« The Carnival/The Carnival (1969年) | トップページ | LIVE TO SEE ANOTHER DAY/Burt Bacharach & Rudy Pérez (2018年) »

2018年9月30日 (日)

AT LAST/Cyndi Lauper (2003年)

シンディ・ローパーが2003年にリリースした7枚目のスタジオ・アルバムです。バカラック・カヴァーを1曲収録!

(画像は全てクリックすると別ウィンドウで大きくなります)
Fullsizeoutput_501 Fullsizeoutput_503

全13トラック中、バカラック作品は1トラック

2. WALK ON BY (4:34)


今年は週一回、毎週日曜日の更新を目標に頑張ってきました。しかし、不覚にも先週穴を開けてしまいましたshock。来年また目標達成に向け頑張ります!

さて、今週は米女性シンガーのシンディ・ローパーが2003年にリリースした7枚目のスタジオ・アルバム。これって、彼女初となる全曲カヴァーのアルバムなんですね。

─  このCDに入ってる曲たちを聴いて私は育ったの。私に夢と希望を与えてくれたテラスハウスの全ての人々にこのCDを捧げるわ。 ─
(CDライナーより、私の超意訳で)

彼女はNYのクイーンズで生まれ育ちました。住んでいたテラスハウス(いわゆる長屋)はドイツ人、イタリア人、ロシア人、アフリカンアメリカンなどが暮らす人種の坩堝。彼女は様々な音楽を聴いて育ったそうです。

このアルバムで彼女はT-4. 「 バラ色の人生 」、T-5. 「 アンチェインド・メロディ 」、アレサ・フランクリンのT-7. 「 待ちこがれて 」、T-10. 「 悲しき願い 」、T-12.「 愛の讃歌 」など様々なジャンルのスタンダード、名曲をカヴァーしています。表現の幅が広がった彼女の歌声にまずびっくりしました。ファースト・アルバム(1983年)を出した頃のはっちゃけたイメージが強かったものですからcoldsweats01

アップテンポの曲や陽気なラテンアレンジの曲もありますが、多くはスローでアコースティックなジャズ・テイスト。大人な世界でなんとも渋い!

んで、バカラック・カヴァーはT-2. 「 ウォーク・オン・バイ 」。北欧を思わせる冷んやりした空気感のスロー・バラード風アレンジ。テンポは♩≒65〜70あたりで揺らいでます。バックはピアノとベースがメインで、ドラムス、シンセ、フルートが控えめにサポート。歌い出しのなんとまぁ繊細なこと。こんなに優しく歌われる「 ウォーク・オン・バイ 」も珍しい。後半はエモーショナルになりますが、イントロと同じ静謐な空気に包まれて終わります。いいですねー。

「 ウォーク・オン・バイ 」以外の私的レコメンドは、ちょっとファンキーなT-7. 「 待ちこがれて 」、静かなバラードに生まれ変わったスモーキー・ロビンソン&ミラクルズのT-11. 「 リアリー・ガット・ア・ホールド・オン・ミー 」あたり。でも、捨て曲なしですよ、このアルバムは。

地味だけど、シンディー・ローパーの思い入れがしっかり感じられる好カヴァー・アルバムでした。

ここからはオマケ情報。実はシンディー・ローパーはもう一曲バカラックをカヴァーしています。2006年にディオンヌのアルバム『 MY FRIENDS & ME 』に参加して「 マイケルへのメッセージ 」をデュエット。ま、ゲストとしてなんで “ 半分、カヴァー ” ですけど。


【データ】
『 AT LAST 』
Cyndi Lauper

CD:2003年11月18日リリース
レーベル:Epic/Daylight (US)
番号:EK 90760

Produced by Russ Titelman & Cyndi Lauper
Piano & Vocal Arrangements:Cyndi Lauper and Steve Gaboury except T-4,12.:Cyndi Lauper, Steve Gaboury and Russ Titelman
T-2. 「 WALK ON BY 」
  Guitar:Kat Dyson
  Piano & Keyboards:Steve Gaboury
  Bass:Ben Street
  Drums:Sammy Merendino
  Flutes:Aaron Heick
  Flute Arrangement:Steve Gaboury

« The Carnival/The Carnival (1969年) | トップページ | LIVE TO SEE ANOTHER DAY/Burt Bacharach & Rudy Pérez (2018年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/67106517

この記事へのトラックバック一覧です: AT LAST/Cyndi Lauper (2003年):

« The Carnival/The Carnival (1969年) | トップページ | LIVE TO SEE ANOTHER DAY/Burt Bacharach & Rudy Pérez (2018年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック