« BORN FREE/LOVE, ANDY/Andy Williams (1967年) | トップページ | Golden Hits (VolumeⅡ)/Roger Williams (1970年) »

2017年4月19日 (水)

ARTHUR/O.S.T. (2011年)

米映画 『 アーサー 』 2011年リメイク版のサントラです。バカラック・カヴァーを1曲収録!

Img353aa Img353bb

全10トラック中、バカラック作品は1トラック

10. ARTHUR'S THEME (BEST THAT YOU CAN DO)  ( 3:47 ) ~ Fitz and The Tantrums ~


Img363ss 米映画 『 アーサー 』 2011年リメイク版のサントラです。オリジナルは1981年でしたから、30年経ったんだ。

日本では劇場未公開。Amazonビデオのレンタルにあったので観ようかなと思ったのですが、まぁたぶん(いや、絶対)途中で寝るだろうと…結局レンタルしませんでした。というワケで、映画についてはノーコメントですm(__)m

サントラ収録曲は10曲。うち6曲は映画のための書き下ろしだそうで、総じてポップ/ロックなバンド・ミュージックです。アーティストはよく知らない方々ばかり。インディーズなのかしらん。面倒くさいので調べてません^^;。

んで、ラストがT-10. 「 ARTHUR'S THEME (BEST THAT YOU CAN DO) 」 。オリジナルの映画から使われたのはこの曲だけです。以下、アルバムのプロデューサーであるJason Winterのコメントを引用します。拙い訳でスミマセン。

─  過去の経験から、クラシックをリメイクするのは簡単じゃないことを私は知っています。 だからこそ、歓喜に満ちた 「 ARTHUR'S THEME (BEST THAT YOU CAN DO) 」 を演奏してくれたフィッツ・アンド・ザ・タントラムズにとても感謝しています。 オリジナルに敬意を表しつつも独自にモダンなひねりを加えているところが、私は好きです。 ─ (アルバムのライナーより)

Aboutpress1 フィッツ・アンド・ザ・タントラムズは、スタジオ・エンジニア&ミュージシャンだったマイケル・フィッツパトリック(リード・ヴォーカル)を中心に2008年にLAで結成されたポップ・バンド。フィッツに女性ヴォーカル+サックス&フルート+キーボード+ベース+ドラムス&パーカッションを加えた6人組。2010年にインディーズのDangerbird Recordsと契約して同年1枚目のアルバムをリリース。2013年にElektraへ移籍、メジャー・デビューしました。

テンポは♩≒92で、クリストファー・クロスのオリジナルよりかなり速め。ブロウするサックス、和音を刻むピアノ、動き回るベース、8ビートのドラムス、パワフルなヴォーカル。そしてサビでは4ビートのタテノリ。ここまでノリの良い 「 ARTHUR'S THEME 」 のカヴァーは他にはありません。好きかと言われると返答に困りますが、彼らの意欲は買います。少なくとも、サントラ収録他曲との相性はいいと思います。

サントラ用にレコーディングしたときはまだインディーズ時代。相当思い切った起用だったと思うのですが、アルバム・プロデューサーのコメントからすると見事期待に応えたんでしょうね。良かった良かった(^^)


【データ】
『 ARTHUR 』
O.S.T.

CD:2011年4月5日リリース
レーベル:WaterTower Music / SONY CLASSICAL
番号:88697903432

Soundtrack Album Producer: Jason Winer
Music Supervisors: Dave Jordan and Jojo Villanueva
T-10. 「 ARTHUR'S THEME (BEST THAT YOU CAN DO) 」
  Produced by Michael Fitzpatrick and James King
  Performed by Fitz and The Tantrums

« BORN FREE/LOVE, ANDY/Andy Williams (1967年) | トップページ | Golden Hits (VolumeⅡ)/Roger Williams (1970年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/65036431

この記事へのトラックバック一覧です: ARTHUR/O.S.T. (2011年):

« BORN FREE/LOVE, ANDY/Andy Williams (1967年) | トップページ | Golden Hits (VolumeⅡ)/Roger Williams (1970年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック