« Sings the Songs of Bacharach and David/Ed Ames (1971年) | トップページ | What The World Needs Now/Arthur Fiedler and the Boston Pops (1972年) »

2018年4月29日 (日)

SONGS FROM "LOST HORIZON" AND THEME FROM OTHER MOVIES/Ed Ames(1972年)

米国の男性シンガー、エド・エームスが1972年にリリースした映画音楽集です。収録曲の半分は映画 『 LOST HORIZON(失われた地平線) 』 からのチョイス!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Fullsizeoutput_137 Fullsizeoutput_13d

A1. BUTTERFLIES ARE FREE (from "Butterflies Are Free")
A2. MICOL'S THEME (from "The Garden of the Finzi-Continis")
A3. THE SUMMER KNOWS (Theme from "Summer of '42")
A4. SPEAK SOFTLY LOVE (Love Theme from "The Godfather")
A5. WHERE DO I BEGIN (from "Love Story")

B1. THE WORLD IS A CIRCLE (3:25)
B2. LIVING TOGETHER, GROWING TOGETHER (3:00)
B3. QUESTION ME AN ANSWER (2:55)
B4. REFLECTIONS (3:21)
B5. LOST HORIZON (3:30)

収録時間約33分


米国の男性シンガー、エド・エームスが1972年にリリースした映画音楽集です。

本作は前回記事で取り上げた 『 Sings the Songs of Bacharach and David 』をDiscogsで探している時に見つけました。へぇ〜、こんなアルバムあったんだ、ということで併せて購入したものです。なお、エド・エームスについては前回記事を参照ください。

タイトルにもあるように、収録曲の半分 〜 LPのB面全て 〜 はバカラック&デイヴィッドが音楽を担当した1973年の映画 『 LOST HORIZON(失われた地平線) 』 からのチョイス。A面では1曲目から『 バタフライはフリー 』('72)、『 悲しみの青春 』('70)、『 思い出の夏 』('71)、『 ゴッドファーザー 』('72)、『 ある愛の詩 』('70) のテーマ曲や愛のテーマをカヴァーしています。

ここで1つ疑問が。『 失われた地平線 』 の全米公開は1973年2月で、サントラ盤のリリースは一ヶ月前の1973年1月(1972年12月という説もあり)です。対して、本作は1972年にリリースされてるっぽいのです。レーベル面の(P)1972、ジャケット裏の(C)1972という刻印から判断するに、少なくとも1972年制作なのは間違いないところ…。映画公開や本家サントラ盤リリースよりも前に制作してるって、どーゆーことupsign02

R360544013946523923520jpeg ─  アメリカでは、《 BELL RECORDS 》から発売される1年前に、配給会社の《 COLUMBIA PICTURES 》がデモンストレーション用の非売品アナログLPをプレスしているんです。それも、珍しいブルーのクリア・ヴィニール・レコード。 ─  (映画サントラ盤リイシューCDの日本盤ライナーノーツより、坂口修氏の発言)

そのデモ用LP、Discogsで調べたら見つかりました(ジャケット画像はDiscogsより拝借)。デモ用LPの収録曲は正規サントラ盤と全く同じようです。RCA Victor は映画がヒットするだろうと踏んで、このデモ用LPを元にして早々に本作を制作・リリース → 漁夫の利を得ようとしたのではないか? まぁ、あくまで私の想像に過ぎませんが…。

Fullsizeoutput_140_3Fullsizeoutput_144_3 バックの演奏は、ドラムス、ベース、ギター、キーボード(オルガン系と思われる)にフル・オーケストラが加わるという、本家サントラ盤に勝るとも劣らない豪華なもの。低く朗々としていて若干ビブラートがかかるエド・エームスの歌声は、ハツラツとはしていませんがこういったミュージカルっぽい曲との相性は悪くないんじゃないかと思います。

でも、私が本作で一番評価しているのはアレンジです。例えば、イントロ。5曲全て本家とは違うイントロなんですねー。B1. 「 ザ・ワールド・イズ・ア・サークル(世界はまるい) 」 とB2. 「 リヴィング・トゥゲザー、グロウイング・トゥゲザー 」 はどちらも原曲にイントロは無いのですが、ストリングスと木琴が三連符を右肩上がりで刻む 「 世界はまるい 」のイントロ、クラシカルなストリングスが独自のメロディを奏でる 「 リヴィング… 」 のイントロ、共に独創的且つ曲にマッチしていると思います。アコギの刻みが印象的なB3. 「 クエスチョン・ミー・アン・アンサー 」 のイントロ、何やら昭和歌謡曲の雰囲気があるB4. 「 リフレクションズ 」 のイントロもどちらもオリジナリティがあって私は本家よりエド版の方が好みだったりします。B5. 「 ロスト・ホライズン 」 も原曲はイントロなしですが、サビのメロディをイントロに持ってきています。

原曲と幾分テイストが違う 「 ロスト・ホライズン 」 を除いて全体的なテイストは本家から大きく外れていません。プロデューサーは最初からそういう縛りを課したのかもしれません。その中で、アレンジャーはイントロをはじめとして新鮮なオブリガートやイントロをうまく再利用した間奏など色々工夫を施しています。アレンジャーは2人とも力量ある方なんだと思います。

んで 「 ロスト・ホライズン 」 ですが、原曲(♩≒124)よりもかなり遅いテンポ(♩≒88)で重厚感あるシンフォニックなアレンジが施されています。ショーン・フィリップスが歌った原曲はあまりスケール感を感じないものでしたが、エドの豊かな声量もあって雄大な景色と地平線をイメージする曲になっています。

本作単独でCDリイシューするのは難しそうですが、『 Sings the Songs of Bacharach and David 』 とセットでの 2 on 1 CD化をなんとか実現して欲しいですね〜。『 失われた地平線 』 のサントラを(5曲だけではあっても)カヴァーしようなんて酔狂なアルバム、滅多にありませんから。


【データ】
『 SONGS FROM "LOST HORIZON" AND THEME FROM OTHER MOVIES 』
Ed Ames

LP:1972年リリース(?)
レーベル:RCA Victor (US)
番号:LSP-4808

Produced by Joe Reisman
Arranged and Conducted by Perry Botkin, Jr.  (A1,A3,B2,B4.)
Arranged and Conducted by Bill Reddie  (A2,A4,A5,B1,B3,B5.)
With the Jimmy Joyce Children's Chorus  (B1,B3.)

(C) 1972 RCA Records
(P) 1972 RCA Records

※ 日本のAmazonでの取り扱いは無し

« Sings the Songs of Bacharach and David/Ed Ames (1971年) | トップページ | What The World Needs Now/Arthur Fiedler and the Boston Pops (1972年) »

カヴァーアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/66660097

この記事へのトラックバック一覧です: SONGS FROM "LOST HORIZON" AND THEME FROM OTHER MOVIES/Ed Ames(1972年):

« Sings the Songs of Bacharach and David/Ed Ames (1971年) | トップページ | What The World Needs Now/Arthur Fiedler and the Boston Pops (1972年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック