« The Love Songs Of Burt Bacharach/V.A. (1999年) | トップページ | the Lost BBC sessions 1967/Jeff Beck Group (2018年) »

2018年1月28日 (日)

THE BEAT MY HEART SKIPPED/The Blue Devils (2011年)

米国のドラムコー、ブルーデビルスの2011年のプログラムを収めたアルバム。この年はオール・バカラック・プログラムでした。

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Img043aaa_2 Img043bbb

1. HOUSE IS NOT A HOME (1:01)
2. SUMMER OF '77 (2:40)
3. I SAY A LITTLE PRAYER (3:20)
4. WOMEN (1:46)
5. WIVES AND LOVERS (1:27)
6. HOUSE IS NOT A HOME (Reprise) (1:30)
7. SALVATION IS CREATED (0:54)
8. Bb TUNING MAJOR (0:55)
9. Bb TUNING MINOR (0:58)
10. MALFRED - PERCUSSION (1:27)
11. PARADISE 2011 - PERCUSSION (1:43)


収録時間約18分 (T-1~6. Total 11:44)


米国のドラムコー、ブルーデビルスの2011年のプログラムを収めたアルバムです。

ドラムコー (Drum corps) とは、打楽器、金管楽器、カラーガードによって編成されたマーチングアンサンブルのこと。正式にはドラム&ビューグル・コー (Drum and bugle corps) といいます。ただし、吹奏楽編成のマーチングバンドとは起源や発展の歴史が全く異なるそうで、別のカテゴリーです。

ブルーデビルス (The Blue Devils、以降BD) は、米国カリフォルニア州コンコードを拠点とするドラムコー。Drum Corps International (ドラムコー連盟のひとつ、以降DCI) 大会のワールドクラスで過去最多となる18回※の優勝を誇ります。 (※2017年大会まで)

DCI大会は毎年8月中旬に行われます。ワールドクラスの場合は6月1日時点で21才以下という年齢制限があり、最大150名で最大12分間のプログラムを披露してスコアを競います。100点満点のスコア配分は、General Effect 40点、Visual 30点、Music 30点。ビジュアルと音楽が半々ということから、ドラムコーは総合舞台芸術なんだとわかります。

アルバム・タイトルの 『 THE BEAT MY HEART SKIPPED 』 はプログラム名。T-1~6.まで6トラックに分割して収録されています。ただし、大会のライヴ音源ではなくて大会の数日前にスタジオ録音したものです。動き回るはずの金管楽器やドラムの音(定位)が固定されたままですからねー、納得。

BD公式サイトによればプログラムのレパートリーは以下のとおり。そう、オール・バカラック・プログラムなんです。
・A House Is Not a Home
・Summer of '77
・Walk On By
・One Less Bell To Answer
・Woman
・I Say A Little Prayer
・Wives And Lovers
・God Give Me Strength

実は、私が最初にBDを知ったのはまったりさんのブログでして。 → こちら
ここまでの内容、まったりさんのブログとかなりダブっていますがご容赦くださいませm(__)m。記事を読むとまったりさんの興奮が伝わってきますね~。動画の一部は現在再生できなくなってますが…。

先ほどのBD公式サイトでは本アルバムと同じ6トラックを聴くことが出来ます。加えて、分割されてないフルバージョンも! (だったらCDにも収録しろよ~T_T) → こちら 

2011年BDのメンバー構成は以下のとおり。
Bd_2011_3

年齢17才~21才の男女たち150人の大迫力サウンドに圧倒されます。ただのメドレーじゃなくて、元曲のメロディラインやモチーフを取り出して組曲風に再構築した形のアレンジもスゴイなぁと思います。日本だと細かいミスを出さないようにきっちり演奏しよう…となりがちですが、細かいところをあまり気にしないダイナミックな演奏は聴いてて楽しいですねー。

T-2. 「 SUMMER OF '77(サマー・オブ・'77) 」 とT-4. 「 WOMAN(ウーマン) 」 はバカラック1979年のアルバム 『 WOMAN 』 の収録曲。2曲ともカヴァーされた初めてのケースだと思うのですが、そんな超レアな曲をチョイスしたトコロにも感心しちゃいます。なんてチャレンジングな!

T-3. は 「 小さな願い 」 というタイトルになっていますが、3分20秒間 の尺のうち最初の約40秒間は 「 WALK ON BY(ウォーク・オン・バイ) 」 が、続く約1分間は 「 ONE LESS BELL TO ANSWER(悲しみは鐘の音とともに) 」 のモチーフやメロディが組み込まれています。一方、公式サイトに挙げられていたレパートリーの中で何度聴いてもどこに使われているのか判らないのが 「 GOD GIVE ME STRENGTH 」 。どなたか教えてくださいませm(__)m

T-7~11.は練習用の曲でバカラック作品ではありません。

2011年8月13日に行われたDCI大会決勝、BDはスコア 97.8 で惜しくも2位でした…。そのパフォーマンスがYouTubeにアップされています。ビジュアルと音楽どちらも大事なドラムコーは動画じゃないと楽しさ半減ですので是非ご覧くださいませ。 → こちら

なお、購入したCDはオンデマンドCDでメディアもCD-R。ライナーノーツやクレジットも一切無くショボいですcoldsweats01。どうしても音源欲しい方はMP3で、そうでない方はBD公式サイトやYouTubeをお聴きになればよろしいかと。


【データ】
『 THE BEAT MY HEART SKIPPED 』
The Blue Devils

MP3/CD:2011年8月13日リリース
レーベル:Blue Devils Mediabox
番号:なし ※ On Demand CD (メディアはCD-R)

Recording date: August 9, 2011

« The Love Songs Of Burt Bacharach/V.A. (1999年) | トップページ | the Lost BBC sessions 1967/Jeff Beck Group (2018年) »

カヴァーアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/66304675

この記事へのトラックバック一覧です: THE BEAT MY HEART SKIPPED/The Blue Devils (2011年):

« The Love Songs Of Burt Bacharach/V.A. (1999年) | トップページ | the Lost BBC sessions 1967/Jeff Beck Group (2018年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック