« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月28日 (日)

田畑貞一ドラムの世界Vol.3/バート・バカラックに挑戦/田畑貞一とオーケストラ (1971年)

ドラマー、田畑貞一が1971年にリリースしたインスト物のバカラック・カヴァー集です。

(画像は全てクリックすると大きくなります)
05251449_4ddc9874b86d4 05251449_4ddc9880b09f8
Original LP front cover/back cover

Fullsizeoutput_2eab_1 Fullsizeoutput_2eb0_1
所有LP(イタリア盤)のジャケット表/裏

A1. THE APRIL FOOLS
A2. THIS GUY’S IN LOVE WITH YOU
A3. I SAY A LITTLE PRAYER
A4. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD
A5. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE
A6. PROMISES, PROMISES
B1. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE
B2. REACH OUT FOR ME
B3. BOND STREET
B4. I’LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN
B5. THE LOOK OF LOVE
B6. ALFIE

収録時間約36分


ドラマー、田畑貞一が1971年にリリースしたインスト物のバカラック・カヴァー集です。

田畑貞一は、1936年東京生まれ。大学在学中の1953年に森亨&シックス・ポインツに加入してプロデビュー。様々なバンドで経験を積んだ後、1966年に石川晶に代わって宮間利之とニューハードに参加。1971年にニューハードから独立、スタジオ・ミュージシャンとしての活動と並行し、ポリドール、テイチク、コロムビア等で自身のリーダーアルバムを数々リリース。現在もリーダー&ドラマーとして演奏活動を続けながら後進の育成に取り組んでいるそうです。

本作は、『 田畑貞一ドラムの世界/歌謡ポップスに挑戦 』(JRS-7051)、『 田畑貞一ドラムの世界Vol.2/ワールド・トップ・ヒットに挑戦 』(JRS-7052)に続く『 ドラムの世界 』シリーズ3作目として、1970年9月に録音、1971年2月に日本ビクターからリリースされました。当時のお値段は¥1,800でしたが、国内の某中古レコード屋さんのサイトを見ると¥7,800の値札がついています。しかも売り切れ。人気盤なんですね。

うむむ、買えないと欲しくなるのが人の性。Discogsを見たらイタリア盤が見つかりまして。商品状態Near Mintでお値段は€25。イタリアからの送料€17込みで€42(購入時レートで¥5,528)はちと高いけど、気づいたらポチッとしてました。ということで所有LPはイタリアの RCA Victor から STEREO SOUNDS FROM JAPAN シリーズの第4弾として1971年9月にリリースされたもの。ゴルフのアドレスしてるみたいなジャケ写は何故か鉄橋の写真に差し替えられ、タイトルも『 SADAKAZU TABATA plays BACHARACH 』に。もしかして中身も違うんじゃ…と思い、念のため国立国会図書館に行ってオリジナルの国内盤LPを聴いて確認。曲数・曲順含めて全く同じだったのでホッとしました。

Fullsizeoutput_2eb3 Fullsizeoutput_2eb6
名義は田畑貞一とオーケストラとなっていて、編成はバンドに金管/木管/ストリングス/パーカッションを加えたもの(所有LPの裏ジャケ左側に載ってる録音時のレイアウト図を参照ください)。super 50-16 sound(※)という録音技術のせいでしょうか、音がクリアで音圧レベルも高くこの時代としては優秀な録音と思います。(※ テープ巾50mm 16トラックのマスターレコーダーで録音)

全12曲はバカラック・カヴァーの定番曲ばかり。独自アレンジの曲はB5.「 恋のおもかげ 」くらいでしょうか。他はバカラック版(A3,4,6,  B1,2,3,4,6)、ディオンヌ版(A1)、ハーブ・アルパート版(A2)、セルジオ・メンデス版(A5)をベースとしたアレンジで、特にA2,4,6やB4,6はほぼコピー。インスト物はアレンジが肝心なのに、工夫が足りない感じ。演奏そのものはノリが良くていいんですけどねー。そんな中で印象に残ったのは、フルートとピアノのアドリブが熱いA5.「 世界は愛を求めている 」、ドラムスのアドリブが聴けるB1.「 サン・ホセへの道 」とB3.「 ボンド・ストリート 」あたり。ドラムスがリーダーなんだからもっとドラムスを強調したアレンジがあっても良かったと思うんですよね。田畑貞一はジャズもバリバリ演れるドラマーなのに…。イージーリスニング全盛時代ということもあって控えめにしたのかなぁ。

オリジナルの国内盤には解説が載ってました。当時バカラックをどう評価していたかがわかるのでちょっと長いですが以下紹介します。ライターは吉浜節子氏。バカラックの音楽については疑問符が付くところもありますが、蛇足以降の女性ならではの視点が面白いです。田畑貞一についても書いてありましたので併せて紹介します。

─ バート・バカラック、この名前、ポップスファンならずとも、よくご存知のことと思います。彼が精力的に生み出す作品の数々はどれもがヒット性を持ち、したがって、沢山のアーティストが取り上げることになり、文字通り巷にあふれている状態ですから。では何故このようにバカラックの作品が受けるのか。それには様々な要素があるのですが、最大のポイントは、非常に耳ざわりの良い音楽であるからです。これは逆の見方をしますと、強烈な印象がないということになるかと思いますが、あまりに強烈なサウンドが氾らんする中では、それがかえって、人々の心に新鮮で心地良い印象を覚えさせるのでしょう。そうですね、たとえば原色の中に混った淡い色のようなもの。それ自体独立すると人々にはさほど強い印象を与えないけれど、まわりの原色にひきたてられて、ひときは光りを放つ。そういう効果をバカラックの音楽は持っているような気が致します。バカラックの曲が、たとえば20年、30年前に出たとします。さて、今ほど受けたでしょうか? 一寸疑問ですね。何故なら、彼の持つやさしさ、あたたかさ、といったものが当時の音楽には非常に多かったからです。つまりバカラックは、失われつつある人間性といったものを現代に持ち込んだのです。勿論だからといって、バカラックの音楽が単に人間味だけで成り立っているというのではありません。メロディ・ラインの作り方も、また処理の仕方にも、すぐれた才能がうかがえます。沢山のアーティストが彼の曲を競って取り上げているのがその良い証拠ですね。しかし、そうした技術的なもの以上に、人間的な魅力が大きいということなのです。少なくとも私はそう思います。そして、そんなバカラックの豊かな人間味が大好きなのです。
 さて、これは蛇足になるかも知れませんが、バカラックって、とてもハンサムなんですよ。年令は今年(1970年)で、ちょうど42才になりますが、とてもそんな年には見えない程若々しくて、明るい人です。機会があれば会って、ゆっくりおしゃべりをしたい、そんな気持を誰にも起こさせるナイス・ガイなのです。やはり蛇足だったでしょうか……。 ─

─ “バート・バカラックはナイス・ガイです”と書きました。そして、ここでそのバカラック・ナンバーを演奏するグループのリーダー田畑貞一さんが、これまたナイス・ガイなんです。粋なセンスを感じさせる彼のおしゃれ、当りの柔らかな物腰し、そして、控え目な人間性。そうしたものが、彼のドラミングには良くあらわれています。
 日本の場合、ドラムとその演奏法に関して、誤った考え方をしている人が多いように思います。たしかにドラムという楽器は、大きい音が出るせいでしょう、華やかな雰囲気があります。ただし、それはあくまで楽器の持つ特性であり、リズム体としての役目を持つものであるという現実を忘れてしまう人が多いのでしょう。ともすると前面に出たがる傾向があるように思います。ドラムはあくまでもリード楽器が歌いやすいようにサポートしなければならないのです。決して耳ざわりであってはいけないのですね。この辺が、彼我のつまり外国と日本のドラマーの大きな差になっているのではないかと思うのです。あくまでも、これは私見ですが……。
 その点、田畑貞一さんのドラミングは役目に忠実です。時には力強くそして時には繊細な感覚で音楽を作り出して行きます。日本において、これだけの感覚を持ったドラマーは少ないといわれる所以でしょう。それも一にかかって、彼の人間性からくるものでしょう。但し、本アルバムは、あくまでもフィーチャリング・ドラムということでありますから多分にドラムを前面に押し出して居るようではありますが……。
 最後に田畑貞一の略歴を記しておきましょう。
昭和11年、東京に生まれ、二松学舎大学を卒業後、竹内均氏に師事。そしてフルバンドでスタートを切り、モダン・ジャズのグループからスイング系のコンボに入りました。現在、年令的にも乗りにのってる所です。
 さて、ナイス・ガイ同志、バカラックと田畑貞一の組合わせ。どうなりますか、早速レコードに針を落としてみて下さい。きっと御満足いただけると思います。 ─


【データ】
『 田畑貞一ドラムの世界Vol.3/バート・バカラックに挑戦 』 (所有LPは『 SADAKAZU TABATA plays BACHARACH 』)
田畑貞一とオーケストラ

LP:1971年2月リリース (所有LPは、1971年9月リリースのイタリア盤)
レーベル:日本ビクター (所有LPは、RCA Victor)
番号:JRS-7054  ¥1,800 (所有LPは、LSP 34138)

ディレクター:ロビー和田
編曲:藤崎 邦男(A1,3, B2,5)、山屋 清(A2,5, B3,4)、山木 幸三郎(A4,6, B1,6)
エンジニア:内沼映二
録音日:1970年9月3,4,30日
録音スタジオ:ビクター新スタジオ No.1

※ 日本のAmazonでは取り扱い無し

2019年4月21日 (日)

Center Stage/Helen Reddy (1998年)

豪州出身の女性シンガー、ヘレン・レディが1998年にリリースしたアルバムです。バカラック・カヴァーを1曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Fullsizeoutput_2be0 Fullsizeoutput_2be4

全14トラック中、バカラック作品は1トラック

6. KNOWING WHEN TO LEAVE (2:10)


豪州出身の女性シンガー、ヘレン・レディが1998年にリリースしたアルバムです。

ヘレンは1941年メルボルン生まれ。1960年代末にオーストラリアからアメリカのロサンゼルスに渡り、1970年代には国際的な成功を収めました。特にアメリカ合衆国では、ビルボードHot100のトップ40に15曲を送り込み、6曲がトップ10入り、「 私は女 ('72) 」「 デルタの夜明け ('73) 」「 アンジー・ベイビー ('74) 」の3曲が全米1位になっています。1980年代半ばからはミュージカルの舞台も経験、ブロードウェイとウエスト・エンドの舞台にも立っています。(ウィキペディアより)

この方、全米No.1ヒットを持つアーティストなんですね、全然知らなかった^^;。

8年ぶりにアルバムをリリースにあたり、ヘレンはミュージカルの曲をカヴァーすることにします。 ─ 私の初恋は劇場。だからこのアルバムのアイデアを最初に知ったとき、私は嬉しかったの。私のキャリアの2つの分野 〜 録音スタジオと劇場のステージ 〜 を組み合わせるための完璧な手段だったから。さまざまな時代のさまざまなソングライターの曲を選んだわ。もちろん、私が出演したミュージカルの曲もね。 ─ (ライナーノーツより抜粋、私の超意訳で)

Fullsizeoutput_2be8
↑ は収録曲と元のミュージカル。T-1,4,9,10. の4曲は自身が出演したミュージカルから、その他はヘレンお気に入りのミュージカル曲のようです。バックの演奏はオケ+バンドが約半数。その他、ビッグバンド、ストリングス+ピアノ、ストリングス+バンド、バンド、ピアノのみなど曲によってアレンジもそれぞれ。知らない曲も多いですが、Varese Sarabandeらしくいかにもミュージカル的なライヴ感あるサウンドで楽しめます。

んで、バカラック・カヴァーは『 プロミセス・プロミセス 』からT-6.「 去りし時を知って(もうさようならの時)」。オケ+バンドによるゴージャスなアレンジは、ミュージカルの完コピではなく所々に独自のオブリガードを配したもの。特にイントロのブラスのフレーズはインパクトあって新鮮。張りのあるヘレンの歌声は若干ハスキーで味があります。惜しいのは高音域で、線が細くなってピッチも微妙に低めなんですね。でも、全体的には好カヴァーだと思います。もう少し尺があればよかったのになぁ。


【データ】
『 Center Stage 』
Helen Reddy

CD:1998年リリース
レーベル:Varese Sarabande (US)
番号:VSD-5962

Produced by Bruce Kimmel
Arranged and Conducted by Ron Abel (except T-10.), Joseph Baker (T-10.)
Orchestrations by Steven Orich

2019年4月14日 (日)

LIVING TOGETHER, GROWING TOGETHER/Tony Bennett With The Mike Curb Congregation (1972年)

トニー・ベネットが1972年にリリースしたシングルです。バカラックが音楽を担当した映画『 失われた地平線 』の曲をカヴァー!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Fullsizeoutput_25db Fullsizeoutput_25e0

A. LIVING TOGETHER, GROWING TOGETHER (3:19)
B. THE GOOD THINGS IN LIFE (3:25)


トニー・ベネットが1972年にリリースしたかなりレアなシングルです。

トニー・ベネットは米国の大御所男性歌手のひとり。1926年生まれなのでバカラック(1928年生まれ)より2歳上。ジャズ・スタンダードからポップスまで守備範囲の広いお方で、いわゆるクルーナーの代表的存在でもあります。最近では多様なアーティストとのデュエットで存在感を示していて、特にレディー・ガガとのデュエットは話題を呼びましたね。

1972年、トニー・ベネットはそれまで長く在籍していたコロンビアからMGMに移籍。10月には移籍後初のアルバム『 The Good Things In Life 』をリリースします。そして同時期にリリースしたシングルのA面がこの「リヴィング・トゥゲザー、グロウイング・トゥゲザー」でございます(ただしアルバムには未収録)。ちなみに↓は billboard 1972年11月4日号25ページに掲載されたMGM/Verveの全面広告。こう書いてあります。 ─  A new album by Tony Bennett is one of the good things in life. Plus a great new single - "Living Together, Growing Together" "The Good Things In Life"  ─
Fullsizeoutput_2d8d

ご承知の通りこの曲はバカラックが音楽を担当した1973年3月公開(日本では同年7月公開)の米ミュージカル映画『 LOST HORIZON(失われた地平線)』の中で歌われた曲の一つ。コロンビア映画の作品だったのでお世話になったコロンビアに忖度してカヴァーしたのかもしれませんね。

アレンジは映画およびそのサントラ盤をベースにしたもの。トニー・ベネットは軽くヴィブラートを効かせ、サビではメロディちょっぴりフェイクなんかしちゃったりして余裕の歌唱といったところ。歌い出しは彼のソロですが、男性コーラス、女性コーラス、キッズコーラスが次々に重なっていきます。この大人子供混成のコーラスは1960年代にマイク・カーブが中心となって結成されたコーラス・グループのThe Mike Curb Congregation(マイク・カーブ・コングリゲイション)によるものです。ちなみにマイク・カーブは当時MGMレコードとヴァージンレコードの社長さんでした。

このトニー・ベネット版は全米チャートで1972年12月に111位を記録しています。「 リヴィング・トゥゲザー、グロウイング・トゥゲザー 」最大のヒットはフィフス・ディメンション版ですが、1972年12月のリリースで全米チャート32位を記録したのは1973年1月でした。つまり、チャート上ではフィフス・ディメンションよりも先だったんですね。いやいや、意外でした。

ここからはオマケです。
トニー・ベネットはコロンビア時代にバカラックをちょくちょくカヴァーしています。
R16387721280950168jpeg R32429051322027041jpeg R457382515043063204311jpeg
1969年のアルバム『 I've Gotta Be Me 』で「 アルフィー 」「 世界は愛を求めている 」「 あなたはあなた 」、同じく1969年のアルバム『 Tony Sings the Great Hits of Today 』で「 恋の面影 」、1970年のアルバム『 Tony Bennett's Something 』で「 涙でさようなら 」というように(リンク先はコロンビアのバカラック物コンピ集)。いずれもゴージャスで凝ったアレンジなのですが、片や「 リヴィング・トゥゲザー、グロウイング・トゥゲザー 」はオリジナルほぼ完コピのアレンジ。コロンビアだったらどんな風にカヴァーしたのか…ちょっと気になるあるでおでした。


【データ】
「 LIVING TOGETHER, GROWING TOGETHER 」
Tony Bennett With The Mike Curb Congregation

Single:1972年10月リリース
レーベル:MGM / Verve
番号:MV 10690

Produced by Mike Curb and Don Costa
Arranged by Don Costa

※ 日本の Amazon での取り扱いは無し

2019年4月 7日 (日)

STRONGER THAN BEFORE/Just Friends (1981年)

正体不明のユニット?、Just Friends が1981年にリリースしたバカラック・カヴァーのシングルです。

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Img209

A. STRONGER THAN BEFORE (3:30)
B. STRONGER THAN BEFORE (3:30)  ← プロモ盤なのでA面と同じ曲


米国のヒップホップ/ソウル系レーベル、Sugar Hill Records から1981年にリリースされたシングルです。

バカラック作品の中ではそれほどカヴァーされていない「 STRONGER THAN BEFORE(愛は果てしなく)」。そのカヴァーを連続で紹介する企画の第4弾。ネタが尽きて今回がラストです。

オリジナルはキャロル・ベイヤー・セイガー。1981年にリリースしたサード・アルバム『 SOMETIMES LATE AT NIGHT(真夜中のくちづけ)』の収録曲で、シングルは全米30位を記録しました。オリジナルと同じ1981年にカヴァーされたのは本作の Just Friends だけです。

メイン・ヴォーカルは男性1人、サブとして女性1人も歌っています。男性は裏声で歌っていて女性と音程が同じ。声質もよく似ています。Just Friends はこの2人のユニット名と思われますが、色々調べたものの結局正体はわかりませんでした。アレンジはオリジナルのセイガー版のコピーですが、サウンドの厚みと密度が全然違っていて本作は至って質素な仕上がり。

実は、キャロル・ベイヤー・セイガーのアルバム『 真夜中のくちづけ 』には「 JUST FRIENDS 」という曲が入ってます。マイケル・ジャクソンがバック・コーラスで参加した曲なのですが、本作のアーティスト名はその曲と関係があるんじゃないかと睨んでいます。マイケル・ジャクソンとキャロル・ベイヤー・セイガーが「 愛は果てしなく 」をデュエットしたらどうなるか、パロディで誰かがやったのかなぁ…と。ま、私の妄想ですが。

あと、細かい指摘をひとつ。この曲はバート・バカラック、キャロル・ベイヤー・セイガー、ブルース・ロバーツの3人による共作曲なのですが、レーベル面のクレジットにはブルース・ロバーツの表記がありません。あぁ、なんて可哀想なブルース・ロバーツ💦。

ここからはオマケです。MP3で所有している「 愛は果てしなく 」のカヴァーをご紹介。
Keys Toni Cecil
まずは B. Judahl Keys。2013年?のアルバム『 Evolution of the SoulQuarian 』でカヴァー(5:32)。チャカ・カーン版をベースにしたヒップポップ風アレンジ。この方は男性アーティストのようですがちゃんと歌ってるのはAメロとBメロの一部とアドリヴ風のフェイクくらいでサビは女性バック・コーラスが主役。サウンド的にはとっても今風です。

続いて Toni Redd。米国アトランタの女性R&Bシンガーで、2015年のアルバム『 Her Reddness 』でカヴァー(4:48)。アレンジはチャカ・カーン版のほぼコピーですが、ベースの動きがチャカ版よりもカッコイイです。Toni Redd の歌唱はソウルフルですがそれほど印象には残りません。

最後に Cecil Ramirez。2015年?のアルバム『 Party in the Back 』でカヴァー(4:09)。スムーズ・ジャズ系のインスト物で、メロディを奏でるのはピアノ。1コーラス目は普通に、2コーラス目からはアドリヴも交えてきます。このアドリヴがなかなかクールで気持ちいいです。エンディングがフェードアウトじゃなく終止形なのは個人的にポイント高いです。


【データ】
「 STRONGER THAN BEFORE 」
Just Friends

シングル:1981年リリース
レーベル:Sugar Hill Records(US)
番号:SH-761

Produced by Joey Robinson, Jr. Productions
Recorded at Sweet Mountain Studio

※ 日本のAmazonでの取り扱いは無し

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック