« THE VOICE IN ME/Joana Zimmer (2006年) | トップページ | Music of Burt Bacharach/Warren Wills (2010年) »

2017年1月18日 (水)

THE BACHARACH & DAVID SONGBOOK/Sheila Southern (1969年)

英国の女性シンガー、シェイラ・サザーンが1969年にリリースしたバカラック・カヴァー集です。

R491989913794376871128jpeg
Original LP front cover

Img_2660aa Img_2661bb
所有LPのジャケット表/ジャケット裏

A-1. HERE I AM
A-2. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE
A-3. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE
A-4. YOU'LL NEVER GET TO HEAVEN (IF YOU BREAK MY HEART)
A-5. I JUST DON'T KNOW WHAT TO DO WITH MYSELF
A-6. WIVES AND LOVERS
B-1. WALK ON BY
B-2. A HOUSE IS NOT A HOME
B-3. ALFIE
B-4. THE LOOK OF LOVE
B-5. TRAINS AND BOATS AND PLANES
B-6. THIS GIRL'S IN LOVE WITH YOU

収録時間約35分


英国の女性シンガー、シェイラ・サザーンが1969年にリリースしたバカラック・カヴァー集です。

シェイラ・サザーンは、イングランド最北(スコットランドとの境界)のノーサンバーランド州生まれ。1958年~1975年にかけて英国のTV(音楽番組やコメディ番組)への出演歴があり、1962~1963年には自身名義のシングルを2枚リリース。…ネットで検索してもこの程度の情報しか得られませんでした。所有LPのジャケット裏には、 ─  彼女の録音は地元イングランドでよく売れ、BBCやITAネットワークのエンタメ・ショーのレギュラーでもある ─ とか書かれているのですが^^;。

本アルバムは、1969年に英国 Marble Arch からリリース。Marble Arch は英パイ・レコードの子会社で、廉価盤専門のレーベルだったみたいです。CD化はされておらず、私が所有しているLPは1970年に Ambassador からリリースされた米国盤。先々月(2016年11月)、ハイファイ・レコード・ストアさんで購入したばかりです。

─  最高にスリリングなバカラック・カヴァーが。 / おしとやかそうなジャケからは想像もつかない最高にスリリングなバカラック・カヴァーを隠し持つUKフィメール・ヴォーカルの逸品です! 超高速でブラシが走る 「 DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE 」 か、マイク・サムズ・シンガーズをフィーチャリングしたワルツな 「 WIVES AND LOVERS 」 か…。しっとりとした表現力、英国録音ならではのクリアなアレンジ、ともに◎。 ─

ストアのサイトに載っていたこのLPの紹介文を読んで、ついポチッとしてしまいました。アナログ・レコード・プレイヤーなんて持ってないのにshock。…12月に入ってAmazonで安いプレイヤーを購入。やっと聴くことができましたcoldsweats01

収録曲は、A-1. 「 ヒア・アイ・アム 」 を除いてバカラック&デイヴィッドの定番曲ばかり。まぁ順当な12曲といえます。

シェイラの歌唱自体は正直 “ 可もなく不可もなく ” といった感じなのですが、アレンジがなかなか良くって。全編を通して、オリジナルやヒットした曲のヴァージョンとは一線を画す独自のアレンジが施されているんです。共通するのは、①ふんわりと包み込むドリーミーなストリングス、②随所にみられるオリジナリティあるオブリガート(対旋律)。

なかでも印象に残った曲は…

A-1. 「 ヒア・アイ・アム 」 : ストリングスとハープをバックに、超スロー・テンポで “ Here I am, here I'll stay ” と歌う冒頭の30秒間。この部分を聴いて、私は本アルバムのドリーミーな世界に一気に引き込まれました。

A-3. 「 サン・ホセへの道 」 : サイトの紹介文で言及されている超高速のブラシ・ワークに加えて、8分音符が駆け足で昇降するウッド・ベース、大活躍するホルンとトロンボーンと鐘の音がとってもユニークで新鮮です。

B-6. 「 ディス・ガール 」 : 曲の前半はナント8分の6拍子にアレンジ。これがまたドリーミーで魅力的なんです。中盤からはスウィングのリズムで盛り上がり、最後はまた8分の6拍子になってエンディング。実に新鮮です。

ただ、所有LPはコンディションがイマイチで、ウチのプレイヤーも安物だし音質的には 「 う~ん 」 な感じ。CDリイシューして欲しいところですが、廉価盤レーベルだし無理かもしれませんねー。でもでも、世の中には奇特な人がいらっしゃいまして、本アルバムのうち数曲はYouTubeにアップされています。オススメの3曲は見当たりませんでしたが、興味がありましたら是非 Sheila Southern で検索を!


【データ】
『 SHEILA SOUTHERN SINGS THE BACHARACH & DAVID SONGBOOK 』
Sheila Southern

注)所有LP(US盤)のタイトル
『 THE BURT BACHARACH SONGBOOK SUNG BY SHEILA SOUTHERN This Girl's in Love with You

LP:1969年リリース (所有LPは、1970年リリースのUS盤)
レーベル:Marble Arch Records (UK) (所有LPは、Ambassador (US) )
番号:MALS 1150 (所有LPは、S 98099)

Producers: Derek Boulton & Monty Presky
Arrangements: Derek Cox
Orchestra Conducted by Paul Fenoulhet with The Mike Sammes Singers
Recorded in England at Pye Studios

★ Amazonでの取り扱いは無し。

« THE VOICE IN ME/Joana Zimmer (2006年) | トップページ | Music of Burt Bacharach/Warren Wills (2010年) »

カヴァーアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/64732633

この記事へのトラックバック一覧です: THE BACHARACH & DAVID SONGBOOK/Sheila Southern (1969年):

« THE VOICE IN ME/Joana Zimmer (2006年) | トップページ | Music of Burt Bacharach/Warren Wills (2010年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック