« The Happy Hammond Plays The Hits Of Burt Bacharach/Ena Baga (1972年) | トップページ | Sings the Songs of Bacharach and David/Ed Ames (1971年) »

2018年4月15日 (日)

ライブの感想 CLOSE TO YOU 〜Burt Bacharach Song Book〜 Apr. 15, 2018

『バカラックの作品を愛してやまない音楽家たちによるスペシャルライブ』を聴いてきました!

2018年4月15日(日)
 11:30 Open
 12:00〜12:50 1st Show
 13:15〜14:15 2nd Show
 @渋谷 Live & Pub gee-ge.
出演:
① 梶山敏弘 - Vo (M)
② nica - Vo (F)
③ 徳田真由美 - Pf, Key
④ 岸淑香 - Pf, Key, 鍵盤ハーモニカ, シャカシャカ
⑤ 菊田茂伸 - Bs
⑥ 須之内丈典 - E.Gt, A.Gt
⑦ 迫優大 - Ds

ライブの場所は渋谷公園通りをちょっとあがったところにあるライブハウス gee-ge.(ジージ)。まったりさんのブログで知り合ったずずさんと10時に待ち合わせて “ 初めまして ” のご挨拶。近くのカフェでバカラック談義に花を咲かせて脳内を十分活性化させたあと、雑居ビル4階にあるジージへ向かいました。

(画像は全てクリックすると大きくなります)

1 2

前の方にずずさんと並んで座り、気が付いたら40〜50程度あった座席は一杯に。12時を少し回った頃、ライブがスタートしました。

セットリスト(詳しい曲解説付きのセットリストが配られました)

<1st Show>
1. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE(サン・ホセへの道) ⑤
2. I SAY A LITTLE PRAYER(小さな願い) ⑥
3. WIVES AND LOVERS(素晴らしき恋人たち) ② F
4. IT WAS YOU   ② F
5. (THERE'S) ALWAYS SOMETHING THERE TO REMIND ME(愛の思い出) ⑤
6. WALK ON BY(ウォーク・オン・バイ) ① M
7. ANY DAY NOW(エニィ・デイ・ナウ) ① M
8. A HOUSE IS NOT A HOME(ハウス・イズ・ノット・ア・ホーム) ④ FM

<2nd Show>
1. CASINO ROYALE(カジノ・ロワイヤル) ③
2. RAINDROPS KEEP FALLIN' ON MY HEAD(雨にぬれても) ⑦
3. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE(世界は愛を求めている) ① M
4. THE LOOK OF LOVE(恋のおもかげ) ① M
5. I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN(恋よさようなら) ⑥
6. ONE LESS BELL TO ANSWER(悲しみは鐘の音とともに) ⑦ F
7. ALFIE(アルフィー) ② F
8. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU(遙かなる影) ① FM

※ ヴォーカル入りの曲は、F(Female - nicaさん)、M(Male - 梶山さん)と表記
* また、アレンジした方を出演者の○数字で示しました。
3 4
5 6

全16曲、すべてバカラック縛りのライブ。ピアノ、キーボード、ギター、ベース、ドラムスのクインテット編成+男女ヴォーカルの計7名。ポップ、ジャズ、ボサノヴァ、サンバ、レゲエ、カリビアン、R&B/ソウルなどの様々なスタイルでアレンジされた演奏はバラエティに富んでいてとても楽しめました。声に張りがあってパワフルなnicaさん、シブい低音且つソウルフルな歌声の梶山さん、ヴォーカルのお二人も素晴らしいパフォーマンスでした。1-3. 「 素晴らしき恋人たち 」 でピアノの徳田さんが同じジャズ・ワルツである 「 私のお気に入り 」 のメロディを挿入したのをはじめ、バックの皆さんも遊び心たっぷりの演奏でした。

特に印象に残った曲をいくつか。バカラック・カヴァー定番曲がほとんどのなか、椎名林檎がオリジナルのバラード 1-4. 「 IT WAS YOU 」 は2017年5月リリースのデモ音源集を除けば初めて耳にするカヴァー。チャレンジングな選曲だったと思いますが、オリジナルよりエモーショナルなnicaさんの歌には心を奪われました。

1-6. 「 ウォーク・オン・バイ 」 での ” あっちへ行って! ” という手の振りや、一瞬ジェイコブ・コリアーがアレンジしたのか?と錯覚したR&B色の濃い 2-4. 「 恋のおもかげ 」 など、多彩なアレンジも含め梶山さんのパフォーマンスはカッコよかったです。

中盤アップテンポのルンバ調になるアレンジが新鮮な 1-8. 「 ハウス・イズ・ノット・ア・ホーム 」、サンバのリズムでノリノリの 2-8. 「 遙かなる影 」、デュエットのこの2曲は圧巻でしたね。ラストの曲「 遙かなる影 」 でエンディングのパートを会場みんなで三重唱したのも盛り上がりました。

このライブは、徳田さんが昨夏Twitterでバカラック演りたいと呟いたのがきっかけで実現したライブなんだとか。ずずさんと私は、その徳田さんがTwitterで「 カジノ・ロワイヤル 」 のアレンジについて呟いてるのを見つけてこのライブのことを知りました。というワケで、Twitterに感謝!

↓カーテンコールにて、出演者全員集合!(左から④⑤③①②⑥⑦)
8

« The Happy Hammond Plays The Hits Of Burt Bacharach/Ena Baga (1972年) | トップページ | Sings the Songs of Bacharach and David/Ed Ames (1971年) »

バカラック関連ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/66603647

この記事へのトラックバック一覧です: ライブの感想 CLOSE TO YOU 〜Burt Bacharach Song Book〜 Apr. 15, 2018:

« The Happy Hammond Plays The Hits Of Burt Bacharach/Ena Baga (1972年) | トップページ | Sings the Songs of Bacharach and David/Ed Ames (1971年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック