« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月28日 (日)

Core Bacharach/Fred Fried and Core (2013年)

米国の男性ジャズ・ギタリスト、フレッド・フライドが自身のトリオで演奏したバカラック・カヴァー集です!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Fullsizeoutput_4492_20190722203701 Fullsizeoutput_449a

1. I SAY A LITTLE PRAYER
2. THE LOOK OF LOVE
3. WALK ON BY
4. WIVES AND LOVERS
5. MAKE IT EASY ON YOURSELF
6. WHAT'S NEW PUSSYCAT?
7. A HOUSE IS NOT A HOME
8. THIS GUY'S IN LOVE WITH YOU
9. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE
10. ANYONE WHO HAD A HEART
11. ALFIE

収録時間約65分


米国の男性ジャズ・ギタリスト、フレッド・フライドが自身のトリオで演奏したバカラック・カヴァー集です!

フレッド・フライドは1948年12月 NY生まれ。作家志望だった彼は英語専攻で大学に入ったものの、ギターに夢中になります。大学卒業後はLAで5年間過ごすのですが、その間に7弦ギターの大家である George Van Eps に半年間師事。彼は7弦ギターを弾くようになりその後NYに戻って様々なミュージシャンと共演。現在は8弦ギターに移行してマサチューセッツ州ケープコッドを拠点に活動しています。

自身のトリオ Fred Fried and Core の残り2人もマサチューセッツ州在住で、ベースの Michael Lavoie とドラムスの Miki Matsuki。ん?、ドラムスは日本人なのか? 経歴を調べたところバークリー音楽院とロンジー音楽院(いずれもマサチューセッツ州ボストンの学校)卒、ボストンで活躍している日本人ミュージシャンとのことです。
Fullsizeoutput_46fc

11作目のリーダー作(Fred Fried and Coreとしては3作目)で取り上げた11曲は、バカラック&デイヴィッドコンビのカヴァー定番曲ばかり。フレッドは自らライナーでこう書いています。

─ 私はバート・バカラックを最も尊敬しています。彼の曲が大好きです。彼の曲は、いかなる定義にせよスタンダードであり、さまざまな解釈に耐えることができます。したがって、ジャズギタリスト、作曲家、そしてアレンジャーとして、私はボーカリストをマイナスして演奏しただけの単なるインストゥルメンタル・バージョンにはしたくありませんでした。実際、私がこのプロジェクトに参加したのは、自身の音楽プリズムを通してバカラックの作品を輝かせ、その結果どうなるかを知りたかったからです。 ─

志が高いですねー。そして、聴いてみるとそれが口だけじゃないことがわかります。

アレンジは創造性に富み、軽快で、透明な空気感を備えつつ熱いところはしっかり熱い、そんな演奏です。イントロだけ聴いても何の曲かわからなかったりします。どの曲もオススメですが、個人的なレコメンドをいくつか挙げてみます。1曲めのT-1.「 小さな願い 」、50秒間あるイントロのうち35秒くらいまでは全く何の曲だかわからないのに、違和感なくディオンヌ版のイントロに繋がるアレンジに唸っちゃいました。T-5.「 涙でさようなら 」の冒頭(後半にもあり)、ギターの伴奏でベースがメロディを爪弾くのですが、その何とも言えない静謐な暖かさが素敵なんですよね〜。T-6.「 何かいいことないか子猫チャン 」では拍子やリズムがコロコロ変わるのですが、それがもうカッコよくてカッコよくて。中間部から後半にかけてのギターやベースのアドリヴも最高です。

この曲だけギター・ソロのT-11.「 アルフィー 」はフレッドのバカラックへの想いが最も伝わってきます。  ─ 私は何年もの間「 アルフィー 」を演奏してきましたが、このレコーディングのために、そしてソロのギター・ピースとして、私はフル8弦での演奏にチャレンジしました。 ─   実際、フレッドは2作目のアルバム『 Out of My Dreams 』でも「 アルフィー 」を取り上げています(7弦ギター、トリオで)。それは公式サイトで聴けるのですが、本作の「 アルフィー 」の方がよりパーソナルに感じます。

非常に中身の濃い、素晴らしいバカラック・カヴァーだと思います。BGMにもいいですね。


【データ】
『 Core Bacharach 』
Fred Fried and Core

CD:2013年7月6日リリース
レーベル:Ballet Tree Jazz Production (US)
番号:なし

Produced by Fred Fried
All songs written by Burt Bacharach and Hal David
Fred Fried - 8-string guitar, Arranger
Michael Lavoie - Bass
Miki Matsuki - Drums
Recorded March and April 2013 at PBS Studios, Westwood, MA
Recorded, mixed and mastered by Peter Kontrimas

2019年7月21日 (日)

Introducing Lynn Marino/The Frank Cunimondo Trio (1971年)

フランク・カニモンド・トリオがリン・マリノをフィーチャーして1971年にリリースしたアルバムです。バカラック・カヴァーを1曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
R90061614859399968939jpeg R9006161253808471jpeg
Original LP front cover/back cover

Img250 Fullsizeoutput_43d1
所有リイシューCDのジャケット表/ケース裏

全10トラック中、バカラック作品は1トラック

3. A HOUSE IS NOT A HOME (4:06)


フランク・カニモンド・トリオがリン・マリノをフィーチャーしてカニモンド自身のレーベルから1971年にリリースしたアルバムです。

フランク・カニモンドは1934年ピッツバーグ生まれ(まだご健在の様子)のジャズ・ピアニスト。若い頃はマイアミやニューヨークで演奏したけれどその後ピッツバーグに戻って活動。ウィキによれば、そのスタイルはしばしばビル・エヴァンスと比較されるそうです。

リン・マリノはやはりピッツバーグの女性ジャズ・シンガー。ジャズ・ベーシストを父に持ち、12歳から地元で歌ってたそう。1966年に高校を卒業した後、彼女はピアノも弾けるみたいで自身のトリオで米国内を転々。1968年にピッツバーグに戻り、彼女にとって最初のレコーディングとなったのが本作でした。

私はお二人のこと全く知らなかったのですが、色々なレコード通販サイトや個人のジャズ系ブログで本作は人気作として紹介されています。まずはリン・マリノのハスキー&ノンビブラートで甘えた歌声。ピッツバーグのブロッサム・ディアリー、日本で言えばYOU、だいたいそのような形容詞が付いてます。その手の歌手が好きな人にとってはもうタマらん、というコトみたいですね。曲的には、ロジャー・ニコルズのカヴァー2曲 〜 T-1.「 LOVE SO FINE 」とT-10.「 WE'VE ONLY JUST BEGUN 」の評価が高いです。それにT-6.「 FEELIN' GOOD 」も。私もロジャ・ニコの2曲が本作の白眉だと思います。特にファンキーでノリが良い「 WE'VE ONLY JUST BEGUN 」はサイコーっす。

んで、バカラック・カヴァーはT-3.「 ハウス・イズ・ノット・ア・ホーム 」。ピアノのブロック奏を主体とした4ビートのシンプルな演奏をバックに頑張って歌うリン嬢。ロングトーンの音程が微妙に不安定だし、適度に抜くような歌い方がまだ身についてない感じ。表現力が要求されるこの曲はちょっと厳しいかなぁ…と思った次第。

所有のリイシューCDは1997年のオランダ盤なんですが、ジャケットが変わり果てて…。何ですかあのジャケットの男性は。お前は引っ込んでろっ!って怒鳴りたくなります。安かったらからまぁしゃあないですが(苦笑)。

因みに、フランク・カニモンド・トリオは1969年のアルバム『 The Lamp Is Low 』でバカラックの「 アルフィー 」をカヴァーしています。まだ聴いたことないので、いつか聴いてみたいです。


【データ】
『 Introducing Lynn Marino 』 (所有リイシューCDのタイトルは『 Feelin' Good 』)
The Frank Cunimondo Trio   (所有リイシューCDは、The Frank Cunimondo Trio featuring Lynn Marino)

LP:1971年リリース (所有リイシューCDは、1997年リリースのオランダ盤)
レーベル:Mondo (US)   (所有リイシューCDは、Movieplay Music)
番号:M-103   (所有リイシューCDは、MPV 100401)

Executive-Producer - Frank A. Cerra
Production Coordinator - Frank Cunimondo
Arrangements & Musical Director - Frank Cunimondo
Vocals - Lynn Marino
Piano - Frank Cunimondo
Bass - Mike Taylor
Drums - Roger Humphries

2019年7月14日 (日)

TO HAL AND BACHARACH/V.A. (1998年)

オーストラリアの若手アーティスト達によるバカラック・カヴァー集です。

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Fullsizeoutput_5b0_2 Fullsizeoutput_5b4

1. (THERE'S) ALWAYS SOMETHING THERE TO REMIND ME  〜 Rebecca’s Empire 〜  F
2. WALK ON BY  〜 The Mavis’s 〜  FM
3. THIS GIRL'S IN LOVE WITH YOU  〜 Leonardo’s Bride 〜  F
4. TRAINS AND BOATS AND PLANES  〜 The Dumb Earth 〜  M
5. THE LOOK OF LOVE  〜 Lisa Miller And Tex Perkins 〜  FM
6. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD  〜 Cordrazine 〜  M
7. WHAT'S NEW PUSSYCAT?  〜 Frank Bennett 〜  M
8. I’LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN  〜 The Whitlams 〜  M
9. (THE MAN WHO SHOT) LIBERTY VALANCE  〜 Regurgitator 〜  M
10. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE  〜 The Avalanches 〜  M
11. ANYONE WHO HAD A HEART  〜 Kim Salmon & The Surrealists 〜  M
12. 24 HOURS FROM TULSA  〜 Chris Wilson 〜  M
13. WIVES AND LOVERS  〜 Kiley Gaffney 〜  F
14. I JUST DON'T KNOW WHAT TO DO WITH MYSELF  〜 The Earthmen 〜  M
15. MAKE IT EASY ON YOURSELF  〜 The Blackeyed Susans 〜  M
16. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU  〜 Billy Baxter 〜  M
17. YOU'LL NEVER GET TO HEAVEN (IF YOU BREAK MY HEART)  〜 Kiiva 〜  F
18. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE  〜 Dave Graney and Clare Moore vs The Dirty Three 〜  M

※ メイン・ボーカル入りの曲は、F(Female-女性)、または M(Male-男性)と表記

収録時間約70分


アルバムタイトルを見てデジャヴを感じました。前回紹介したメラニー・パリーのバカラック・カヴァー集が『 To Hal & Bach 』でしたからねぇ。ということで、オーストラリアの若手アーティスト達によるバカラック・カヴァー集です。

リリースは1998年。18組のアーティストがバカラック/デイヴィッド作品をそれぞれ1曲ずつカヴァー。誰それ? 何そのバンド名? のオンパレードですが。

─ 日曜の夜にクリスタとカフェで仕事していたら『明日に向って撃て!』のサントラが流れた。それをきっかけに、バカラックの音楽にどう親しんできたかを語り始めた。痛切に訴えかけてくるハル・デイヴィッドの歌詞にも話が及んだ。先人と同様、2人は彼等の音楽に大きな影響を受けていたんだ。そこから、オーストラリアのアーティストによるバカラック/デイヴィッドのカヴァー・アルバムを作ることを思いついた。(中略)レコーディングするなら今だと思った。オーストラリアの才能を信じている。でも、どうしたら良いんだ? 期待している母がいた。そして、熱心なバンドマネージャーがいた。みんなの熱意でハードルを飛び越えた。 ─ (ライナーの一部を要約、私の超意訳で)

記載ないのでわかりませんが、ライナー執筆者は3人いるエグゼクティヴ・プロデューサーのうちの1人と思われます。その後、紆余曲折があったものの1年半後に本作が実現!

CDケースの透明なトレイの下にキャッチコピーが書かれていました。オーストラリア人としての矜持を感じます。
─ Austrlian Adventures Into The World Of Hal David nd Burt Bcharach ─

各アーティストをDiscogsでチェックしてみましたが、パワーポップ、オルタナ・ロック、ポップ・ロック、ガレージ・ロック、ヒップポップ、ハウス、アート・ロック、ブリット・ポップ、フォーク・ロック、ブルース、ジャズ…といった様々なジャンル/スタイルの面々。聴いてみるとユニーク且つ意欲的なアレンジ&パフォーマンスが目白押し。逆に言うと、オーソドックスなカヴァーが1曲もない。1曲もですよ! …いやぁ、確かにAdventures(複数形だから冒険談とかそんな意味か?)ですねー。

私のレコメンドは、メロディ崩しまくり且つ「 タブー 」のようなサックスがヤバいT-4.「 汽車と船と飛行機と 」、ブルース調でクールなのに崩した男性ヴォーカルがカッコイイT-6.「 雨にぬれても 」、原曲の楽しさをチャールストン風のアレンジで更に楽しくしたT-7.「 何かいいことないか子猫ちゃん? 」、4拍子の原曲を6/8拍子のブリット・ポップ調にアレンジして男性がドリーミーに歌うT-14.「 恋のとまどい 」、鳥の声が聴こえたりアンビエントで素朴な肌触りのバックに男性シンガー(Dave Graney)の味わい深いしゃがれた歌声が妙にマッチするT-18.「 世界は愛を求めている 」、などなど。

他にもユニークなアレンジの曲が多いです。中には、全く原曲がわからないT-10.「 サン・ホセへの道 」やメロディはわかるけど音程が一定のT-3.「 ディス・ガール 」など不思議ちゃんもありますが。

あっ、そうそう。T-18.のアーティストの1人である Dave Graney が今年(2019年)1月こんなツィートをしていました。
Fullsizeoutput_44c8_20190716233501
─ 1997年、バート・バカラックと一緒に。Clare Moore と私は The Dirty Three と一緒に「 世界は愛を求めている 」を演奏した。トリビュート・コンピ集のためだ。この写真はバートのショーの直後で、私は彼を前に恥ずかしく決まり悪そうにしている。私は今夜、Hobart の Homestead で恥知らずにもソロをやっている。 ─

写真をよく見ると、トリビュート・コンピ集(本アルバム)のCDケースが写ってます。思わずオーっとなりました。ただ、この写真は1997年じゃなくて1998年だと思います。1997年はまだリリースされてませんからね…。

日本のAmazonじゃ取り扱ってないしMP3にもなってないのでレアなアルバムではありますが、見つけたらゲットされることをオススメします。


【データ】
『 TO HAL AND BACHARACH 』
V.A.

CD:1998年リリース
レーベル:wea / Warner Music Australia
番号:3984228212

Executive Producers: Kurt Luthy, Christa Mitchell and Melissa Whebell @ Talking Stick.
クレジットは ↓ をどうぞ!(転記面倒なので横着しました)
Fullsizeoutput_4376 Fullsizeoutput_436e Fullsizeoutput_4372

※ 日本の Amazon での取り扱い無し(因みにオーストラリアのAmazonでも見つからず)

2019年7月 7日 (日)

To Hal & Bach/Melanie Parry (2007年)

オーストラリアの女性シンガー、メラニー・パリーが2007年にリリースしたバカラック・カヴァー集です。

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Fullsizeoutput_3ede

1. I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN
2. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD
3. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU
4. WISHIN' AND HOPIN’
5. A HOUSE IS NOT A HOME
6. (THERE'S) ALWAYS SOMETHING THERE TO REMIND ME
7. THIS GIRL'S IN LOVE WITH YOU
8. YOU'LL NEVER GET TO HEAVEN (IF YOU BREAK MY HEART)
9. THE LOOK OF LOVE
10. ALFIE
11. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE
12. ANYONE WHO HAD A HEART
13. I SAY A LITTLE PRAYER
14. DON'T MAKE ME OVER
15. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE

収録時間約51分


オーストラリアの女性シンガー、メラニー・パリーが2007年にリリースしたバカラック・カヴァー集です。

メラニーはシドニー生まれ(生年不詳。FBには1970年大学入学と出てたので1952年頃の生まれ?)。11歳の時にはすでに舞台に立ったそうですが、女優・歌手としてのキャリアは1976年頃から。基本的な活動拠点はオーストラリアですが、英国/ラスヴェガス/ニュージーランドでも公演してるそう。現在は『 VERA, The Magic of Dame Vera Lynn 』『 Judy Garland Story - A Life In Song 』『 Bacharach & Friends 』と銘打った3種類のショーを各地の劇場で行なってます。

ショーそれぞれに対し彼女はプロモーション用のアルバムをリリースしていて本アルバムはその一つ。ちなみに↓写真は『 Bacharach & Friends 』ショーのひとコマです。ピアノ&シンセ、ダブルベース、ドラムス、トランペットをバックに歌ってます。
9a7fb9_e4839b19948842fc8e0e54a27b964e3em

本作は全15曲。カヴァー定番曲ばかりで、しかもバカラック&デイヴィッド作品のみをチョイス。アルバムタイトル通りですね。

ブライト、パワフル、いかにもミュージカル女優的なビブラート。メアニーの歌声を形容するとすればそんな感じ。アレンジはいずれもその曲の先人バージョンをベースにしています。15曲のうち11曲は'60年代〜'70年代の定番バージョンですが、T-2.「 雨にぬれても 」は英国チャート1位となったサッシャ・ディステル版、T-4.「 ウィッシン・アンド・ホーピン 」はぺトゥラ・クラークの2002年ライヴ版、T-9.「 恋のおもかげ 」はダイアナ・クラール版、T-13.「 小さな願い 」はダイアナ・キングの Love To Infinity's Classic Radio Mix 版を元にしています。でもまぁ、全体的にはワクワクドキドキ感の薄い常識的なアレンジと言えます。

とっても残念なのがバックの演奏。ピアノ系、Eベース、ドラムス、一部曲で聴かれるサックス・ソロやと女性コーラス。ここまではいいんです。他にストリングスやブラスを全てシンセ系で賄ってるんですが、これがチープ過ぎるんですねー。音色にしてもアーティキュレーションにしても。いやもう興ざめっすよ。今時シンセ使ってももう少しマシなもの演れるでしょ!

メラニーは頑張って歌ってるんですが、そういった理由で積極的にはオススメ致しかねます。ごめんねメラニー。

尚、2007年当時はCDでリリースされたようですが現在入手可能なのはMP3だけ。私もMP3しか所有していません。


【データ】
『 To Hal & Bach a tribute to the music of Burt Bacharach & Hal David
Melanie Parry

CD:2007年リリース (所有MP3は2017年リリース)
レーベル:Independent Music
番号:?

クレジット詳細不明

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック