« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月30日 (日)

LOVE WAS HERE BEFORE THE STARS/Brian Foley (1967年)

米国男性ポップ/ロック歌手、ブライアン・フォーリーが1967年秋にリリースしたシングルです。

(画像は全てクリックすると別ウィンドウで大きくなります)
Fullsizeoutput_168f Fullsizeoutput_1798

A. LOVE WAS HERE BEFORE THE STARS (2:47)
B. LOVE ME, PLEASE LOVE ME (2:51)


ブライアン・フォーリーが1967年秋にリリースしたシングルです。

ブライアン・フォーリーって誰? Discogsによればブライアンは “ ポップ・ロック・クルーナー - ソングライター ” だとか。んじゃ、クルーナー(crooner)って何? 大辞林第三版によれば “ おさえた低い声でささやくように情緒をこめて歌う流行歌手。ビング・クロスビーなどに代表される ” だそう。いやー、知りませんでした。

ブライアンは1966年2月にDotからシングル・デビューしました。当時ブライアンはこんな発言をしています。 ─ ロックンロールの歌手にはなりたくない/トニー・ベネットみたいな誠実なスタイルで歌いたい/フォークロックはやり過ぎでソニー・ボノよりもパット・ブーンの方が好きだ ─ 等々。ナルホド、クルーナーのイメージが湧いてきましたょ。その後1967年〜1969年の間にKappからシングルを数枚リリース。結局アルバムは出さなかったようです。

バカラックは、1967年にA&Mへ移る前はKappから自身名義のシングルやアルバムをリリースしていました。同じレーベルということでバカラックにオファーが来たんでしょう。てな訳でバカラックがブライアンに提供した新曲が本作。ブライアンがオリジネーターのこの曲は自身2枚目(Kappからは初)のシングルになりました。

Fullsizeoutput_1698作詞はハル・デイヴィッド。楽曲の著作権登録日は1966年11月14日ですから、ブライアンの為に書き下ろしたかどうかはタイミング的に微妙なところですね。

それにしても、こんな歌いにくい曲をまだ駆け出しの歌手に歌わせるなんて。バカラックは鬼だわ

リズムはシンプルな8ビートで、テンポ♩≒122、キーはEm。これだけだとごく普通のポップス曲に思えますが、Aメロ(12小節)− Bメロ(8小節)− サビ(4小節)という変則的な構成、変拍子チックなAメロ後半4小節のメロディ、半音が続く音程の取りにくいニョロニョロしたBメロ、短調⇆長調や3度移調したりコロコロ転調するコード進行…。

オーケストラのアレンジと指揮はゲイリー・シャーマンというお方。ストリングスや金管のオブリガートが凝っていたりベースの動きがカッコ良かったりと、この変な曲を上手く盛り上げています。ただし、イントロ 〜 1コーラス目Aメロにかけての不気味なストリングスはやりすぎでしょう。

ブライアンの歌声は甘くビブラートが効いていて、トニー・ベネットに似ています。堂々と歌いこなしていて立派! 本人はもっとシンプルな曲を歌いたかったでしょうけどねー。

シングルB面はミッシェル・ポルナレフ1966年の大ヒット「 愛の願い 」のカヴァー。こちらはオーソドックスにまとめた印象です。

数多あるバカラック物コンピ集にブライアンの「 LOVE WAS HERE BEFORE THE STARS 」は入っていませんし、MP3も見当たりません。どうしても聴きたくて最近Discogsで購入。ラジオ局向けプロモ盤ですが入手できて良かったです!

ここからはオマケ。MP3でしか所有していないバカラック・カヴァーをご紹介!

R364999115237179961401jpeg_2

 

 

R372234315394164842864jpeg_2米国のトランペット奏者&バンドリーダーのドク・セバリンセンが1968年のアルバム『 Doc Severinsen & Strings 』(画像左)で「 LOVE WAS HERE BEFORE THE STARS 」(3:20) をカヴァーしています。キーは同じEmで、テンポは少し遅目の♩≒112。ドクのトランペットはコク・キレ抜群で(じゃないですよ)甘いメロディ&派手なアドリヴ共にカッコイイです。因みに、同アルバムには「 BOND STREET 」(2:37) のカヴァーも入ってます。

そして、英国のモテ男エンゲルベルト・フンパーディンクが1969年のアルバム『 Engelbert 』(画像右)で「 LOVE WAS HERE BEFORE THE STARS 」(3:11) をカヴァー。キーはこちらもEmで、テンポは更に落として♩≒108。メリハリの効いたアレンジのオケに加えて女性コーラスも加わってゴージャスな雰囲気。フンパーディンクの歌唱は流石に貫禄がありダイナミックレンジも広く素晴らしいです。

「 LOVE WAS HERE BEFORE THE STARS 」はこれら3つのバージョンしか知らないのですが、ベストはどれかと訊かれたらフンパーディンクと答えます。ごめんねブライアン。


【データ】
『 LOVE WAS HERE BEFORE THE STARS 』
Brian Foley

シングル:1967年秋リリース
レーベル:Kapp
番号:K-861

Producer − David Kapp
Conductor, Orchestrated By – Garry Sherman

※ 日本のAmazonでの取り扱いは無し

2018年12月23日 (日)

ライブの感想 Yammy* sings Burt Bacharach Dec. 16, 2018

『 Yammy* sings Burt Bacharach 』

2018年12月16日(日) 18:00開場 19:00開演
Restaurant Bar & New York Sound Live ROYAL HORSE
Yammy*(Vo)、Sasapong(P)、堂地誠人(Soprano Sax)

(画像は全てクリックすると別ウィンドウで大きくなります)
Fullsizeoutput_14a7

同郷(S県H市)の友人とグランフロント大阪のイタリアン・レストランでちょっと早めの夕食を摂っている間に降り出した雨は、ロイヤルホースへと向かう頃には本降りになっていました。そこでなるべく雨を避けようと梅田の地下街に入ったのがいけなかった。方角がよくわからない上にスマホのGPSも精度がイマイチで結構時間をロスしてしまい、ロイヤルホースに着いたのは開演10分前の18:50頃。

Fullsizeoutput_14aa

店内座席表のB6に座り、なんとかライブが始まる前に友人と乾杯。あっ、飲み物はもちろんノンアルですよ!

<1st stage>
1. ARTHUR'S THEME (BEST THAT YOU CAN DO)(ニューヨーク・シティ・セレナーデ)
2. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU(遥かなる影)
3. THIS GUY'S IN LOVE WITH YOU(ディス・ガイ)
4. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE(世界は愛を求めている)
5. GOD GIVE ME STRENGTH(ゴッド・ギヴ・ミー・ストレングス)
6. DON'T MAKE ME OVER(ドント・メイク・ミー・オーヴァー)
7. WALK ON BY(ウォーク・オン・バイ)

<2nd stage>
1. ALFIE(アルフィー) … この曲だけ w/Sasapong
2. THE LOOK OF LOVE(恋のおもかげ)
3. ONE LESS BELL TO ANSWER(悲しみは鐘の音とともに)
4. I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN(恋よさようなら)
5. THAT'S WHAT FRIENDS ARE FOR(愛のハーモニー)
6. I SAY A LITTLE PRAYER(小さな願い)
7. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD(雨にぬれても)
8. BABY IT'S YOU(ベイビー・イッツ・ユー)

<Encore>
1. OUR WORLD   w/Dave Sinclair
2. ISLAND OF DREM   w/Dave Sinclair
3. 君のもとへ   w/Sasapong, 堂地誠人


Yammy* sings Burt Bacharach(略してYsBB)は今年が9年目になるとのこと。私が最初にYsBBを聴いたのは2013年。聴いてない年もあるので毎回かどうかはわかりませんが、セットリストは少しずつ変わってるようですね。(YsBB過去の感想:2013年2014年春2015年

今年の15曲のうち私にとって初のYsBB曲は2-8.「 ベイビー・イッツ・ユー 」。シレルズがオリジナルで、ビートルズやカーペンターズのカヴァーが有名な曲です。特徴的な “シャララララ…” の部分、Yammy*さんの歌声と堂地さんのサックスが殆ど同じ音色でなんとも気持ちが良かったです。

Fullsizeoutput_14ac Fullsizeoutput_138b

どの曲も素敵でしたが、今年の個人的なレコメンドは2曲。まずは1-4.「 世界は愛を求めている 」。ゆったり&ゆらぎのあるテンポのなか、Yammy*さんの愛情溢れる歌声が心に響きました。Yammy*さんの手の振りも相まって大きな愛をもらったように感じました。そして2-6.「 小さな願い 」。ブルース調のアレンジは例年と同じだと思いますが、アレサ追悼ということもあって曲の途中で「 THINK 」を挟んで大盛り上がり! 元々ソウルフルなYammy*さんの真骨頂でしたねー。

MCで印象的だったのは、─   バカラックさんの曲を毎年歌ってきて、掘り下げることを学んだ。いろんなアーティストの曲を聴き、発音や歌詞の意味を研究してきた。   ─   とおっしゃってたこと。具体的な例として、2-1.「 アルフィー 」を今年は諭すように抑えて歌われたとか。私はバカラック曲の歌詞をあまり意識して聴いてないところがありまして、もっと歌詞の意味を勉強しようと思いました。

アンコールは、特別ゲスト 〜 英国のベテラン・キーボーディストのデイヴ・シンクレアさんの2曲とYammy*さんのオリジナル曲「 君のもとへ 」。デイヴさんのピアノの優しい音色に感動!「 君のもとへ 」はホントにいい曲で、アンコールの締めにぴったりでした〜。

来年10年目となるYsBB、絶対聴きに行かなくちゃ!
Fullsizeoutput_138f

 

2018年12月16日 (日)

What The World need Now/Cat Power (2018年)

米国の女性シンガーソングライター、キャット・パワーによる「 世界は愛を求めている 」のカヴァーです。

(画像は全てクリックすると別ウィンドウで大きくなります)
Fullsizeoutput_1152

1. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE (2:27)


米国の女性シンガーソングライター、キャット・パワーによる「 世界は愛を求めている 」のカヴァーです。

2018年12月3日にデジタル配信でシングル・リリースされました。これまで、2018年10月リリース『 WONDERER 』のリミテッドエディションLP盤と欧州向け特別仕様CD盤でしか聴けなかったものです。

原曲は3拍子ですが、4拍子の軽いシャッフルにアレンジ。ピアノが刻むリズムを中心に、アコーディオンと口笛とホンキートンクピアノとシンセストリングスがサポートするシンプルでどこか懐かしいサウンド。彼女の声は柔らかいけど芯があり、基本のメロディ・ラインは守りつつ適度にフェイクして歌っています。好カヴァーです。

2016年の “ Broadway for Orlando ” 以来、「 世界は愛を求めている 」をカヴァーするアーティストが以前より増えているように感じます。

ということでここからはオマケ。MP3でしか所有していない「 世界は愛を求めている 」カヴァーのうち、2016年以降のリリースで未紹介のものをいくつかピックアップしてみましょう。あくまで私個人のレコメンドですけれど。

① Trish & Friends (2016):デジタル配信のみ、シングル
女性シンガー Trish と男女バックコーラスによるカヴァー(3:36)。コンセプトは “ Broadway for Orlando ” に近いものを感じます。
Fullsizeoutput_1154

② Jana Allard (2016):デジタル配信のみ、シングル
米国の女性ジャズ・シンガーによるカヴァー(3:23)。バックはエレピ、ベース、ドラムス、シンセストリングス。エレピが渋いです。そしてJanaの抑え気味ながらもエモーショナルなヴォーカルが素晴らしいです。
Fullsizeoutput_1155  

③ Missi Hale (2017):米映画『 THE BOSS BABY 』サントラより
映画のエンディングで流れたという、女性シンガーによるカヴァー(4:16)。細かいビブラートの効いた歌声が心に沁みます。そして曲後半の情感のこもった歌いっぷりに心が揺れます。映画の評判も良かったみたいだし、遅ればせながら観ようかなっと。
71qjpbwehl_sl1200_

④ Reigns (2017):デジタル配信のみ、シングル
ナゾの女性シンガーによるカヴァー(3:49)。バックはリズムなしのスピリチュアルな雰囲気。どこの誰だかさっぱりわかりませんが、Reignsの祈りのようなヴォーカルはバックとの一体感を感じます。
Fullsizeoutput_1304

⑤ Nā Leo (2018):アルバム『 Beautiful Day 』より
ハワイの女性ヴォーカルトリオ、ナ・レオによるカヴァー(3:12)。ウクレレのみをバックに、美しいユニゾン&ハモリを聴かせます。ウクレレによる3拍子の刻みが打ち寄せる波のようなリズム感を醸し出し、まるで浜辺でリラックスしているかのよう。
51bnhsit1wl

⑥ Barbra Streisand (2018):アルバム『 Walls 』より
泣く子も黙るバーブラ・ストライザンドによるカヴァー(4:37)。歌い出しは無伴奏。ストリングスやピアノが加わりこのまましっとり行くのかと思ったら、曲の半ばで4拍子のR&B調に。マイケル・マクドナルドもバックコーラスで加わりゴージャスな感じ。さすがはバーブラ、スケールがデカい。んで、このR&B調部分のリズムや曲調がルーサー・ヴァンドロス版と瓜二つ。テンポも♩≒87 で全く一緒。ルーサーをリスペクトしたのかしらん。
71rtw1w1uql_sl1206_

⑦ Rita Wilson (2018):デジタル配信のみ、シングル
米国の女優、リタ・ウィルソンによるカヴァー(4:13)。過去3枚のアルバムをリリースしているシンガーでもあります。アコースティック・ギター中心のシンプルなバックに芯があるけれど優しいリタの歌唱。とっても心地よいです。因みに彼女はトム・ハンクスの伴侶なんだってさ。
Fullsizeoutput_1306

⑧ Jim James (2018):デジタル配信のみ、Spotify限定シングル
米国のロック・バンド、マイ・モーニング・ジャケットのヴォーカルであるジム・ジェイムズによるカヴァー(3:04)。この12月12日にリリースされたばかり。バックはアコギと女性コーラスのみ。細かく不安定にビブラートするジムの歌声が妙に頭の中に残ります。画像の2枚目はレコーディングの模様。楽しそうだなぁ〜。
Fullsizeoutput_1313 Fullsizeoutput_130d_3

以上、オマケで「 世界は愛を求めている 」のプチ特集でした。


【データ】
『 What The World need Now 』
Cat Power

MP3:2018年12月3日リリース
レーベル:Domino Recording
番号: -

Producer - Chan Marshall
その他詳細不明

※ 日本のAmazonでの取り扱いは無し(iTunesは取り扱ってます)

2018年12月 9日 (日)

LAST TRIO SESSION/Wynton Kelly (1988年)

米国のジャズ・ピアニスト、ウィントン・ケリーが自身のトリオ最後期に録音したアルバムです。バカラック作品を1曲収録!

(画像は全てクリックすると別ウィンドウで大きくなります)
Fullsizeoutput_fcc_2 Fullsizeoutput_fca

全9トラック中、バカラック作品は1トラック

3. I SAY A LITTLE PRAYER (3:17)


米国のジャズ・ピアニスト、ウィントン・ケリーがポール・チェンバース(ベース)、ジミー・コブ(ドラムス)とのトリオ最後期に残したスタジオ録音です。

録音日は1968年8月4日。そのちょうど5ヶ月後となる1969年1月4日にポール・チェンバースが33歳で急逝したため『 LAST TRIO SESSION 』に…。ウィントン・ケリー自身も1971年に39歳で早世してしまいます。ジミー・コブはご存命のようですね(2018年12月時点、89歳)。

85715

 

 

本アルバムは、最初1979年に日本のトリオ・レコードから『 ON 'POWERTREE' 』というタイトルでリリース(画像)。その後米国で1988年に『 LAST TRIO SESSION 』と改題&ジャケ変更して本家のDelmarkからリリース。所有しているアルバムは1993年にCD化されたヤツですね。ここでは以後『 LAST〜 』のタイトルで紹介してまいります。

ポップス曲を多く取り上げた本作は気軽に聴けるアルバム。ケリーのアドリヴも引き出しが多くて軽やかなのですが、どの曲もどこか一本調子なんですよねぇ。ベースやドラムスに一切ソロが移らないのもどうかなぁ。ウィントン・ケリーのアルバムは他に1枚、ケリーの代表作の一つと言われる『 KELLY BLUE 』を所有しているのですが、それと比べると本作はなぁんか義務感でプレイしてるように感じられます。

バカラック作品のT-3. 「 小さな願い 」なんて特にそう。ケリーのピアノはダラけてるし、ベースやドラムスも惰性でお付き合いしてる感じ。マシに感じるのはイントロだけかなぁ。残念です。

R336030914517422037454jpegここからはオマケです。MP3データしか所有していないバカラック作品をご紹介。

ケリーは1968年のアルバム『 Full View 』で「 ウォーク・オン・バイ 」(3:17) を取り上げています。1966年9月の録音で、トリオのメンバーはロン・マクルーア(ベース)とジミー・コブ。こちらは「 小さな願い 」よりノリが良くていい感じです。



【データ】
『 LAST TRIO SESSION 』
Wynton Kelly

LP:1988年リリース (所有CDは、1993年リイシューの米国盤)
レーベル:Delmark (US) (所有CDも同じ)
番号:DS-441 (所有CDは、DD-441)

Album Production - Robert G. Koester
Wynton Kelly - Piano
Paul Chambers - Bass
Jimmy Cobb - Drums
Supervision and Recording - Paul Serrano, P.S. Recording Studio, August 4, 1968
CD Production - Kathryn Lynch

 

2018年12月 2日 (日)

BY GEORGE!/George Hamilton (1965年)

米国の俳優ジョージ・ハミルトンが1965年にリリースしたアルバムです。リイシューCDのボーナス・トラックとしてバカラック作品3曲を収録!

(画像は全てクリックすると別ウィンドウで大きくなります)
R496742913816533479351jpeg R496742913816533525131jpeg
Original LP front cover/back cover

Fullsizeoutput_601_2 Fullsizeoutput_68e
所有リイシューCDジャケットの表/裏

オリジナルLP全11トラック中にはバカラック作品無し
リイシューCDのボーナストラック(4トラック)にバカラック作品を3トラック収録

12. DON'T ENVY ME (2:26)
13. LITTLE BETTY FALLING STAR (2:38)
14. ERRAND OF MERCY (2:19)


Fullsizeoutput_694

 

 

米国の俳優ジョージ・ハミルトンがABCパラマウントから1965年にリリースした彼唯一のアルバムです。

ジョージ・ハミルトンは1939年テネシー州生まれ。MGMと契約して1952年(13歳)から映画の仕事を始めたそうです。TVシリーズ『 刑事コロンボ 』に犯人役として二度出演(1975、1991年)したのを始め、映画やTVシリーズに多数出演。ただ、ウィキペディア日本版に載ってるジョージの説明を読むとですね、俳優としての評価なんかは書いてなくてプライベートで浮名を流した女優さんの紹介ばかり。なんだかなー(笑)

─  門外漢は時として事もなげにやってのけるもの。本業が表現力豊かな俳優ともなれば尚のこと面白い‼︎  ここに稀代の色男ジョージ・ハミルトン参上、今宵はアクションの合図でマイクの前に立つ‼︎  熱唱に台本なんて要らないだろ?  誰が歌うのか、それが問題だ‼︎  テレビ番組「 フラバルー 」が背中を押した唯一のアルバムに巨匠バート・バカラックとの秘宝‼︎  世界初CD化です‼︎  ─  (帯のCD紹介より)

稀代の色男なんだっ、ナルホドね(笑)

話を音楽に戻しましょう。もともと本アルバムにバカラック作品は入ってないし制作面での関わりもありません。

ジョージは1963年と1964年にMGMからリリース2枚シングルをリリースしています。その際、プロデューサーとして楽曲の準備からその編曲、スタジオでの指揮、監督まで全てを請け負ったのがバカラックだったんですねー。本アルバムのボーナストラック4曲がそのシングル2枚の両面曲なのでございます。

1963年10月リリースのファースト・シングル(MGM K13178)は、T-12.「 DON'T ENVY ME 」とT-13.「 星影のベティ(LITTLE BETTY FALLING STAR)」のカップリング。どちらもバカラック・カヴァー曲です。

「 DON'T ENVY ME 」は、前年リリースされたジョーイ・パワーズ(Loey Powers)のシングルB面曲がオリジナル。より “ ズン・チャチャ ” を強調したリズムや “ ワウワウ ” という女性コーラスの追加など、オリジナル版にもうひと工夫加えたアレンジはバカラックらしさが垣間見えます。ジョージ版は全米チャート134位となりました。

「 星影のベティ 」はジーン・ピットニーがオリジナル(こちらを参照ください)。キーは違いますが、イントロを除けばアレンジはジーン版とほぼ同じ。こちらは可もなく不可もなくって感じです。

1964年のセカンド・シングル(MGM K13215)はT-14. 「 ERRAND OF MERCY 」とT-15. 「 DOES GOODNIGHT MEAN GOODBYE 」のカップリング。B面はバカラック曲ではありませんが、A面はバカラックの新曲なんですねー。ジョージのオリジナル以外、カヴァーは聴いたことがありません。

ハル・デイヴィッドとの共作曲である「 ERRAND OF MERCY 」は1962年10月に著作権登録されています。新曲ではあるけれど所謂ストック曲だったワケで、ジョージのための書き下ろし曲ではありません。軽快でバカラックらしい “ ズン・チャチャ ” リズムのこの曲、曲調(特にイントロ)は「 タワー・オブ・ストレングス 」に似ています。でも、ニョロニョロして音程の取りにくい「 ERRAND OF MERCY 」のメロディは、バカラックへなちょこソングベスト10に挙げてもいいくらい。歌うの難しいと思うのですが、ジョージは堂々と歌っています。ただの色男じゃなかったな、見直したぞっ!(笑)

本編のアルバムについて少しばかり。ヒット曲のカヴァーにせよオリジナル曲にせよ、俳優が歌ってみました感ありありの凡作っすね。(モテない男のひがみじゃないっすょ


【データ】
『 BY GEORGE! 』 (邦題:バイ・ジョージ!)
George Hamilton

LP:1965年11月リリース (所有CDは、2018年9月15日リイシューの日本盤、解説は中原太志氏)
レーベル:ABC-Paramount (所有CDは、オールデイズ・レコード)
番号:ABC-535 (所有CDは、ODR6567)

Produced by Bob Thiele
Directed by Keith Davis, Pete De Angelis
その他詳しいクレジットは不明

 

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック