽器構成をかなり変えたりスティール・ギター、ウクレレ、チェロを使ったりしています。味付けは幅広く、ロック調やブルース調、ジャジーなテイストからブリティッシュ・ポップ的なものまでバラエティに富んでいて、とても今っぽいな~と思います。マッシュアップと明記されているのはCD1のT-15. だけですが、マッシュアップ的なアレンジのメドレーが目立ちます。米ドラマ 『 グリー 』 などとの近似性も感じました。

特に印象に残ったトラックをご紹介(あくまで主観によるものですょ)。

まずは CD1 から。「 恋の面影 」 、「 小さな願い 」 、「 ニューヨーク・シティ・セレナーデ 」 が一定のテンポ(♩≒96)で続くT-3. は、タイトな8ビートがカッコ良いです。アコースティック・ギターをバックに男女デュエットで歌うT-7. 「 メイキング・ラヴ 」 はフォーキーで新鮮。T-15. 後半のマッシュアップでは、「 マジック・モーメンツ 」 、「 アルフィー 」 、「 メイキング・ラヴ 」 の3曲が重なる部分があっておぉ~っとなりました。

CD2 に移ります。T-4. は、スティール・ギターのイントロが似合う 「 恋のとまどい 」 は想定内でも、続く 「 オン・マイ・オウン 」 まで違和感なくブルース調に仕上げていたのには唸りました。イントロがまんま 「 アルフィー 」 で、中間部の間奏で 「 雨にぬれても 」 、「 恋するハート 」 、「 恋の面影 」 、「 愛のハーモニー 」 、「 ディス・ガイ 」 の一節を次々に歌うT-7. 「 世界は愛を求めている 」 は、本アルバムのハイライトではないかと。

全体的に聴いていて感じるのは、歌唱や演奏に気持ちがこもっていること。カイルの情熱がメンバーやスタッフにすごく伝わっているんだと思います。ですから、聴いていて気持ちがいいです。

バカラック爺は、各公演のオープニングに来てくれたそうです。2016年6月下旬に開いた本アルバムのリリース記念パーティにも参上! そのパーティでの爺の写真が こちら。ちゃっかりメンバーの女性 (Stephanie McKeon) の腰に手を回してます。いやぁー相変わらずですねぇ、爺は。元気そうで何より(笑)


【データ】
KYLE RIABKO Close to You BACHARACH REIMAGINED
The Original London Cast Recording

CD:2016年7月1日リリース (配信は6月24日リリース)
レーベル:Entertainment 360 / Ghostlight Records (US)
番号:84497-02

Album Produced by Kyle Riabko
Musical Arrangements by Kyle Riabko
Album Exective Produced by David Lane Seltzer for Entertainment 360
The Band
  Kyle Riabko - Vocals, Guitars, Keyboards, Ukulele
  Daniel Bailen - Vocals, Electric Bass, Upright Bass, Cello, Guitar
  Greg Coulson - Vocals, Guitars, Keyboards
  Anastacia McCleskey - Vocals
  Stephanie McKeon - Vocals
  Renato Paris - Vocals, Keyboards
  James Williams - Percussion
Recorded at RAK Studios

« LIVE IN STUDIO/Gerry Gibbs Thrasher Dream Trio (2015年) | トップページ | TAKE IT FROM ME/Glenn Jones (1986年) »

カヴァーアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/64019889

この記事へのトラックバック一覧です: Close to You: BACHARACH REIMAGINED/The Original London Cast Recording (2016年):

« LIVE IN STUDIO/Gerry Gibbs Thrasher Dream Trio (2015年) | トップページ | TAKE IT FROM ME/Glenn Jones (1986年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック