« Still in Love: Songs of Bacharach/Julian Yeo (2016年) | トップページ | To Hal & Bach/Melanie Parry (2007年) »

2019年6月30日 (日)

sings Bacharach/Laura Avanzolini (2019年)

イタリアの女性ジャズ・ヴォーカリスト、ローラ・アヴァンゾリーニが2019年6月にリリースしたバカラック・カヴァー集です!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Fullsizeoutput_3fde Fullsizeoutput_3fea

1. ANYONE WHO HAD A HEART
2. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU
3. THE LOOK OF LOVE
4. WIVES AND LOVERS
5. THAT'S WHAT FRIENDS ARE FOR
6. I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN
7. THE APRIL FOOLS
8. I SAY A LITTLE PRAYER
9. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD
10. BABY IT'S YOU

収録時間約49分


イタリアの女性ジャズ・ヴォーカリスト、ローラ・アヴァンゾリーニが今月(2019年6月)リリースしたばかりのバカラック・カヴァー集です!

ローラの公式サイトによれば、彼女は1985年生まれ。えぇと今年で34歳ですね。最初はギターやピアノに取り組んだけど、歌とジャズに転向したそうです。2013年から数枚アルバムをリリース。2015年からは、ジャス・シンガーのクラスを持って教えてるんだとか。

バックはセクステットで、ピアノレスのトリオ(ギター、ウッドベース、ドラムス)+ホーン3人という編成。ホーンが3本もあるとやはり賑やかですねー。CDの裏ジャケにメンバーが勢揃いしてますが、1人を除いて髭生やしてていかにも伊太利亜って感じ(笑)。

取り上げたバカラック・ナンバーは有名曲ばかり10曲。アレンジは実にバラエティ豊か。よく言えば意欲的ですが、やりすぎと感じる曲もチラホラ。でもそれが狙いなのかもしれません。ありきたりのバカラック・カヴァー集にはしないぞ、と。

T-3.「 恋のおもかげ 」は冒頭ウッドベースのアドリブが1分間続き、それからイントロがスタート。階段状のベース、タイトなリズム、ホーンによる和音がカッコイイ。最初はクールに、だんだん熱を帯びてまたクールに戻るローラの歌いっぷりとバックがうまくマッチングしてます。T-7.「 エイプリル・フールズ 」でも冒頭アコギがソロでメロディを約50秒間変奏。本編に入ると、8分音符で和音をきざむアコギ、間奏でのトランペットやギター等のアドリヴ、ローラの歌唱とハモるホーンがなかなかに独創的。ゆったりしたグルーヴ感が大人な感じです。

T-8.「 小さな願い 」では今度はドラムスが約1分間アドリヴ。本編に入ると、最初はハンドクラップ(2拍目と4拍目)、続いて16ビートのリズムに乗ってホーン群によるメロディ+アドリヴ。フェイクを交えたローラのヴォーカルも見事。これもなかなかに独創的です。T-9.「 雨にぬれても 」は一転、ゆったりしたバラード調にアレンジ。中間部でのトロンボーンのメロディ・ソロは自分も吹いてみたいと思いました。後半はドラムスのリズムが強くなり、トランペットのアドリヴがまたイイ感じでございます。

以上4曲が私のレコメンドです。

T-5.「 愛のハーモニー 」はリズムなしの前半部でボウイング奏法のダブルベースがなんともイイ雰囲気なのですが、リズムが入ってからの後半が凡庸ですかね。ところどころで4拍子+3拍子の変拍子を繰り返すT-6.「 恋よさようなら 」もユニーク。一方、1コーラス目難しいリズムに乗せて歌うT-2.「 遥かなる影 」、デキシーランド・ジャズ風のT-10.「 ベイビー・イッツ・ユー 」あたりはやりずぎ感強めです。あくまでも私の主観ですが。

クセが強いけれど意欲的な本アルバム、ジャズというジャンルにとらわれないで聴いてほしいです。


【データ】
『 sings Bacharach 』
Laura Avanzolini

CD:2019年6月13日リリース
レーベル:Koiné / Dodicilune (IT)
番号:KNE035

Produced by Laura Avanzolini, Walter Pignotti, Michele Sperandio
All original arrangements by Michele Francesconi
  Laura Avanzolini - vocals
  Giacomo Uncini - trumpet, flugelhorn
  Antonangelo Giudice - tenor saxophone, clarinet
  Paolo Del Papa - trombone
  Walter Pignotti - guitars, banjo
  Tiziano Negrello - double bass
  Michele Sperandio - drums
Recorded 30th, 31st October 2018 at Marzi Recording Studio,Riccione, Italy

« Still in Love: Songs of Bacharach/Julian Yeo (2016年) | トップページ | To Hal & Bach/Melanie Parry (2007年) »

カヴァーアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Still in Love: Songs of Bacharach/Julian Yeo (2016年) | トップページ | To Hal & Bach/Melanie Parry (2007年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック