« 国立国会図書館での録音資料閲覧体験 | トップページ | LAST TRIO SESSION/Wynton Kelly (1988年) »

2018年12月 2日 (日)

BY GEORGE!/George Hamilton (1965年)

米国の俳優ジョージ・ハミルトンが1965年にリリースしたアルバムです。リイシューCDのボーナス・トラックとしてバカラック作品3曲を収録!

(画像は全てクリックすると別ウィンドウで大きくなります)
R496742913816533479351jpeg R496742913816533525131jpeg
Original LP front cover/back cover

Fullsizeoutput_601_2 Fullsizeoutput_68e
所有リイシューCDジャケットの表/裏

オリジナルLP全11トラック中にはバカラック作品無し
リイシューCDのボーナストラック(4トラック)にバカラック作品を3トラック収録

12. DON'T ENVY ME (2:26)
13. LITTLE BETTY FALLING STAR (2:38)
14. ERRAND OF MERCY (2:19)


Fullsizeoutput_694 米国の俳優ジョージ・ハミルトンがABCパラマウントから1965年にリリースした彼唯一のアルバムです。

ジョージ・ハミルトンは1939年テネシー州生まれ。MGMと契約して1952年(13歳)から映画の仕事を始めたそうです。TVシリーズ『 刑事コロンボ 』に犯人役として二度出演(1975、1991年)したのを始め、映画やTVシリーズに多数出演。ただ、ウィキペディア日本版に載ってるジョージの説明を読むとですね、俳優としての評価なんかは書いてなくてプライベートで浮名を流した女優さんの紹介ばかり。なんだかなー(笑)

─  門外漢は時として事もなげにやってのけるもの。本業が表現力豊かな俳優ともなれば尚のこと面白い‼︎  ここに稀代の色男ジョージ・ハミルトン参上、今宵はアクションの合図でマイクの前に立つ‼︎  熱唱に台本なんて要らないだろ?  誰が歌うのか、それが問題だ‼︎  テレビ番組「 フラバルー 」が背中を押した唯一のアルバムに巨匠バート・バカラックとの秘宝‼︎  世界初CD化です‼︎  ─  (帯のCD紹介より)

稀代の色男なんだっ、ナルホドね(笑)

話を音楽に戻しましょう。もともと本アルバムにバカラック作品は入ってないし制作面での関わりもありません。

ジョージは1963年と1964年にMGMからリリース2枚シングルをリリースしています。その際、プロデューサーとして楽曲の準備からその編曲、スタジオでの指揮、監督まで全てを請け負ったのがバカラックだったんですねー。本アルバムのボーナストラック4曲がそのシングル2枚の両面曲なのでございます。

1963年10月リリースのファースト・シングル(MGM K13178)は、T-12.「 DON'T ENVY ME 」とT-13.「 星影のベティ(LITTLE BETTY FALLING STAR)」のカップリング。どちらもバカラック・カヴァー曲です。

「 DON'T ENVY ME 」は、前年リリースされたジョーイ・パワーズ(Loey Powers)のシングルB面曲がオリジナル。より “ ズン・チャチャ ” を強調したリズムや “ ワウワウ ” という女性コーラスの追加など、オリジナル版にもうひと工夫加えたアレンジはバカラックらしさが垣間見えます。ジョージ版は全米チャート134位となりました。

「 星影のベティ 」はジーン・ピットニーがオリジナル(こちらを参照ください)。キーは違いますが、イントロを除けばアレンジはジーン版とほぼ同じ。こちらは可もなく不可もなくって感じです。

1964年のセカンド・シングル(MGM K13215)はT-14. 「 ERRAND OF MERCY 」とT-15. 「 DOES GOODNIGHT MEAN GOODBYE 」のカップリング。B面はバカラック曲ではありませんが、A面はバカラックの新曲なんですねー。ジョージのオリジナル以外、カヴァーは聴いたことがありません。

ハル・デイヴィッドとの共作曲である「 ERRAND OF MERCY 」は1962年10月に著作権登録されています。新曲ではあるけれど所謂ストック曲だったワケで、ジョージのための書き下ろし曲ではありません。軽快でバカラックらしい “ ズン・チャチャ ” リズムのこの曲、曲調(特にイントロ)は「 タワー・オブ・ストレングス 」に似ています。でも、ニョロニョロして音程の取りにくい「 ERRAND OF MERCY 」のメロディは、バカラックへなちょこソングベスト10に挙げてもいいくらい。歌うの難しいと思うのですが、ジョージは堂々と歌っています。ただの色男じゃなかったな、見直したぞっ!(笑)

本編のアルバムについて少しばかり。ヒット曲のカヴァーにせよオリジナル曲にせよ、俳優が歌ってみました感ありありの凡作っすね。(モテない男のひがみじゃないっすょcoldsweats01


【データ】
『 BY GEORGE! 』 (邦題:バイ・ジョージ!)
George Hamilton

LP:1965年11月リリース (所有CDは、2018年9月15日リイシューの日本盤、解説は中原太志氏)
レーベル:ABC-Paramount (所有CDは、オールデイズ・レコード)
番号:ABC-535 (所有CDは、ODR6567)

Produced by Bob Thiele
Directed by Keith Davis, Pete De Angelis
その他詳しいクレジットは不明

« 国立国会図書館での録音資料閲覧体験 | トップページ | LAST TRIO SESSION/Wynton Kelly (1988年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591595/67384572

この記事へのトラックバック一覧です: BY GEORGE!/George Hamilton (1965年):

« 国立国会図書館での録音資料閲覧体験 | トップページ | LAST TRIO SESSION/Wynton Kelly (1988年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック