« DYNASTY/the Jackie McLean Quintet (1990年) | トップページ | My Favorite Color/Jackie Allen (2014年) »

2019年9月 1日 (日)

This Is FLOYD CRAMER/Floyd Cramer (1970年)

米国の男性ピアニスト、フロイド・クレイマーのLP2枚組ベスト盤。1970年にリリースしたもので、バカラック作品を6曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Fullsizeoutput_4cf6 Fullsizeoutput_4cf7

全20トラック中、バカラック作品は6トラック

A2. ALFIE (2:29)
A3. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE (2:46)
B5. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE (2:16)
C3. THE LOOK OF LOVE (3:09)
C5. I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN (2:40)
D3. THIS GUY'S IN LOVE WITH YOU (3:16)


米国の男性ピアニスト、フロイド・クレイマーのLP2枚組ベスト盤です。

フロイド・クレイマー(1933年〜1997年)はナッシュビルでスタジオミュージシャンとして活躍。たとえば、エルヴィス・プレスリー「 ハートブレイク・ホテル 」のピアノ伴奏は彼なんですって。2003年にはカントリーの殿堂入り&ロックンロールの殿堂入りしています。その一方で、自身の名義でレコードも多数リリース。その時々のヒット曲を取り上げたもので所謂イージーリスニングの類いですね。本作は、1967年頃〜1970年までの彼のアルバムからコンパイルしたベスト盤です。

クレイマーのピアノは軽妙なタッチで明るい音色がします。イージーリスニングとの相性は良い方でしょう。

Fullsizeoutput_4d03 Fullsizeoutput_4d06 Fullsizeoutput_4d0b Fullsizeoutput_4d10
Side1を聴いたあと裏返して”えっ?”となりました。だって、裏面がSide4なんですっ! んで、Side2の裏はSide3。なんじゃこりゃ? こんなの初めて見ました(少なくとも私は)。3枚組の時はどーなるの??

気を取り直して…。尚、Side1〜4をA〜Dに置き換えて記載しています。
1967年リリース『 Class Of '67 』に収録されていたA2.「 アルフィー 」は、ストリングスと木管とヴィブラフォンをバックにしたシンプルなアレンジです。1968年リリース『 Class Of '68 』からはC3.「 恋のおもかげ 」。ちょっとファンキーなボサノヴァ風って感じ。

同じく1968年リリース『 Floyd Cramer Plays MacArthur Park 』からは早めのテンポで軽妙に弾むB5.「 サン・ホセへの道 」とこちらも軽妙だけどやたらメロディに装飾音が付いたD3.「 ディス・ガイ 」。そして1969年リリース『 Class Of '69 』からA3.「 世界は愛を求めている 」。わりとオーソドックスなアレンジでしょうか。そして、1970年リリース『 The Big Ones - Volume II 』よりC5.「 恋よさようなら 」。コンパイルされたバカラック6曲の中では、最も彼の軽妙さが生きるアレンジだと思います。

フロイド・クレイマーは、1966年以降本作リリースまでに他にもバカラック作品 〜「 何かいいことないか子猫チャン 」「 恋のとまどい 」「 小さな願い 」「 雨にぬれても 」をレコーディングしています。本作にはコンパイルされませんでしたが、これらのうち「 何かいいことないか子猫チャン 」「 恋のとまどい 」は、BMG(UK)がリリースしたバカラック物コンピ集『 MAGIC MOMENTS the classic songs of Burt Bacharach 』などで聴くことができます。


【データ】
『 This Is FLOYD CRAMER 』
Floyd Cramer

LP:1970年リリース
レーベル:RCA Victor (US)
番号:VPS-6031

Arranged and Conducted by Don Tweedy (A2)
Arranged and Conducted by Bill McElhiney (B5,C3)
Arranged by Bill McElhiney (C5)
Remastered by Don Miller

※ 日本のAmazonでの取り扱いは無し

« DYNASTY/the Jackie McLean Quintet (1990年) | トップページ | My Favorite Color/Jackie Allen (2014年) »

バカラックの曲がちょっと入ったアルバム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DYNASTY/the Jackie McLean Quintet (1990年) | トップページ | My Favorite Color/Jackie Allen (2014年) »

★ リンク ★

  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック