« Genesis/Delaney & Bonnie (1971年) | トップページ | STRONGER THAN BEFORE/Joyce Kennedy (1984年) »

2019年3月17日 (日)

I Feel For You/Chaka Khan (1984年)

米女性R&Bシンガー、チャカ・カーンが1984年にリリースしたアルバムです。バカラック・カヴァーを1曲収録!

(画像は全てクリックすると別ウィンドウで大きくなります)
Fullsizeoutput_25d2 Fullsizeoutput_25d5

全10トラック中、バカラック作品は1トラック

2. STRONGER THAN BEFORE (4:21)


米女性R&Bシンガー、チャカ・カーンが1984年にリリースしたアルバムです。

Fullsizeoutput_25d61953年イリノイ州生まれのチャカは1973年ファンクバンド Rufus(ルーファス)のヴォーカルとしてデビュー。ソロとしても1978年にデビューし、1982年にルーファスが解散してからはソロに専念。本アルバムはソロでの6枚目にあたります。

メインのプロデューサーはアリフ・マーディン。全米3位/R&B1位になったプリンス作のアルバム・タイトル曲T-6.「 フィール・フォー・ユー 」をはじめ、ダンス/ファンク・チューンの曲がアルバムの大半を占めます。そんな中でバカラック・カヴァーのT-2.「 愛は果てしなく 」は明らかにテイストが違います。

オリジナルはキャロル・ベイヤー・セイガー(1981年のアルバム『 SOMETIMES LATE AT NIGHT 』に収録)。同年シングル・カットされ全米30位になりました。3年も経ってチャカ・カーンがカヴァーしたのは何故なんだろう? オリジナルをアレンジしたのがT-8.「 スルー・ザ・ファイア 」の作者であるデヴィッド・フォスターなんですが、彼がチャカに薦めたんじゃないかなぁ…と勝手に想像しています。

キーは2度高いけれど♩≒80のミディアム・テンポはオリジナルとほぼ同じ。オリジナルがAOR風だったのに対しこちらは若干R&B寄りでしょうか。エフェクトのかかったドラム、フェアライトや各種シンセ(絶対にヤマハDX7を使ってると思う)の音色はいかにも80年代中盤っぽい。チャカの歌唱は余裕を持ってパワフルに歌っていて、中間部やエンディングでのシャウト(ここはオリジナルと大きく違う点です)は流石です。

ここからはオマケ。MP3でしか所有していないバカラック・カヴァーをご紹介。
AmazonやiTunesでチャカ・カーンの「 STRONGER THAN BEFORE 」を検索するとライヴ音源(2:45) が見つかります。例えば画像のようなコンピ集です。
71s23itcsl_ss500_ 71uofvbxsl_ss500_ 81webdbr4l_ss500_ 814iumkjqsl_ss500_ 814fyzj7jfl_ss500_

でも、しかし、これが、どう逆立ちしてもチャカ・カーンの歌声に聴こえない…。MORの女性シンガーっぽいんですよねー。演奏もオリジナルのほぼ完コピみたいですし…。
これ誰なんだろう?と色々と音源を聴き比べました。そしてようやく、Marie Osmond(マリー・オズモンド)のライヴ音源と一致することを確認! コンパイルする際、音源を間違えたんでしょう。もー、人騒がせな(怒)。
オズモンズ・ファミリーの彼女は Donny & Marie Osmond 名義での活動が有名なお方。上記ライヴ音源が入ってるコンピ集(MP3のみ)はその名も『 Stronger Than Before (Live) 』でございます。
81ngutap2ll_ss500_


【データ】
『 I Feel For You 』(邦題:フィール・フォー・ユー)
Chaka Khan

CD:1984年10月1日リリース (所有CDは、1997年リイシューの日本盤)
レーベル:Warner Bros. (所有CDは、Warner Bros./wea Japan)
番号:9 25162-2 (所有CDは、WPCR-1008)

Executive Producer:Arif Mardin for Deniz Productions
Produced by Arif Mardin, Russ Titelman, John Robbie, David Foster, Humberto Gatica, Robbie Buchanan, Hawk, Joe Mardin
T-2. 「 STRONGER THAN BEFORE 」
  Written by Burt Bacharach, Carole Bayer Sager & Bruce Roberts
  Produced by Arif Mardin & Robbie Buchanan
  Arrangement:Robbie Buchanan & Arif Mardin
  Robbie Buchanan:All Keyboards & Synthesizers
  J.R. Robinson:Drums
  Nathan East:Bass
  Dan Huff:Guitar
  Craig Siegel:Fairlight Programming

 

« Genesis/Delaney & Bonnie (1971年) | トップページ | STRONGER THAN BEFORE/Joyce Kennedy (1984年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。あるでおさんが紹介されてるアルバムとは全く違う内容のコメントなのですが、ここのページでよろしいのでしょうか。

先月WOWOWでスティーブン・キングとJ.J.エイブラムスが組んだアメリカの新作ドラマ「キャッスルロック」全10話一挙放送を見ましたが、なんと冒頭にバカラックの曲が!
行方不明の少年を探す男が車のカセットテープを入れると流れる曲が「タルサから24時間」。ジーン・ピットニーの歌。字幕だとこんな訳。

「愛しき君 ダーリン
もう家にはいられないと手紙を書くべきだった
家に帰る途中 僕に何かが起きた
僕はもう以前の僕じゃない
まだタルサからたった24時間なのに」

あの素っ頓狂で軽快なはずのバカラック節が、このドラマでは何か事件が起きている緊張感溢れるザワザワ感に満ちていて引き込まれました。
(ドラマはミステリーなのかオカルトなのかSFなのかよくわからないまま見続けて、一気に見てしまいました。ジャンルはその全部でしたが)
最終回のエンドタイトルに割と長めに流れる歌は女性の声での「タルサからの24時間」。ダスティ・スプリングフィールドかな?
全話を見るとまるでこの歌詞からドラマ制作を始めたみたいに思えてしまうほどマッチしてました。

それはともかく、このドラマのように全く思いもかけないところや時間でバカラックに出会うのは大変新鮮で嬉しいものです。書店や喫茶店や街の医院などでふと聞こえるバカラックの曲はとても有難くおいしく感じてしまいます。CDで聴くときにはそんなに感激しないのに。
あるでおさんもそんな機会はないでしょうか。
「タルサ……」は特別大好きな曲というわけではなかったのですが、今はほぼ毎日車で聴いています。我ながら単純な奴です。

(余談ですが、以前山下達郎の「サンデー・ソングブック」でお伊勢さんに行ったらバカラックの曲が流れていたというリスナーからのお便りが紹介されてましたが、これには吹き出してしまいました。こんな出会いも楽しいですね)

ズズさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。こちらで全然構いませんよ!

『キャッスルロック』全く知りませんでした。「タルサからの24時間」は単なるBGMではなくて物語と関わってるんですね。
─ わたしも大いに気に入っていた曲だが、それはこの曲が生まれ、かたちになっていくうちに、いつしかミニチュア版の映画と化していたからだ。(略)なにしろこれは家に帰る途中でひとりの女性と出会い、二度と帰ってこなかった男の物語なのだ。─
バカラック自伝で爺が言ってることですが、こんな話なのでしょうか? ちょいと気になります。

─ 全く思いもかけないところや時間でバカラックに出会うのは大変新鮮で嬉しいものです。─
全く同感です。私はスーパーのBGM、TV番組のBGM、映画のBGMで「おぉっ!」となることが多いですねぇ。あと、─ 今日どこそこでバカラックの曲流れてたよ ─ と嫁さん・子供達から報告を受けることもあります。この20年間ず〜っと洗脳してきましたからねー。私も子供達の影響でハロー!プロジェクト(特にJuice=Juice)を聴くようになりましたからお互い様ですが(笑)

ではでは

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: I Feel For You/Chaka Khan (1984年):

« Genesis/Delaney & Bonnie (1971年) | トップページ | STRONGER THAN BEFORE/Joyce Kennedy (1984年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック