« THE BELL THAT COULDN'T JINGLE/Paul Evans (1962年) | トップページ | NIGHT SHIFT/O.S.T. (1982年) - 2回目 »

2017年12月31日 (日)

Milo Pavlović Berlin Big Band/Milo Pavlović & Berlin Big Band (1984年)

ドイツのビッグバンドによる1984年のアルバムです。バカラック・カヴァーを1曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Imgp5294aaa Imgp5296ddd

全11トラック中、バカラック作品は1トラック

B3. THE BELL THAT COULDN'T JINGLE (2:07)


トランペッターのミロ・パブロビッチとベルリン・ビッグバンドによる1984年のアルバムです。

収録されてるバカラック・カヴァーはクリスマス・ソングの 「 ザ・ベル・ザット・クドゥント・ジングル 」 。本来であれば12月24日にアップした前回記事(この曲のオリジナル・バージョン&所有する全カヴァーをご紹介)よりも前に取り上げたかったのですが…。LPがオランダのお店から送られてきたのはクリスマスの後でした(>_<) まぁ、クリスマスが過ぎるとスパッと正月準備モードに切り替わる日本と違って欧米では年明けくらいまでクリスマスの余韻が残ってるみたいですからね。あまり気にせず紹介しちゃいますぅ。

ミロ・パブロビッチは、1930年ユーゴスラビア(現:セルビア)ベオグラード生まれのトランペット奏者。まずラジオ・ベオグラードのオーケストラで頭角を現します。1957年から西独ケルンWDR(*1)のクルト・エーデルハーゲン・オールスター・バンド、1968年からはベルリンのSFB(*2)ビッグ・バンドで活躍。1982年に自身のバンド “ ベルリン・ビッグバンド ” を立ち上げて、以降バンド・リーダー及びソリストとして活動したお方だそうです。 (裏ジャケのライナーを参考にしました)

(*1) WDR = Westdeutscher Rundfunk Köln = West German Broadcasting Cologn : 西ドイツ放送協会
(*2) SFB = Sender Freies Berlin = Radio Free Berlin : 自由ベルリン放送協会

Imgp5298www LPジャケットの中には二つ折りになったピンナップが入ってました(画像参照、サイズはH300mm x W600mm)。裏ジャケの写真から察するに、真ん中左に仁王立ちしてるのがミロ・パブロビッチさんでしょうね。
それにしても、コレを部屋に飾る人いる? 飾るんだったら演奏してる場面の方がいいなぁ~。

アルバムA面5曲はスタンダード曲中心、B面6曲はクリスマス向けという選曲。ホリデーシーズンにリリースされたのでしょう。バカラック・カヴァーの 「 ザ・ベル・ザット・クドゥント・ジングル 」 はB面の3曲目に収録されています。イントロはAメロ~A'メロ間のつなぎ部分のコード進行を流用したもの(*3)で、他のカヴァーではみられないアレンジです。本編のメロディは一部を除いてトランペットが演奏しているのですが、ワウワウミュートを用いたと思われる音色はなかなかユニーク(好き嫌いはあるでしょうけど)。リズム&テンポともに軽快で金管やサックスの音にもキレがあり、この曲本来の良さを損なわないアレンジ&演奏だと思います。

(*3) 曲のキーがCメジャー(ハ長調)の場合で、C - Am - CM7 - Am

それにしても、1969年のアニタ・カー・シンガーズ以降カヴァーがなかったこの曲をミロ・パブロビッチはよく発掘したなと。同じトランペット奏者であるハーブ・アルパートの 『 Christmas Album 』 を聴いてどうしても演奏したかったのか? 2年後の1986年にオランダのリタ・ライスがこの曲をカヴァーしたのは本作がきっかけだったのか? …などなど、とても興味深いです。

Imgp5315ccc アルバム全体の印象は、派手さはないけどアレンジも含めてマナーの良いビッグ・バンドだなぁ…というもの。BGMとして安心して聴けます。レコメンドはB4. 「 ETUDE OPUS NR. 10/3 ("E"-Dur) 」 。あのショパンのエチュード第3番作品10-3 「 別れの曲 」 を♩≒92の16ビートにアレンジ。シブくてカッコイイです(メロディを吹くトランペットがイマイチでそれがチト残念…)。

ちなみに、Berlin Big Band でネット検索すると同名バンドのサイトが出てきます。ちゃんと活動してるようなのですが、本作と同じバンドなのかは判断付かず…。どなたかご存知の方いらっしゃいましたらコメントお願いいたしますぅ。

それでは、良いお年を~paper


【データ】
『 Milo Pavlović Berlin Big Band 』
Milo Pavlović & Berlin Big Band

LP:1984年リリース
レーベル:Hoechst (West Germany)
番号:B-1581

詳細クレジットは不明
Arranged by Alyn Ainsworth (A1,B1,B3,B5.), Werner Windler (A2.), Robert Pronk (A3,A5,B4.), Francy Boland (A4.), Jerry van Rooyen (B2,B6.)

* Amazonでは取り扱い無し (私はDiscogsで購入しました)

« THE BELL THAT COULDN'T JINGLE/Paul Evans (1962年) | トップページ | NIGHT SHIFT/O.S.T. (1982年) - 2回目 »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/66203088

この記事へのトラックバック一覧です: Milo Pavlović Berlin Big Band/Milo Pavlović & Berlin Big Band (1984年):

« THE BELL THAT COULDN'T JINGLE/Paul Evans (1962年) | トップページ | NIGHT SHIFT/O.S.T. (1982年) - 2回目 »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック