« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月28日 (日)

バック・トゥ・バカラック/ロック・アカデミー弦楽四重奏団 (1970年)

バカラックの曲を弦楽四重奏+αの編成で演奏したアルバム。1970年のリリースで、編曲はすぎやまこういち氏。素晴らしいです!

(画像は全てクリックすると別ウィンドウで大きくなります)
E03cea07d47c458b6846196e022fef72 7c35295801c6049ec7d2a45eae3f42e6

A1. I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN
A2. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE
A3. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD
A4. WHAT'S NEW PUSSYCAT?
A5. I SAY A LITTLE PRAYER
A6. REACH OUT FOR ME
B1. THIS GUY'S IN LOVE WITH YOU
B2. THE LOOK OF LOVE
B3. PROMISES, PROMISES
B4. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE
B5. ARE YOU THERE (WITH ANOTHER GIRL)
B6. BOND STREET

収録時間??


バカラックの曲を弦楽四重奏+αの編成で演奏したアルバムです。1970年8月にリリースされました。

全12曲のうち6曲はバカラック物コンピ集『 バート・バカラック・オン・ジャパニーズ・レア・グルーヴ 』(1998年)で聴くことができます。その出来の良さから全曲聴きたいと前から思っておりました。しかし、CD化はされてないし中古LPも見当たらず…。未だに所有するには至っていません。

ところが先日、本アルバムを国立国会図書館で聴くことができまして。まぁ、音源のダビングはもとよりジャケットやライナーの複写もNGでしたけれど…(ジャケットの画像はネットで拾いました、悪しからず)。拙ブログは “ 所有しているアルバム ” を紹介することを基本としておりますが、どうしても本アルバムを取り上げたかったので記事にまとめることと致しました。こういうケースもアリかな…と。

国立国会図書館での “ 録音資料の閲覧 ” 体験、なかなか新鮮でした。いずれ機会がありましたら拙ブログでご紹介したいと思います。 →  こちら(2018/11/11追記)

ついでに…。ジャケットを描いたのは及川正道(おいかわまさみち)氏。雑誌『 ぴあ 』の表紙を長年にわたり担当したお方です。バロック風の衣装を身にまとったバカラックが脚で鍵盤を弾いてます。肩にチョコンと乗ってるのはディオンヌでしょうか。ジャケット裏の2人はよくわかりませんが^^;。なんとも味がありますねー。

本題に戻ります。編曲を担当したのは、すぎやまこういち氏。歌謡曲/アニメソング/ゲーム音楽/CM音楽の作曲家として有名なお方です。1960年代後半は歌謡曲系の楽曲提供を主体に活動していたようで、ザ・ピーナッツ「 恋のフーガ 」(1967年)、ザ・タイガース「 花の首飾り 」(1968年)、ヴィレッジ・シンガーズ「 亜麻色の髪の乙女 」(1968年)などを生み出しました。1970年代に入ると特撮音楽やアニメ音楽の比重が高くなるのですが、本アルバムのようなイージー・リスニング系の編曲のお仕事もしていたんですねー。

演奏しているロック・アカデミー弦楽四重奏団は、“ クラシック界の一流ソリスト又コンサートマスター揃い ” とライナーに記載あるだけでどこの誰なのかさっぱりわかりません。覆面にする意味がわからん。11人いるゲスト・ミュージシャンが丁寧にクレジットされてるのとは大違いですょ。

『 バート・バカラック・オン・ジャパニーズ・レア・グルーヴ 』には6曲(A4,6 / B3,4,5,6)が入ってました。記事を見返しましたが、絶賛してますねーワタクシ。以下、引用します。(ただし、トラック番号は本アルバムのトラック番号に置き換えてます)

─ 『 バック・トゥ・バカラック 』 というバカラック作品集からセレクトされた6曲はどれもレコメンドです。弦楽クァルテット+αの編成で、αの部分は曲によってピアノトリオや木管楽器などがサポートで加わっているのですが、クラシックと多様なポップスをうまく融合させたアレンジがとっても独創的なんです。クァルテットのみの演奏で中間部に現代音楽っぽい変奏がみられるB5.「 アー・ユー・ゼア 」、疾走感とキレのある演奏が魅力のB6.「 ボンド・ストリート 」は現代でも全く古臭くないです。そして極めつけはB4.「 世界は愛を求めてる (愛を求めて) 」。重厚でクラシカルな前半はまぁ想定の範囲内なのですが、後半の4拍子+3拍子のアヴァンギャルドなリズムは想像を超えています。素晴らしい! ─

残る6曲(A1,2,3,5 / B1,2)も皆レコメンドです。何故かイントロにビートルズの「 ガール 」を引用したB1.「 ディス・ガイ 」はご愛嬌。白眉なのはクヮルテットのみで演奏されるA3.「 雨にぬれても 」とB2.「 恋の面影 」の2曲です。ヴィオラがウクレレっぽい奏法でメロディを奏で、中間部ではヴァイオリンとヴィオラがピチカートで雨をイメージさせる「 雨にぬれても 」はとても軽やか。一方、怪しげなイントロで始まり、ヴァイオリンとヴィオラによるメロディとチェロの分散和音とが見事に調和して、エンディングでまた怪しげに終わる「 恋の面影 」はバロックの感じが全くしない仕上がり。なんとも独創的なアレンジ! 素晴らしい!

ジャケットも含めてこんなに素晴らしい本アルバム、なんとかCDリイシューしてもらえないですかねー。

本アルバムのライナーノーツ、なかなか充実した内容でしたので一部を持参したノートに書き写しました。ちょっと長いですが折角なのでご紹介します。

◎ バカラックと曲について
:その魅力を無茶苦茶具体的に説明しています。

─  必ずや、後世に「 ポピュラー音楽の革命児 」と呼ばれるに相違ない。
(中略)
「 均衡のとれない音楽 」と云ったが、その例をこのアルバムに収められた曲から検討してみよう。先づ、従来のポピュラー歌曲の16又は32小節のフォーマットを踏んでいないこと、又、ブルース的フィーリングを取り上げても、12小節形式にとらわれないこと、曲想の表現に重点をおいていること。又、一つの曲の中で、拍子表示記号に変化をもたせていること、例えば「 プロミセス・プロミセス 」において、4分の3拍子、4分の4拍子、4分の3拍子、4分の5拍子と変化させる手法、又、「 恋よさようなら 」の旋律の最後の部分で4分の4拍子の中に4分の2拍子を一小節加える効果など 〜   これらは現代音楽でも良く見られる変拍子、又多拍子の応用であるが 〜   これらをリズミカルに処理している点、又ユニークなコード進行の面白さなどがあげられよう。曲の構成をみれば、

 A1. 恋よさようなら <50小節> イントロを除く、以下同じ

 A2. サン・ホセへの道 <20小節>

 A3. 雨にぬれても <40小節>

 A4. 何かいいことないか仔猫チャン <50小節>

 A5. 小さな祈り <70小節>

 A6. リーチ・アウト・フォー・ミー <63小節>

 B1. ジス・ガイ(ジス・ガール) <42小節>
  B2. 恋の面影 <55小節>
 
  B3. プロミセス・プロミセス <66小節>

 B4. 愛を求めて <54小節>

…と云った具合。これが、アンバランス音楽の魅力なのだ。
バカラックの生い立ち、マレーネ・ディートリヒとの友情、ハル・デビッドとの名コンビ、ディオンヌ・ワーウィックをスターにまで育て上げた苦心談、愛妻アンジィ・ディキンソン、一粒種の可愛い娘ニッキーとの平和な家庭、競馬への興味、アカデミー受賞、その他のエピソードについては、前記ニュースウィーク誌(あるでお注)を読んで頂きたい。「 万人の為の作曲家 」バート・バカラックに栄光あれ! ─


(注)1970年6月22日のニューズウィーク誌で “ THE MUSIC MAN 1970 ” と銘打ったバカラックの特集が組まれました。そのことを指しています。

◎ 本アルバムについて:本アルバムの位置付けと当時の音楽界の雰囲気がわかります。

─  さて、このアルバムは、フィリップスが新たに企画した、フィリップス・ニュー・ミュージック・シリーズの第4作にあたり、演奏も、さきに『 バック・イン・ザ・ビートルズ 』で好評を博した、ロック・アカデミー弦楽四重奏団を中心とし、これに木管、ホルン、ピアノ、リズム・セクションが適宜に加えられている。弦楽奏者はクラシック界の一流ソリスト又コンサートマスター揃い、編曲は、目下売出し中の人気作曲家、すぎやまこういち氏が担当しているのも興味深い。
最近、外国ではニュー・ロック・グループと交響楽団の協演も盛んに行われているように、クラシック音楽とポピュラー・ミュージックの関係は益々緊密度を加え、土台、両者を区別して扱うこと自体、不合理なのだから、クラシック・ファンに、バカラック・サウンドの面白さを、又、ポップス・ファンに、弦楽四重奏の楽しさを味わってもらうに、絶好の、洒落たイージー・リスニング・アルバムとして、ひろく海外にもプロモートして頂きたいものである。 [ 藤井 肇 ]  ─



【データ】
『 バック・トゥ・バカラック 』 (Back To Bacharach)
ロック・アカデミー弦楽四重奏団 (Rock Academy String Quartet)

LP:1970年8月リリース
レーベル:フィリップス / 発売元:日本フォノグラム
番号:FX 8504(¥1,900)

Producer:Masaharu Honjo
編曲:すぎやま こういち
ロック・アカデミー弦楽四重奏団
(この4人の名前はクレジットなし)
ピアノ、チェンバロ、オルガン:大原 繁仁(A1,2,4,5,6 / B1,3,4,6)
ドラムス:猪俣 猛(A1,2,4 / B1,3,6)
ベース:江藤 勲(A2,4 / B6)
    小泉 僖美雄(A1 / B1,3)
ギター:野中 宗光(A1,2,4 / B1,3,6)
ラテン・パーカッション:川原 正美(A2 / B6)
フルート:衛藤 幸雄(A1,6 / B1,3)
     旭 孝(B1,3)
コーラングレ:吉水 洋(A4)
コントラ・ファゴット:桐生 吉秀(A4)
ホルン:山口 弘治(A1,6)

Recording Date:May 26th, June 9th,10th 1970
Engineer:Norio Yoshizawa
Cover Design:Masamichi Oikawa

※ Amazon での取り扱いは無し

2018年10月21日 (日)

LOOK NOW/Elvis Costello & The Imposters (2018年)

エルヴィス・コステロが10年振りにザ・インポスターズと組んだ、2018年10月リリースのロック・アルバム。バカラックと共作した新曲を3曲収録!

(画像は全てクリックすると別ウィンドウで大きくなります)
Fullsizeoutput_5e2 Fullsizeoutput_5e5

全16トラック中、バカラック作品は3トラック
尚、T-13〜16.は海外では2枚組デラックス・エディションのディスク2に収録されていた曲で、日本盤ではボーナス・トラックとして1CDに収録。

2. DON'T LOOK NOW (2:28)
8. PHOTOGRAPHS CAN LIE (3:38)
12. HE'S GIVEN ME THINGS (4:11)


Fullsizeoutput_5e8

エルヴィス・コステロが10年振りにザ・インポスターズと組んだ、2018年10月12日リリースのロック・アルバムです。リリースから1週間余り。ネット上では絶賛されていますね。

─  まず何と言っても収録曲が多彩だ。前々から再共作が噂されていた巨星バート・バカラックとの新曲もあれば、ライヴでは披露されていたキャロル・キングとの幻のナンバー、純粋な新曲たち、そして存在は知られていても正式なレコーディングがなされてこなかった曲など、どれも曰く因縁があり、コステロ自身の気合が伝わるアルバムになっている。 ─  (大鷹俊一氏、ラーナーノーツより)

バカラックとの共作アルバム『 PAINTED FROM MEMORY 』から20年。その間、バカラックとコステロは共作曲を生み出していました。バカラックとの共作&本アルバムについて、コステロがインタビューで詳しく語ってくれてます(BARKS、インタビュアーは大鷹俊一氏!)。

【インタビュー】エルヴィス・コステロが戻ってきた

『 PAINTED FROM MEMORY 』をもとにしたミュージカル用と、それとは別のミュージカル用に、合わせて25曲以上も共作していたとは!! そして、本アルバムに収めたのは前者のうちの3曲だとも!!

でも実はわたくし、数年前に以下リンク先のブログを拝見して前者が少なくとも10曲あることを知っておりました。

Connor Ratliff さんのブログ(2014年2月3日付け記事)

コステロとバカラックは、『 PAINTED FROM MEMORY 』をもとにしたミュージカル用に共作した10曲をASCAPに登録した…という内容です。曲名リストの1,3,7曲めが本アルバム収録曲と一致します。これでウラが取れました

それにしても、別のミュージカルというのがオースティン・パワーズだなんて!? ちょっと笑っちゃいますねー。

コステロとバカラックが共作した3曲のうち、装飾音が特徴的なバカラック本人のピアノも含めて最もバカラックの香りを感じるのはT-8.「 フォトグラフズ・キャン・ライ 」。ミディアム・テンポのこの曲、変則的な小節数とひねりの効いたコード進行はまさしくバカラック。コステロの泣き節をうまく引き出すサビのメロディにはバカラックとコステロの相性の良さを強く感じます。

2分半しかないスロー・バラードのT-2.「 ドント・ルック・ナウ 」は変拍子こそあるもののシンプルな美しい曲。アウトロがないところも含めて、映像作品の挿入歌みたいな雰囲気ですね。

これら2曲が Music - B. bacharach とクレジットされているのに対し、ミディアム・テンポの3拍子曲T-12.「 ヒーズ・ギヴン・ミー・シングス 」は Music - E. Costello & B. Bacharach 。バカラック風味が薄いなぁと思ったら、別のインタビュー記事(ローリングストーン誌)でコステロはこの曲にバカラックからアドバイスしてもらうことができた…と語ってました。基本はコステロ作曲なんだと思います。

どの楽曲・演奏もクォリティ高いですが、バカラックとの共作曲以外では力強いロック・ナンバーのT-1.「 アンダー・ライム 」が出色です。また、T-5.「 アンウォンテッド・ナンバー 」は映画『 GRACE OF MY HEART 』の挿入歌として提供した曲のセルフ・カヴァー。サントラ日本盤では「 悲しきラヴ・チャイルド 」という邦題がつけられていました。

本アルバム、普段ロックを聴かない私が繰り返しリピートしても聴き飽きることがありません。ジャンルなど関係なく、ただただいい音楽がここにあります。

ここからはオマケとして、MP3で所有しているバカラック作品をちょろっとご紹介します。
『 LOOK NOW 』の後、コステロ&インポスターズは未発表曲を収めた4曲入りEP『 Purse 』を2019年4月13日に限定リリース。
R1334781015525195496753jpeg
4曲のうち1曲が、バカラックとの共作曲「 EVERYONE'S PLAYING HOUSE 」(3:05) でした。この曲は、前述した "『 PAINTED FROM MEMORY 』をもとにしたミュージカル用に共作した10曲 ” のうちの1曲。Aメロの最初4小節、旋律が高低行ったり来たりするのはまさしくバカラック節。その後のメロディはコステロ風味の方が強い気がします。変拍子もないし、バカラック度は中位でしょうか。
アマゾンで予約していたのですが全然届かず、8月になって入手困難ということでキャンセルされちゃいました(涙)。その間、5月にはデジタル配信でもリリースされてて、結局EPキャンセル後にダウンロードした次第。やれやれ。

2019年9月16日オマケ追記。


【データ】
『 LOOK NOW 』
Elvis Costello & The Imposters

CD:2018年10月12日リリース (所有CDは、同日リリースの日本盤)
レーベル:Concord Records (所有CDは、ユニバーサル ミュージック)
番号:CRE00750 / CRE00791 (所有CDは、UCCO-1197)

Produced by Sebastian Krys & Elvis Costello
T-2.「 DON'T LOOK NOW 」
  Music - Burt Bacharach, Words - Elvis Costello
  Burt Bacharach - Piano
  Elvis Costello - Vocal & Electric Guitar
  Steve Nieve - Unichord
  Davey Faragher - Bass
  Pete Thomas - Drums
T-8. 「 PHOTOGRAPHS CAN LIE 」
  Music - Burt Bacharach, Words - Elvis Costello
  Burt Bacharach - Piano
  Elvis Costello - Vocal & Electric Guitar
  Steve Nieve - Electric Keyboard
  Davey Faragher - Bass
  Pete Thomas - Drums
  Sebastian Krys - Percussion
T-12.「 HE'S GIVEN ME THINGS 」
  Music - Elvis Costello & Burt Bacharach, Words - Elvis Costello
  Elvis Costello - Vocal, Electric Guitar & Celesta
  Steve Nieve - Wurlitzer Electric Piano, Grand Piano & Electric Keyboard
  Davey Faragher - Bass
  Pete Thomas - Drums
  Strings Orchestra Written & Conducted by Elvis Costello
  Violins (5), Viola (3), Violincello (1)

 

2018年10月14日 (日)

the lovers, the dreamers and me/Jane Monheit (2009年)

米国の女性ジャズ・シンガー、ジェーン・モンハイトが2009年にリリースしたアルバムです。バカラック作品を1曲収録!

(画像は全てクリックすると別ウィンドウで大きくなります)
Fullsizeoutput_519_2 Fullsizeoutput_51d_2

全13トラック中、バカラック作品は1トラック

4. THIS GIRL'S IN LOVE WITH YOU (4:56)


米国の女性ジャズ・シンガー、ジェーン・モンハイトが2009年にリリースしたアルバムです。

彼女は1977年ニューヨーク州ロングアイランド生まれ。2000年に最初のアルバムをリリース。本作は通算9作目(ベストアルバム含む)のアルバムになるそうです。

声質はブライトで音域的には真ん中からやや低めのゾーン。声量は抑えめで余裕を持って歌っています。バックはピアノトリオ+アコギのクァルテット編成がベース。曲により弦、木管、ヴィブラフォンなどが加わります(中にはアコギだけ、ピアノだけといった曲もありますが)。

スローバラード〜ミディアムテンポの曲ばかり。アルバム全体のトーンが見事に統一されていて、ソフトで温かみがあります。T-6.「 GET OUT OF TOWN 」はちょっとハードですが、個人的にはもう少しトーンを変えたアレンジの曲があってもいいかな…と思います。まぁこの辺りは好みの範疇でしょうけれど。

バカラック作品のT -4.「 ディス・ガール 」は、基本のクァルテットに加えてヴィブラフォンや弦も加わりソフトで実に温かみある仕上がり。アコギのオブリガートや間奏でのフレーズがまったり感を一層引き立てています。ジェーン・モンハイトはそんな雰囲気に乗っかって気持ちよく歌ってます。

秋の夜長、BGMとして聴くには持ってこいのアルバムかと(ちょっと眠たくなりますが)。

なお、「ディス・ガール」はUS盤のボーナス・トラックでして、日本盤には収録されておりません。お気をつけくださいませ。


【データ】
『 the lovers, the dreamers and me 』
Jane Monheit

CD:2009年1月20日リリース
レーベル:CONCORD (US)
番号:CRE-31197-02

Produced by Matt Pierson
Executive Producer:Joe McEwen
T-4.「 THIS GIRL'S IN LOVE WITH YOU 」
  Peter Bernstein - guitar
  Stefon Hams - Vibes
  Gil Goldstein - piano
  Scott Colley - bass
  Antonio Sanchez - drums
  Bashiri Johnson - percussion
  Arranged by Gil Goldstein

 

2018年10月 7日 (日)

LIVE TO SEE ANOTHER DAY/Burt Bacharach & Rudy Pérez (2018年)

バカラック爺がルディ・ペレスと共作して2018年9月にリリースしたシングル。子供達を銃から守るためのチャリティソングです。(CD無し/デジタル配信のみ)

(画像は全てクリックすると別ウィンドウで大きくなります)
Fullsizeoutput_52a

1. LIVE TO SEE ANOTHER DAY (3:57)


バート・バカラックがルディ・ペレスと共作して2018年9月に配信のみでリリースしたシングルです。

41961978_10155996878558897_484904_2Billboardの記事他から、ざっくりと要旨を…。

─  バカラックとペレスは互いの友人の紹介により知り合い、一緒に3曲作った。この曲はそのうちの1曲。ペレスが、銃による学校での事件を懸念してそれをテーマに曲を書かないかとバカラックに話を持ちかけたのがきっかけ。 ─

─  ペレスはマイアミ交響楽団の音楽監督エドゥアルド・マルトゥレのサポートを受けた。歌手にはアリアナ・グランデやスティーヴィー・ワンダーなどのビッグネームも候補に挙がったが、実現には時間がかかるためそれよりもMVを完成させることに集中した。今年3月にマイアミ・デザイン・センターで、十代の歌手 ハーヴェン・スターとアンジェリーナ・グリーンのヴォーカルにより披露された。 ─

写真は左から、ペレス、スター、マルトゥレ、グリーン。

─  「 LIVE TO SEE ANOTHER DAY 」は現在主要な音楽プラットフォームで利用可能。売上は全てコネチカット州にある " Sandy Hook Promise " の支援に充てられる。この非営利団体の使命は、銃による暴力の被害者 子どもを保護し、無意味で悲劇的な人生の損失を防ぐプログラムと実践を提供すること。バカラックとペレスは、政治と銃にではなく歌と子供達に焦点を当てて資金を集める努力をしたいと語った。 ─

曲はしっとりとしたバラード。変拍子はないものの、最初のAメロが10小節だったり2コーラス目のサビの後に3小節のつなぎパートがあったりと、小節数が普通じゃないのはバカラックらしいところ。バカラックはアレンジにもクレジットされていますが、あまりバカラックの香りはしません。

2人の女性(少女と言ってもいいでしょう)が交替で歌い最後に少しだけハモります。2人ともマイアミ在住の14歳ということですが、そのヴォーカルは素晴らしい! 動画をリンクしておきます。2本あるMVは、LIVE RECORDING の方がオススメです。後の2本はバカラックとペレスそれぞれのコメントです。
LIVE TO SEE ANOTHER DAY
LIVE TO SEE ANOTHER DAY (LIVE RECORDING)
Burt Bacharach Promo
Rudy Pérez Promo

以下、共作者およびヴォーカリストを簡単に紹介します。それぞれ最初の画像はFacebookのプロフィール写真でございます。
22688671_1809405879073535_515076816 9749902961024x1024_2 Fullsizeoutput_52d
Rudy Pérez(ルディ・ペレス)
1958年キューバ生まれのアメリカのミュージシャン、作曲家、プロデューサー。70以上のアルバムをプロデュースしており、1,000曲を超える曲を作っている(300曲以上がトップ10)。

13178826_1752408158307393_245671798 10801624_1559693340912210_758733218 Fullsizeoutput_52f
Haven Star(ハーヴェン・スター)
マイアミ在住。2018年現在14歳。Facebookによれば地元マイアミのクラブで歌っている模様。

19748465_1475975309125683_529271715 Fullsizeoutput_530_2 31172242_1762925617097316_755933644
Angelina Green(アンジェリーナ・グリーン)
マイアミ在住。2018年現在14歳。America's Got Talent シーズン12(2017年)のクォーターファイナリスト。


【データ】
「 LIVE TO SEE ANOTHER DAY 」
Burt Bacharach & Rudy Pérez

MP3:2018年9月17日リリース
レーベル:Rudy Pérez Entertainment
番号:-

Produced by Burt Bacharach & Rudy Pérez
Arranged by Burt Bacharach, Rudy Pérez & Jorge Calandrelli
Vocal:Haven Star, Angelina Green
Recorded live with the Miami Symphony Orchestra and Maestro Eduardo Marturet

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック