« I'm Ready/Tevin Campbell (1993年) | トップページ | AUSTIN POWERS /O.S.T. (1997年) »

2016年9月21日 (水)

ONE DAY/Klymaxx (1994年)

米国の女性バンド、クライマックスが1994年にリリースしたアルバムです。バカラックの書き下ろし曲を2曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります。PC以外では上手くいかないかも^^;)
Img291aa Img291bb

全15トラック中、バカラック作品は2トラック

7. THIS DOESN'T FEEL LIKE LOVE ANYMORE (4:51)
15. ONCE BEFORE YOU GO (6:01)


米国の女性バンド、クライマックスが1994年にリリースしたアルバムです。

…と書いたものの、こんなバンド見たことも聞いたこともないので、Wikiやバンド公式サイトを見てお勉強。クライマックスは、1981年にデビューした女性ポップ/R&Bバンド。デビュー当時は6人組でした。「 The Men All Pause 」 ('84/11 R&B5位)、「 Meeting In the Ladies Room 」 ('85/3 R&B4位)、「 I Miss You 」 ('85/7 全米5位、'86年の年間3位)、「 Good Love 」 ('90/4 R&B4位) などのヒット曲があるようです。

1987年以降、リーダーだったバーナデット・クーパーやジョイス・アービーなど一部メンバーのソロ活動が忙しくなり、1989年からは3人でバンド活動を継続。1994年になって、ジョイス・アービーの復帰とテリ・リン・キャリントンの新加入により5人で本アルバムをレコーディングしました。

Img292eメンバーは、写真の左から、Joyce Irby (ジョイス・アービー)、Robbin Grider (ロビン・グライダー)、Lorena Hardimon (ロレーナ・ハーディモン)/別名 Lorena Shelby (ロレーナ・シェルビー)、Terri Lyne Carrington (テリ・リン・キャリントン)、Cheryl Cooley (シェリル・クーリー)。

収録曲はR&B/ヒップポップが主体。私はR&B/ヒップポップ系は苦手なもんですから、曲の出来はわかりません^^;。一方、4曲あるバラード曲のなかでは、ベイビーフェイス作のT-3. 「 ALL I THINK ABOUT IS YOU 」 が頭一つ抜きん出てます。流れるようなメロディはサスガです。

バカラックが提供した2曲はどちらもバラード。
T-7. 「 THIS DOESN'T FEEL LIKE LOVE ANYMORE 」 はバカラック&セイガーとジョイス・アービーの3人による共作曲で、この3人がプロデュースも務めています。♩=84~88というミディアム~スローなテンポ。どこかで盛り上がることもなく淡々とした地味な曲です。でも、ちょっと取っつきにくいけれどどこか心に引っかかるメロディ、意表を突くコード進行、Aメロは8小節だけどBメロは5小節でサビは7小節といった具合に変則的な小節数、それに複雑な構成…、バカラックらしさは十分感じられます。

T-15. 「 ONCE BEFORE YOU GO 」 もバカラック&セイガーとジョイス・アービーの3人による共作曲。ただし、こちらはジョイス・アービーひとりによるプロデュース。ピアノだけの1分を超えるイントロにまず惹かれます。弱起でメロディが始まるところは 「 愛のハーモニー 」 を思わせますが、そこはご愛敬。ピアノを中心にアコギ・エレピ・シンセストリングスが控えめに鳴るなか、マイケル・ジャクソンの声を思わせる女性ヴォーカルがしっとりした歌唱を聴かせます。バカラックのプロデュースだったらこんなブルージーな感じにはならないでしょうね。もう少しゴージャスなアレンジで誰かカヴァーしないかなぁ。

疑問がひとつ…。バカラックとセイガーのコンビは1991年に解消しています。これら2曲は、それまでに作り貯めたストックの中から選んだのかしらん? そうだとしたら、T-7. のプロデュースにセイガーのクレジットがあるのは何故?? 本当にバカラックとセイガーが一緒に仕事したのか?? 気になる~(>_<)

ともあれ、2曲とも掘り出し物でした。ジャケ写もショボいし、正直アマゾンでポチッとするのためらったんです^^;。iTunesでは見当たらないし思い切ってポチッとしたのですが、CDを購入して本当に良かったと思っています(^^)。 ※ T-7. はYouTubeで視聴可能

Klymaxx_1_3Klymaxx_3_2ここからは余談です。
公式サイトによるとクライマックスは現在でも活動してる模様。メンバーは6人で、オリジナル・メンバーはシェリル・クーリーだけ(左の写真:左から3人目)。

右の写真は、2015年10月のライヴ演奏シーン。サイトのフォトギャラリーからパクりました。迫力ありますなー。

公式サイトを見ててオヤッと思ったのが、ディスコグラフィーに本アルバムが載っていなかったこと。本アルバムは、クライマックスが在籍していたMCAからではなく、ジョイス・アービーが当時ソロ活動をしていたレーベル 863 EP Wrekudz からリリースされました。ソングライティングやプロデュースもジョイス・アービー主導ですし、シェリル・クーリーはクライマックスのアルバムだとは認めてないのかもしれません…。


【データ】
『 ONE DAY 』
Klymaxx

CD:1994年5月リリース
レーベル:863 EP Wrekudz/Diva One Entertainment
番号:DV 9402-2

Produced by Joyce Irby (All Tracks), Chris Berry (T-2,9.), William Burke (T-2,5,6,9.), Israel Embry (T-4.), David Lindsay (T-6.), Burt Bacharach (T-7.), Carole Bayer Sager (T-7.), Dallas Austin (T-8.10.), Kenneth Wright (T-9,13.), Debra Killings (T-9.)
Executive Producer: Indiana Joan
Members of Klymaxx:
  Joyce Irby - Bass, Lead Vocals
  Robbin Grider - Keyboards, Vocals
  Lorena Hardimon/別名 Lorena Shelby - Lead Vocals
  Terri Lyne Carrington - Drums, Vocals
  Cheryl Cooley - Guitar, Vocals
T-7. 「 THIS DOESN'T FEEL LIKE LOVE ANYMORE 」
  Written by Burt Bacharach, Carole Bayer Sager and Joyce Irby
T-15. 「 ONCE BEFORE YOU GO 」
  Written by Burt Bacharach, Carole Bayer Sager and Joyce Irby

« I'm Ready/Tevin Campbell (1993年) | トップページ | AUSTIN POWERS /O.S.T. (1997年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/64216680

この記事へのトラックバック一覧です: ONE DAY/Klymaxx (1994年):

« I'm Ready/Tevin Campbell (1993年) | トップページ | AUSTIN POWERS /O.S.T. (1997年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック