« PROMISES, PROMISES/The New Broadway Cast Recording (2010年) | トップページ | FEELS SO GOOD/Dionne Warwick (2014年) »

2017年1月 4日 (水)

WE NEED TO GO BACK/Dionne Warwick (2013年)

ディオンヌ・ワーウィックのワーナー時代の未発表曲を集めたアルバムです。バカラック作品を3曲収録!

Img322aa Img322bb

全19トラック中、バカラック作品は3トラック

8. AND THEN YOU KNOW WHAT HE DID (4:07)
9. PLASTIC CITY (3:44)
10. AND THEN HE WALKED RIGHT THROUGH THE DOOR (3:18)


ディオンヌ・ワーウィックがワーナーに在籍していたのは1972年~1978年。そのワーナー時代の未発表曲を集めたアルバムです。2013年にリリースされました。

ワーナーでの1枚目のアルバム 『 DIONNE 』 (1972年1月リリース) を最後に、アリスタ6作目の 『 FINDER OF LOST LOVES 』 (1985年1月リリース) でバカラックとのコンビが復活するまでディオンヌはバカラックの新曲をレコーディングしていない。…というのが世の中の常識でしたが、本アルバムによりその常識は覆ることとなりました。

CDのライナーにその辺りの経緯が書いてありました。該当する部分を引用して紹介します。私の意訳はかなり怪しい(特に後半)ですが、大目に見てくださいませ。

─  1974年のディオンヌとバート・バカラックのリユニオンに関しては、曖昧さが残っている。ディオンヌ自身、ワーナー時代の録音については確信が持てていない。彼女は言う。「 30年以上前のレコーディングを思い出せだなんて、至難の業よ 」。 当時ふたりは訴訟中だった。にもかかわらず短時間のリユニオンが実現した。結果、フィル・ラーモンが録音エンジニアを務めるハリウッドのA&Mスタジオで、6月7-8日の2日間だけという制約のなか3曲がレコーディングされた。その頃バカラックはボビー・ラッセル(「 LITTLE GREEN APPLES 」 の作者)とのコラボで8曲を共作していた。そのうち、ボビー・ヴィントンの 「 CHARLIE 」 と、バカラックもセルフ・カヴァーしているトム・ジョーンズの 「 US 」 の2曲は既に録音&リリースされていた。今回のコンピレーションでは、さらに2曲のバカラック - ラッセル作品 「 AND THEN YOU KNOW WHAT HE DID 」 「 PLASTIC CITY 」 が日の目を見るわけである。3つめのバカラック - ワーウィックのリユニオン曲 「 AND THEN HE WALKED RIGHT THROUGH THE DOOR 」 は、脚本家で作詞家であるニール・サイモンとのコラボ曲。バカラックとデイヴィッドがスコアを書いたミュージカル 『 プロミセス・プロミセス 』 の未公開フィルム・ヴァージョンのために書かれたものだった。これら3曲はバカラックらしく複雑で創意に富む曲である。しかし聴いているとほろ苦い気分になる。永く続いていたバカラック - デイヴィッド - ワーウィックの協力関係がもう終わっていたという喪失感に包まれるのである。 Paul Howes - June, 2013  ─

バカラックの自伝のなかに、1974年にディオンヌと3曲レコーディングした…なんて話は出てきません。ディオンヌのコメントも、思い出せないというよりは、何か話したくない事があるのかな? という風に感じられます…。

ともあれ、貴重な音源が発掘されたことに変わりはありません。

T-8. 「 AND THEN YOU KNOW WHAT HE DID 」 : ドラムレスでアコギだけをバックに歌う導入部だけはゆったりしたテンポ。すぐ♩≒138の軽快な8ビートになりますが、そのあともリズムや表情が何度も変わるドラマチックな曲。バカラック得意の変拍子こそありませんが、メロディラインや曲の構造も本当に複雑。それを難なく歌うディオンヌはやっぱりすごいです。

T-9. 「 PLASTIC CITY 」 : ♩≒128の8ビートの曲。バカラックにしては珍しくコードがあまり動きません。独特な動きをするメロディはバカラックらしいですが、同じモチーフを繰り返す点はそれほどバカラックらしくありません。微妙に変拍子もあるし、変な曲には違いないのですが(笑)。

T-10. 「 AND THEN HE WALKED RIGHT THROUGH THE DOOR 」 : ♩≒124の8ビート曲。ミュージカル 『 プロミセス・プロミセス 』 のような元気で明るい感じではなく、優しいけれど物悲しい雰囲気。どちらかというと映画 『 失われた地平線 』 あたりの曲調・曲想に近いです。CDライナーに書かれていた 『 プロミセス・プロミセス 』 の未公開フィルム・ヴァージョンって、いったい何でしょうね。 映画化とかの話が 『 失われた地平線 』 の頃にあったのかもしれません。とっても気になります。


【データ】
『 WE NEED TO GO BACK: THE UNISSUED WARNER BROS. MASTERS
Dionne Warwick

CD:2013年7月30日リリース
レーベル:Warner Bros.  Real Gone Music/Rhino (US)
番号:RGM-0170/OPCD-8778

Original recordings produced by Holland-Dozier-Holland (T-1,2.), Ashford & Simpson (T-3,4.), Randy Edelman (T-5~7.), Burt Bacharach (T-8~10.), Jerry Ragovoy (T-11.), Thom Bell (T-12,13.), Joe Porter (T-14~18.), Steve Barri & Michael Omartian (T-19.)
Compilation Producer: Jim Pierson
Executive Producer: Gordon Anderson
All masters ℗2013 Warner Bros. Records Inc.

Written by Burt Bacharach & Bobby Russell (T-8,9.)
Written by Burt Bacharach & Neil Simon (T-10.)

« PROMISES, PROMISES/The New Broadway Cast Recording (2010年) | トップページ | FEELS SO GOOD/Dionne Warwick (2014年) »

ディオンヌ・ワーウィックのアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/64685751

この記事へのトラックバック一覧です: WE NEED TO GO BACK/Dionne Warwick (2013年):

« PROMISES, PROMISES/The New Broadway Cast Recording (2010年) | トップページ | FEELS SO GOOD/Dionne Warwick (2014年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック