« The Connoisseur Songbook Series : Burt Bacharach/Hal David/V.A. (1988年) | トップページ | Burt Bacharach MASTERPIECE Vol.2/V.A. »

2017年6月14日 (水)

A Matter of Style/Russell Thompkins, Jr. (2002年)

スタイリスティックスのリードとして活躍したラッセル・トンプキンスJr.が2002年にリリースしたアルバムです。バカラック・カヴァーを2曲収録!

Img384aa Img384bb

全12トラック中、バカラック作品は2トラック

3. NOTHING IN THIS WORLD  (4:38)
10. THE APRIL FOOLS  (3:33)  ※

※ 本アルバムでの曲名表記: (APRIL FOOLS) TRUE LOVE HAS FOUND US


元スタイリスティックスのラッセル・トンプキンスJr.が2002年にリリースしたアルバムです。

ラッセル・トンプキンスJr.はスタイリスティックスのオリジナル・メンバー。5人組だったグループは1980年に2名脱退&1名新加入して4人組に、1985年にはその新加入メンバーも脱退して3人組となります。以前ご紹介したアルバム 『 LOVE TALK 』 (1991年)は3人組時代の作品です。ラッセル・トンプキンスJr.はグループのリード・シンガーをず~っと務めてきましたが2000年にグループを脱退。ソロで2002年にリリースしたのが本アルバムです。

彼のファルセット・ヴォイスは本アルバムでも健在! 1951年生まれですから本アルバムリリース時は50歳をちょっと超えたくらい。オヤッ、意外と若いじゃないですか。もっとお年を召されてるのかと思っていました…^^;。

アニタ・ベイカーのヒットで知られる T-1. 「 ノー・ワン・イン・ザ・ワールド 」 、ガーシュイン作のジャズ・スタンダード T-5. 「 エンブレイサブル・ユー 」 、スタイリスティックスのセルフ・カヴァー T-7. 「 PEOPLE MAKE THE WORLD GO ROUND (愛の世界) 」 などが収録された本アルバムは彼のセレクションによるカヴァー集の趣き。新曲もあるのかもしれませんが、私にはわかりません^^;。

んで、バカラック・カヴァーは2曲。T-3. 「 ナッシング・イン・ディス・ワールド 」 はエンゲルベルト・フンパーディンクがオリジナルで、2000年リリースのアルバム 『 At His Very Best 』 に収録されています。オリジナル同様スロー・バラード仕立てですが、リズムやバックが賑やかなのとバック・コーラスのお陰でゴージャス感があります。でも、トンプキンスのファルセット・ヴォイスは何となく軽い印象。フンパーディンク版のシンプルで渋い歌声のほうがこの曲には好ましく思いました。

もう1曲はT-10. 「 幸せはパリで(エイプリル・フール) 」 。こちらはシンプルなアレンジ。トンプキンスはメロディの一音一音を長く保って丁寧に歌っています。特徴的なのは、普通にオリジナルの歌詞を歌ったあとでサビ部の最後の歌詞を5回もリフレインしてる点。こんなのトンプキンス版だけです。だからでしょう、本アルバムではその5回リフレインする歌詞を曲名にしちゃってます。曲名を変えてしまうなんて!

オマケとして、バカラック作品ではありませんがバカラック~ディオンヌつながりでエピソードをひとつ。前述したT-1. 「 ノー・ワン・イン・ザ・ワールド 」 のオリジナルは実はディオンヌで1985年リリースの 『 FINDER OF LOST LOVES 』 に収録されているのですが、この曲についてトンプキンスは後年次のように語っています。 ─  多くの人はアニタ・ベイカーでこの曲を知ってるんだろうけど、僕はそれ以前からこの曲を歌ってたんだ。バカラックの曲といえばディオンヌだろ。僕はディオンヌのレコードを全て買っていてね。それでこの曲を知ったのさ。それからアニタ・ベイカーがこの歌で大ヒットを飛ばしたワケさ。ディオンヌの影響は、僕のバージョンにもあると思うょ。 ─  トンプキンスはバカラックの大ファンなんだそうで、こんなことも語っています。 ─  これからも、レコーディングする1枚1枚のアルバムには、少なくとも必ず1曲は “ バカラック・ソング ” をやるつもりなんだ。 ─


【データ】
『 A Matter of Style 』
Russell Thompkins, Jr.

CD:2002年9月24日リリース
レーベル:Forevermore Music & Records (US)
番号:FVR 4614-2

Produced by Christopher Biehler & Russell Thompkins Jr.
T-3. 「 NOTHING IN THIS WORLD 」
  Arrangement: C. Biehler & A. Calabrese
  Synth Programming & Keyboards: Andy Calabrese
  Background Vocal Arrangement: Russell Thompkins Jr. & C. Biehler
  Background Vocals: Russell Thompkins Jr., Grace Myers, Susan Trexler & Terri Gore
  Producer's dedication: to the person in each of our lives who we call "our best friend."
T-10. 「 (APRIL FOOLS) TRUE LOVE HAS FOUND US 」
  Arrangement: C. Biehler
  Synth Programming & Keyboards: Andy Calabrese
  Drums & Percussion: Steve Curry
  Background Vocals: Russell Thompkins Jr.

« The Connoisseur Songbook Series : Burt Bacharach/Hal David/V.A. (1988年) | トップページ | Burt Bacharach MASTERPIECE Vol.2/V.A. »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/65398563

この記事へのトラックバック一覧です: A Matter of Style/Russell Thompkins, Jr. (2002年):

« The Connoisseur Songbook Series : Burt Bacharach/Hal David/V.A. (1988年) | トップページ | Burt Bacharach MASTERPIECE Vol.2/V.A. »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック