« POP Deluxe/Mari Wilson (2016年) | トップページ | サード・バカラ君?? »

2016年11月13日 (日)

AN EVENING WITH DIONNE WARWICK/Dionne Warwick (2004年)

ディオンヌ・ワーウィックが2004年にリリースしたライヴ録音アルバムです。バカラック作品を多数収録!

Img307aa Img308bb

全17トラック中、バカラック作品は14トラック

1. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU
2. DON'T MAKE ME OVER
3. WALK ON BY
4. ANYONE WHO HAD A HEART
5. YOU'LL NEVER GET TO HEAVEN (IF YOU BREAK MY HEART)
6. A HOUSE IS NOT A HOME
7. I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN
8. MESSAGE TO MICHAEL
9. THIS GIRL'S IN LOVE WITH YOU
10. I SAY A LITTLE PRAYER ~ featuring David Elliott ~
11. ALFIE
12. HEARTBREAKER
13. CORCOVADO / WATERS OF MARCH / AQUARELA DO BRAZIL

14. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE
15. I'LL NEVER LOVE THIS WAY AGAIN
16. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE
17. THAT'S WHAT FRIENDS ARE FOR ~ featuring David Elliott ~

収録時間約64分


ディオンヌ・ワーウィックが2003年のシラキュース・ジャズ・フェスティヴァルに出演した際のライヴ録音アルバムです。

2003_poster2003_artistsこのジャズ・フェスはニューヨークで1983年から開催されているもの。今年(2016年)第34回を迎えたそうです。

2003年は6月20~22日に開催。当該フェスの公式サイトにポスターと出演者リストがありましたので、ちょいとコピペさせていただきました。この年は、ナンシー・ウィルソン、チャカ・カーン、ディオンヌという3人が目玉だったようですね。リストの中には、ランディ・ブレッカーやジョン・ピザレリの名前もあります。

全17トラックは全て拍手で繋がる形で編集されています。ま、実際にメドレー形式で繋げて歌った曲もありますが。

そのうち14トラック(=14曲)がバカラック作品。自分のファン以外の聴衆が大勢いるジャズ・フェスということもあってか、耳馴染みのある昔のアレンジで歌っています。例外は3曲。ヒップポップ系アレンジのT-10. 「 小さな願い 」 とサルサ仕立てのT-14. 「 サン・ホセへの道 」 は、1998年リリースの 『 DIONNE SINGS DIONNE 』 バージョン。6/8のR&B調アレンジのT-1. 「 遥かなる影 」 は、2000年リリースの 『 DIONNE SINGS DIONNE Ⅱ 』 からのもの。3曲とも聴衆の反応は上々です。

高音域はかなり苦しく、音程も不安定。メロディのフェイクもちょっと辛い。でも、“ ディオンヌ頑張れ!” と心の中で声援を送りたくなる。前述した2枚のスタジオ録音盤の紹介記事では “ プロとしてこれは如何なものか… ” なんて言ってたのにね、自分(笑)。ライヴの雰囲気はやっぱりスタジオ録音とは違いますね~。

次男のデーモン・エリオットが2曲(T-10,17.)でデュエットしていますが、なかなかのパフォーマンスです。ディオンヌはどんな表情して歌ってるんだろう? などと思っちゃうワケで、やはりライヴは映像で観たいなぁと思った次第。

そしたら、ライナーに ‟ DVD版もある ” との記述が! アマゾンで検索するも見当たらず…。英国の Amazon で探したらありました。本アルバムと同じジャケ写のトールケース入り。曲目リストはCDと全く同じなのですが、収録時間は倍近い125分! 歌以外にMCなども収録してるのでしょう。ただしこのDVD、リージョン・フリーなのですが放送規格がPAL方式なのでNTSC方式の日本では視聴不可。だから日本のアマゾンでは取り扱ってないのかぁ~。


【データ】
『 AN EVENING WITH DIONNE WARWICK live in concert featuring the Bacharach & David songbook
Dionne Warwick

CD:2004年2月9日リリース
レーベル:Metro / Union Square Music (UK)
番号:METRCD124

ライナーにクレジット等の記載はありませんでした。
ライヴの場所について以下記述があるのみです。
… from her live show at 2003's Syracuse jazz festival captured here in full.

« POP Deluxe/Mari Wilson (2016年) | トップページ | サード・バカラ君?? »

ディオンヌ・ワーウィックのアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/64431731

この記事へのトラックバック一覧です: AN EVENING WITH DIONNE WARWICK/Dionne Warwick (2004年):

« POP Deluxe/Mari Wilson (2016年) | トップページ | サード・バカラ君?? »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック