« 森のバート・バカラック/Super Natural (2012年) | トップページ | Po/O.S.T. (2017年) »

2017年2月12日 (日)

THE LOOK OF LOVE/Patrick Saussois & Rhoda Scott (2010年)

ギターとハモンドオルガンが主役のバカラック・カヴァー集です。2010年の作品です。

Img344aa Img344bb

1. THE LOOK OF LOVE
2. ALFIE
3. WALK ON BY
4. WIVES AND LOVERS
5. DON'T MAKE ME OVER
6. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD
7. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YO
8. I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN
9. THIS GIRL'S IN LOVE WITH YOU
10. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE
11. A HOUSE IS NOT A HOME
12. DON'T GO BREAKING MY HEART

収録時間約57分


ギターとハモンドオルガンが主役のバカラック・カヴァー集です。

ギターのパトリック・ソーソワは1954年フランス生まれ。ジプシーの伝統音楽とスウィング・ジャズを融合させた “ ジプシー・ジャズ ” のギタリストだそうです。1988年には自身のレーベルDJAZを立ち上げ、以後2012年に亡くなるまでコンスタントにアルバムをリリース。本アルバムが遺作となりました。

ハモンドオルガンのローダ・スコットは1938年ニュージャージー州生まれ。7歳のときに父親の教会でオルガンに触れたのが原点。1967年にフランス移住後はフランスを拠点に活動、ジャズのアルバムを多数リリースしています。

Img_2689ddd本アルバムは、この二人にドラムスが加わったトリオによる演奏。三面鏡スタイルのジャケットを開いた左側の方がドラムスの Lucien Dobat です。

ジャケットを開いた真ん中に写ってるのがハモンドオルガンと 「 THE LOOK OF LOVE 」 のコード進行を書いた紙。楽譜ならぬコード譜とでも言うのかしらん。こんなのがあるんですね~、知らんかった。右側は Jean-Michel Proust という方が書いたライナーノーツなんですが、フランス語なのでスルー。誰か日本語に訳して教えてくださいm(__)m。

二人がチョイスしたのはバカラック&デイヴィッド作品ばかり12曲。原曲のリズム・テンポを基本に、1コーラス目はそのままメロディを、2コーラス目からはメロディを崩したりアドリブを入れた演奏となってます。ただ、そのアドリブはゴリゴリではなく全体的にユルい感じ。ですので構えずに聴くことができます。個人的な好みで言えばちょっと物足りないですかね。その中で、T-10. 「 世界は愛を求めている 」 だけはユニーク。原曲が3拍子のこの曲を4拍子にした上で、ハイスピードのスウィングで演奏。もうハモンドオルガンがノリノリで、聴いてて楽しいです。

それにしても、ハモンドオルガンの音色は独特の揺らぎがあっていいですね~。特にメロディをブロック奏法(和音)で弾くところなんか、ハモンドオルガンらしさが堪能できます。エレクトーンなど一般の電子オルガンと同様、右手(上鍵盤)でメロディ、左手(下鍵盤)で伴奏、左足(ペダル鍵盤)でベースを弾く楽器なのですが、ペダル鍵盤のふわっと柔らかい音色がウッドベースやエレキベースなどと違ってこれまた独特なんですよねー。奏者は大変でしょうけど。ギターがリードをやってる時はハモンドオルガンの右手はお休みで左手も適当に弾いてりゃいいのですが、左足だけは休まずベースの役割をこなさなくちゃいけないですから。前述した 「 世界は愛を求めている 」 なんて、♩≒240のテンポで4分音符のベースを延々弾いてましたからね。1分間に240回 ⇒ 1秒間に4回もですよ。左足が痙攣しないんでしょうか。


R476626113748390822822jpeg ここからはオマケです。MP3でしか所有していないカヴァーをご紹介。
ハモンドオルガンのローダ・スコットは、1970年リリースのアルバム 『 A L'Orgue Hammond Vol.2 』 で 「 WANTING THINGS 」 (3:01) をカヴァーしています。このアルバムは、ヘアー、マイ・フェア・レディ、ファニー・ガールなどといった人気ミュージカルから1曲ずつ計9曲が選曲されていました。「 WANTING THINGS 」 はバカラックが音楽を担当した 『 プロミセス・プロミセス 』 からの曲。彼女のハモンドオルガンとドラムスによる演奏で、最初は♩≒130程度だったのが徐々に速くなり♩≒200くらいまでテンポアップ。途中でパッと♩≒160までクールダウンしてから最後は逆にスローダウンしてエンディングになるという、躍動感ある演奏です。
尚、このアルバムは2007年にCDリイシューされているのですが、アルバム・タイトルが 『 Hello Dolly 』 に変更されています。紛らわしいなぁ。


【データ】
『 THE LOOK OF LOVE (A Tribute to Burt Bacharach)
Patrick Saussois & Rhoda Scott

CD:2010年2月19日リリース
レーベル:DJAZ DISTRIB (FR)
番号:DJ577-2

Patrick Saussois - guitar
Rhoda Scott - organ
Lucien Dobat - drums
録音日: 2009年3月1,2日

« 森のバート・バカラック/Super Natural (2012年) | トップページ | Po/O.S.T. (2017年) »

カヴァーアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/64823445

この記事へのトラックバック一覧です: THE LOOK OF LOVE/Patrick Saussois & Rhoda Scott (2010年):

« 森のバート・バカラック/Super Natural (2012年) | トップページ | Po/O.S.T. (2017年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック