« ALL ABOUT LOVE/Johnny Mathis (1996年) | トップページ | DIONNE SINGS DIONNE/Dionne Warwick (1998年) »

2016年10月16日 (日)

Songs of Bacharach and Manzanero/Gabriel Espinosa (2016年)

メキシコの男性ジャズ・ベーシスト、ガブリエル・エスピノサが2016年にリリースしたバカラック&マンサネーロ集です!

(画像は全てクリックすると大きくなります。PC以外では上手くいかないかも^^;)
Img298aa Img298bb

全10トラック中、バカラック作品は5トラック

1. ADORO
2. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU
3. COMO YO TE AME
4. THE LOOK OF LOVE
5. ESTA TARDE VI LLOVER
6. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE
7. SOMOS NOVIOS
8. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD
9. CUANDO ESTOY CONTIGO
10. ALFIE

収録時間約51分


メキシコの男性ジャズ・ベーシスト、ガブリエル・エスピノサが2016年にリリースしたバカラック&マンサネーロ集です! 今月リリースされたばかりの新譜でございます。

ガブリエル・エスピノサは、1952年メキシコ南部ユカタン州の州都メリダ生まれ。6歳でギターを始め、米アイオワ州のセントラル大学やボストンのバークリー音楽院でジャズを学び、現在は米国東海岸のジャズ・フィールドで活躍するベーシストなんだそうです。(彼の公式サイト他より)

わたくし、AmazonでCDジャケットを見た時に “ クラシックの指揮者で、中身はオーケストラ演奏物だろう ” と勝手に思い込んでしまったんですねー。届いたCDケースを裏返したら “ あれっ? ジャズなの? ” …人は見た目で判断しちゃいけませんねぇcoldsweats01

‟ マンサネーロ ” とは、 Armando Manzanero (アルマンド・マンサネーロ) というメキシコの作曲家のこと。マンサネーロは1935年生まれでしかもメリダ出身ということなので、エスピノサにとって同郷の先輩になるワケですね。

─  60年代半ばからバカラックとマンサネーロの音楽を聴いてきたんだ。ちょうどメキシコのユカタン州メリダで兄弟や友人とバンドを始めた頃さ。バンドではボサノヴァの他にビートルズなんかも演奏してたなぁ。
ジャズに目覚めたのもその頃でね。バカラックとマンサネーロの曲を聴いて曲作りのアプローチに魅了されものさ。60年代後半、偉大な二人は有名なだけじゃなく音楽シーンでリスペクトされる存在だったんだ。二人とも洗練されハーモニーを持ちメロディは美しく記憶に残る。バカラックの曲にはハル・デイヴィッドの素晴らしい歌詞もあったしね。90年代半ばにはマンサネーロと仕事をする機会を得て、二枚のアルバムのプロデュースを手伝ったよ。
二人の曲だけを取り上げたヴォーカル入りアルバムを作りたいとずっと思ってきたんだ。多くの作品のなかから各々5曲ずつ選ぶ作業は簡単じゃなかったけどね。ジャズ・シンガーのティアニー・サットンにバカラックの5曲を歌ってもらえたのは嬉しかった。ティアニーはバカラックの曲に素敵な彩りを施してくれた。彼女の美しいメロディーに対するアプローチは素晴らしいょ。
今回のプロジェクトは、二つの文化の統合とコラボレーションでもあるんだ。音楽でアメリカはきっとひとつになれる。曲に対する様々なアプローチに触れることで、二つの文化の類似性も共有できると思うんだ。我々がレコーディングを楽しんだように、皆さんもこのCDを楽しんで欲しいな。  ─
  (CDライナーに書かれていたエスピノサのコメント。私の超意訳で^^;)

本アルバムをエスピノサが作りたかった理由がよくわかります。殊に、二つの文化…のくだりは 「 米国とメキシコの国境に壁を造る 」 とほざく どこぞの大統領候補に聞かせてやりたい!

Ts8_11c_3 アルバム全10曲中、バカラック・カヴァーはちょうど半分の5曲。1963年生まれの女性ジャズ・シンガー、ティアニー・サットン(左)がその5曲全てでヴォーカルを担当しています。

T-2. 「 遥かなる影 」 は、最初はまったりするものの、1分過ぎから♩≒80(実際は倍テンポになります)のモントゥーノのリズムが展開される軽快なナンバー。バックはピアノ、ドラムス、Eベースにフルートが入ったカルテット編成。ティアニーは軽めに歌っていて、これがアレンジにマッチしています。間奏のフルートもいい感じ。終止形でスパッと曲が終わるのも潔く好きです。本アルバムのバカラック・カヴァーのなかで一番のお気に入りです。

T-4. 「 恋のおもかげ 」 は♩≒130のボサノヴァ・アレンジ。バックはフェンダー・ローズ、ドラムス、Eベースにトランペットが加わったカルテット編成。まぁこの曲ではわりとよくあるパターンかも。とりたててどうということないカヴァーです。

T-6. 「 世界は愛を求めている 」 はピアノ・トリオ編成をバックにティアニーがしっとり歌うカヴァー。ティアニーの歌唱は上手いんですが、なんとなく歌ってる感じ。この歌のメッセージが伝わってこないんですね。なぜだろう?

T-8. 「 雨にぬれても 」 とT-10. 「 アルフィー 」 は、ゆったりとしたテンポのシンプルな4ビートアレンジ。バックはピアノ・トリオ+ハーモニカ。ティアニーの歌よりもハーモニカのほうが印象に残るカヴァーです、2曲とも。なお、T-8. ではエスピノサがベース演奏しています。

マンサネーロ・カヴァーの5曲は、全てエスピノサ自身がヴォーカルを担当。お世辞にもうまいとは言えないのですが、なんて言うんでしょう、聴いていてとても気持ちが伝わってくるんですね。歌っている喜びというかなんというか。バカラック・カヴァーも、1曲でいいからエスピノサのヴォーカルで聴きたかったです。


【データ】
『 Songs of Bacharach and Manzanero 』
Gabriel Espinosa

CD:2016年10月7日リリース
レーベル:ZOHO Music (US)
番号:ZM201613

Produced and arranged by Gabriel Espinosa
  Gabriel Espinosa - Vocals (T-1,3,5,7,9.)
  Tierney Sutton - vocals (T-2,4,6,8,10.)
  Misha Tsiganov - piano, fender rhodes
  Mauricio Zottarelli - drums, percussion
  Jim Seeley - trumpet, flugelhorn (T-4,7.)
  Hendrik Meurkens - harmonica (T-3,5,8,10.)
  Gustavo Amarante - electric bass (T-2,3,4,7.)
  Joe Martin - acoustic bass (T-5,6,10.)
  Gabriel Espinosa - electric bass (T-1,8,9.)
  Rubens De La Corte - acoustic guitar (T-7,9.)
  Itai Kriss - flute (T-2.)
  Jonathan Gomez - bongos (T-5,9.)
Recorded and mixed at Acoustic Recording, Brooklyn, NY, December 2015, January and March 2016 by Michael Brorby

« ALL ABOUT LOVE/Johnny Mathis (1996年) | トップページ | DIONNE SINGS DIONNE/Dionne Warwick (1998年) »

カヴァーアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/64325237

この記事へのトラックバック一覧です: Songs of Bacharach and Manzanero/Gabriel Espinosa (2016年):

« ALL ABOUT LOVE/Johnny Mathis (1996年) | トップページ | DIONNE SINGS DIONNE/Dionne Warwick (1998年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック