« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月29日 (日)

TO BRASIL AND BACHARACH/Mary D'Orazi with Marcos Silva (2016年)

米国の女性ジャズ・シンガー、マリー・ドラジが2016年にリリースしたブラジル音楽とバカラックへのトリビュート・アルバムです。

(画像は全てクリックすると大きくなります)
D5d1930bd24d4cc89bab7c5915958379_1_201_a Fullsizeoutput_5021

全12トラック中、バカラック作品は5トラック

1. Chico Hipocondria
2. I SAY A LITTLE PRAYER
3. Fotografia
4. Coração Vira Lata
5. A HOUSE IS NOT A HOME
6. Da Licença
7. WALK ON BY
8. ALFIE
9. Meu Canário Vizinho Azul
10. Vieste
11. Barra-Joá
12. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU

収録時間約54分


米国の女性ジャズ・シンガー、マリー・ドラジが2016年にリリースしたブラジル音楽とバカラックへのトリビュート・アルバムです。

マリー・ドラジはカリフォルニア州オークランド生まれ(生年不詳)。両親はイタリアからの移民。子供の頃ピアノのレッスンを8年間受け、思春期には様々な合唱団に参加したものの音楽で身を立てるつもりは無かったそう。30代半ばになって個人的な音声レッスンを受け始め、ジャズに興味を持っていた彼女はオークランド・ジャズ合唱団などを経てソロ歌手に。サンフランシスコのベイエリア周辺で活動してるんだとか。

本作リリースの10年ほど前、リオ生まれのピアニスト/作曲家マルコス・シルヴァと出会ったマリーは、彼の指導のもとブラジル音楽に傾倒していきました。本作でも、ジョビンのT-3、ブラジルのポップ・シンガー Aecio Flavio  作のT-1,4、マルコス・シルヴァの手によるT-11など計7曲のブラジル音楽を取り上げています。リズム感が良くまっすぐでケレン味の無いマリーの歌声はボサノヴァとの相性バツグン! 美しく流れるようなマルコス・シルヴァのアレンジも相まって、極上の歌を聴かせてくれます。

一方、バカラックはカヴァー定番曲ばかり5曲。これらも全てマルコス・シルヴァがアレンジしています。先の7曲と比べるとボサノヴァ風味は薄めのようですが、洗練され且つとても心地よいアレンジです。T-2.「 小さな願い 」は中間部でのピアノ・アドリブも含めてクールな仕上がり。T-5.「 ハウス・イズ・ノット・ア・ホーム 」とT-8.「 アルフィー 」はどちらもストリングス入りのバラード・アレンジですが、ほぼノン・ビブラートで強弱をあまりつけないマリーの歌い方だとちょっと物足りない感じ。T-12.「 遥かなる影 」は、イントロでのクールなメロディや中間部でアドリブを吹くフリューゲルホルンが印象的。

バカラック・カヴァー5曲のうち、私のレコメンドはT-7.「 ウォーク・オン・バイ 」。ノリが良く、マリーのクールでストレートな歌唱とソフトなフリューゲルホルンの対比も素晴らしい。コードをところどころ変えたアレンジも見事。

デジタル配信もしていますので、気になる方は是非試聴を!

88a39106319947fba48ca1030f6248df_1_201_a


【データ】
『 TO BRASIL AND BACHARACH: A Tribute 』
Mary D'Orazi with Marcos Silva

CD:2016年2月2日リリース
レーベル:Mary D'Orazi
番号:なし

Musical Director/Producer - Marcos Silva
Executive Producer - Mary D'Orazi
  Mary D'Orazi - vocals
  Marcos Silva - piano, synthesizer, guitar, percussion, vocals
  Scott Thompson - electric bass
  Greg German - drums (T-3,5,7,8,10,12)
  Phil Thompson - drums (T-1,2,4,6,9,11)
Special guests:
  Erik Jekabson - flugelhorn (T-7,12)
  Harvey Wainapel - alto sax (T-4,11)
  Colin Hogan - accordion (T-3,10)
  Edgardo Cambón - congas (T-11)
  Ian Faquini - acoustic guitar (T-3)
  Hande Erdem - violin (T-5,8)

2019年9月22日 (日)

The Best of Burt Bacharach/V.A. (1972年)

RCAから1972年にリリースされた米国編集のバカラック物コンピ集です。

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Fullsizeoutput_4553 Fullsizeoutput_4543

1. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD 〜 Hugo Montenegro 〜 M
2. WISHIN' AND HOPIN’ 〜 Si Zentner 〜
3. I’LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN 〜 Marilyn Maye 〜 F
4. I SAY A LITTLE PRAYER 〜 Peter Nero 〜
5. WALK ON BY 〜 Norman Luboff Choir 〜 M
6. (THEY LONG TO BE) CLOSE TO YOU 〜 Floyd Cramer 〜
7. HOW CAN I HURT YOU 〜 Lana Cantrell 〜 F
8. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE 〜 Al Hirt 〜
9. (THERE'S) ALWAYS SOMETHING THERE TO REMIND ME 〜 Peter Nero 〜
10. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE 〜 Living Strings and Living Voices 〜 FM

※ メイン・ボーカル入りの曲は、F(Female-女性)、または M(Male-男性)と表記

収録時間約29分


RCAから1972年にリリースされた米国編集のバカラック物コンピ集です。
(コンピレーション・アルバムの紹介は約1年ぶりだ〜)

厳密には、RCA Special Products というRCAのサブレーベルからリリースされたもの。ちなみに、裏ジャケに書かれているアルバム・タイトルは Gaines presents The Best … となってます。Gaines って何やねん??
Fullsizeoutput_4efb

全10曲は全てバカラック/デイヴィッド作品。オリジナル・バージョンは皆無ですし、私が所有している他のバカラック物コンピ集等では見かけず本コンピ集にしか入ってないバージョンが8曲もあります。(ピーター・ネロの2曲は紹介済み『 Love Is Blue 』『 Impressions 』

しかも、その8曲のうち5曲(A1,A3,B2,B3,B5)はiTunesにもなくてアナログ盤でしか聴けない代物。なかなか貴重なコンピ集です。

とは言え、中身は全体的にゆる〜い感じ。RCAビクターのカタログの中でもイージーリスニング系を主体にコンパイルしてるんですね。半数はインスト物ですし、メイン・ボーカル入り5曲もそのうち3曲(A1,A5,B5)はコーラス隊が歌ってるヤツですから…。

Fullsizeoutput_454f Fullsizeoutput_4551
カヴァー定番曲が並んでるなかで、異彩を放っているのがラナ・カントレルのB2.「 HOW CAN I HURT YOU(あなたの心を傷つけたら)」。ディオンヌ・ワーウィックが1965年12月にリリースした5作目アルバム『 Here I Am 』に収録されてたのがオリジナル。んで、このラナ・カントレル版しかカヴァーを聴いた事がない超レア曲でございます。リズムはオリジナルと同じポルカ。テンポは幾分速めの♩≒112(オリジナルは♩≒102)。アレンジはオリジナル版のほぼコピーですが、ティンパニやシタールを追加した独自の味付けがいいですね〜。ちょっと鼻にかかった歌声でねちっこく歌うラナ・カントレルはキレがあって軽く歌うディオンヌとかなり印象は異なりますが、好カヴァーと思います。本コンピ集の中でダントツのレコメンドでございます。

他は、ビッグバンドで速いテンポで個性的なアレンジが楽しいサイ・ゼントナーのA2.「 素晴らしき恋人たち 」、ゴージャスなオケのイントロと男声/女声コーラスの掛け合いとピアノが跳ねるエンディングのバランスが良いリヴィング・ストリングス・アンド・リヴィング・ヴォイセスのB5.「 世界は愛を求めてる 」あたりがちょっぴりレコメンドかなぁ。


【データ】
『 The Best of Burt Bacharach  "A Musical Biography" as performed by Peter Nero, Al Hirt, Lana Cantrell and other famous recording artists 』
V.A.

LP:1972年リリース
レーベル:RCA Special Products (US)
番号:PRS-410

(C) RCA Records

※ 日本のAmazonでの取り扱いは無し

2019年9月15日 (日)

Plays the best of Bacharach/APOLLO (1998年)

英国のAPOLLOというグループが1998年にリリースしたジャズのバカラック・カヴァー集です。

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Fullsizeoutput_4e6e Fullsizeoutput_4e75

1. (THERE'S) ALWAYS SOMETHING THERE TO REMIND ME
2. A HOUSE IS NOT A HOME
3. THE STORY OF MY LIFE
4. RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD
5. THIS GUY’S IN LOVE WITH YOU
6. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE
7. I JUST DON'T KNOW WHAT TO DO WITH MYSELF
8. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE
9. WIVES AND LOVERS
10. TRAINS AND BOATS AND PLANES

収録時間約39分


英国のAPOLLOというグループが1998年にリリースしたジャズのバカラック・カヴァー集です。

ライナーノーツに書かれているバイオグラフィーを読むと、バッハ「 主よ、人の望みの喜びよ 」をインスト・ロックにアレンジした最初のシングル「 JOY 」が1972年1月に全米6位になったこと、プロデューサーがMiki DallonでアレンジャーはTom Parkerであること…などが書かれています。でも、これらは全てAPOLLO 100という英国のインスト・バンドのこと。1971年にTom Parkerがスタジオ・ミュージシャンと結成した6人組バンドで、key.,guitarx2,bass,drums,perc.という編成。1973年に解散したそうです。

翻って本作はというと、ジャンルで言えばジャズ。クレジットにメンバーが書かれてないので確たることはわかりませんが、聴く限りピアノ、ドラムス、ウッドベース、サックス(フルート持ち替え)3人、トランペット1人という編成。裏ジャケにTom Parkerの顔写真が載ってはいるものの、APOLLO 100とは全く違うグループと思われます。

ということで、APOLLOについては謎のままです。あしからず。

全10曲。T-3.「 ストーリー・オブ・マイ・ライフ 」を除いてカヴァー定番曲ばかり。バラードのT-2.「 ハウス・イズ・ノット・ア・ホーム 」を別とすると、テンポ速めでホーンがブイブイ吹きリズム隊もゴリゴリくる感じの元気な演奏が多いです。聴いてて楽しくなります。こういうのばかりだと聴いてて疲れちゃう…という方にはオススメ致しかねますが。(私がそうなんですけどね)

そんななか、私のレコメンドはT-9.「 素晴らしき恋人たち 」。ハードな演奏の本編とは対照的に、3本のフルートが極上の和音で奏でるイントロ35秒間が素晴らしいです。ジャズワルツの曲なのに何故かこのイントロだけゆったりした4拍子で、しかもフェードアウトしてるんです。編集で後からイントロだけ追加したのかもしれませんね。


【データ】
『 Plays the best of Bacharach 』
APOLLO

CD:1998年リリース
レーベル:SUCCEES (UK)
番号:16313CD

Produced by Miki Dallon
Original Recordings
Tom Parker was the original arranger on the great majority of the Apollo recordings.
This Compilation (P) 1998, Elap Music Ltd.
A division of Carlton Home Entertainment (UK) Ltd.

2019年9月 8日 (日)

My Favorite Color/Jackie Allen (2014年)

米国の女性ジャズ・シンガー、ジャッキー・アレンが2014年にリリースしたアルバムです。バカラック作品を1曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Fullsizeoutput_4d7b Fullsizeoutput_4d83

全10トラック中、バカラック作品は1トラック

7. A HOUSE IS NOT A HOME (4:17)


米国の女性ジャズ・シンガー、ジャッキー・アレンが2014年にリリースしたアルバムです。

ジャッキーは1959年ウィスコンシン州ミルウォーキー生まれ。彼女の父はディキシーランドのジャズチューバ奏者。ジャッキーと4人の兄弟も金管楽器を嗜み、ジャッキーはホルンを吹いてたそうです。大学で歌とジャズを学んだ後、ミルウォーキー、シカゴなどを拠点に活動。1994年〜2017年に12枚のアルバムをリリース。スタジオ録音物としては約7年ぶりとなる本作は11枚目のアルバムにあたります。

─ アルバムをお買い上げいただきありがとうございます。これは何年にもわたる特別なプロジェクトでしたが、ついに完成し、皆さんと共有できることをとても嬉しく思います。楽しんで! ─ (ライナーより、ジャッキー本人談)

ジャッキーの Favorite Color が深い緑色だってことはCD聴く前に共有できましたですよ。CDジャケ見たら一目瞭然だけど、まさかこれで別の色ってことないよねー (^^;

バックはギター入りのカルテットに一部曲でホーンが加わります。ジャズ、フォーク、ポップシンガーの影響を受けたジャッキーは、ビルボード・マガジンで「まったく独特で革新的な」と評されるほどの超越的な解釈が特徴。本作は一応ジャズのカテゴリーに入りますが、バックの演奏も含めて透明感あるジャズ・バラード、コンテンポラリーなジャズ、ファンキーなR&B調、ロック風、ちょっと前衛的?なものまで解釈の幅が広いです。

んで、バカラック作品はT-7.「 ハウス・イズ・ノット・ア・ホーム 」。原曲の4拍子をなんと3拍子にアレンジ! ピアノ、ベース、ブラシワークのドラムスをバックに、ジャッキーは情感込めて歌っています。ほんのりファニーな風味もありつつ憂いを帯びたジャッキーの歌声に引き込まれます。いやー、これは素晴らしい! 自信を持ってレコメンドと言えます。

ここからはオマケ。MP3で所有しているジャッキー・アレンのバカラック作品をちょろっとご紹介。
Fullsizeoutput_4d84
ジャッキーは2003年のアルバム『 The Men In My Life 』で「 ディス・ガイ 」(5:18)を歌っています。ギター・トリオ+トランペットをバックにゆったりしっとり歌っています。だけど、なんか普通かな。「 ハウス・イズ・ノット・ア・ホーム 」の方がインパクト大ですね。


【データ】
『 My Favorite Color 』
Jackie Allen

CD:2014年リリース
レーベル:Avant Bass (US)
番号:Avant Bass 1905

Executive Producer: Hans Sturm … ジャッキーの夫
Lackie Allen - vocals
John Moulder - guitars
Ben Lewis - keybords
Hans Sturm - double bass
Dane Richeson - drums/percussion
Special Guests:
Titi Carillo - trumpet (T-2,3,5,6)
Steve Eisen - saxophone, flute (T-2,3,6,8)

2019年9月 1日 (日)

This Is FLOYD CRAMER/Floyd Cramer (1970年)

米国の男性ピアニスト、フロイド・クレイマーのLP2枚組ベスト盤。1970年にリリースしたもので、バカラック作品を6曲収録!

(画像は全てクリックすると大きくなります)
Fullsizeoutput_4cf6 Fullsizeoutput_4cf7

全20トラック中、バカラック作品は6トラック

A2. ALFIE (2:29)
A3. WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE (2:46)
B5. DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE (2:16)
C3. THE LOOK OF LOVE (3:09)
C5. I'LL NEVER FALL IN LOVE AGAIN (2:40)
D3. THIS GUY'S IN LOVE WITH YOU (3:16)


米国の男性ピアニスト、フロイド・クレイマーのLP2枚組ベスト盤です。

フロイド・クレイマー(1933年〜1997年)はナッシュビルでスタジオミュージシャンとして活躍。たとえば、エルヴィス・プレスリー「 ハートブレイク・ホテル 」のピアノ伴奏は彼なんですって。2003年にはカントリーの殿堂入り&ロックンロールの殿堂入りしています。その一方で、自身の名義でレコードも多数リリース。その時々のヒット曲を取り上げたもので所謂イージーリスニングの類いですね。本作は、1967年頃〜1970年までの彼のアルバムからコンパイルしたベスト盤です。

クレイマーのピアノは軽妙なタッチで明るい音色がします。イージーリスニングとの相性は良い方でしょう。

Fullsizeoutput_4d03 Fullsizeoutput_4d06 Fullsizeoutput_4d0b Fullsizeoutput_4d10
Side1を聴いたあと裏返して”えっ?”となりました。だって、裏面がSide4なんですっ! んで、Side2の裏はSide3。なんじゃこりゃ? こんなの初めて見ました(少なくとも私は)。3枚組の時はどーなるの??

気を取り直して…。尚、Side1〜4をA〜Dに置き換えて記載しています。
1967年リリース『 Class Of '67 』に収録されていたA2.「 アルフィー 」は、ストリングスと木管とヴィブラフォンをバックにしたシンプルなアレンジです。1968年リリース『 Class Of '68 』からはC3.「 恋のおもかげ 」。ちょっとファンキーなボサノヴァ風って感じ。

同じく1968年リリース『 Floyd Cramer Plays MacArthur Park 』からは早めのテンポで軽妙に弾むB5.「 サン・ホセへの道 」とこちらも軽妙だけどやたらメロディに装飾音が付いたD3.「 ディス・ガイ 」。そして1969年リリース『 Class Of '69 』からA3.「 世界は愛を求めている 」。わりとオーソドックスなアレンジでしょうか。そして、1970年リリース『 The Big Ones - Volume II 』よりC5.「 恋よさようなら 」。コンパイルされたバカラック6曲の中では、最も彼の軽妙さが生きるアレンジだと思います。

フロイド・クレイマーは、1966年以降本作リリースまでに他にもバカラック作品 〜「 何かいいことないか子猫チャン 」「 恋のとまどい 」「 小さな願い 」「 雨にぬれても 」をレコーディングしています。本作にはコンパイルされませんでしたが、これらのうち「 何かいいことないか子猫チャン 」「 恋のとまどい 」は、BMG(UK)がリリースしたバカラック物コンピ集『 MAGIC MOMENTS the classic songs of Burt Bacharach 』などで聴くことができます。


【データ】
『 This Is FLOYD CRAMER 』
Floyd Cramer

LP:1970年リリース
レーベル:RCA Victor (US)
番号:VPS-6031

Arranged and Conducted by Don Tweedy (A2)
Arranged and Conducted by Bill McElhiney (B5,C3)
Arranged by Bill McElhiney (C5)
Remastered by Don Miller

※ 日本のAmazonでの取り扱いは無し

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

★ リンク ★

  • Yammy* Official Web Site
    京都在住のオーガニックシンガーソングライター、Yammy*(ヤミー)さんの公式サイトです。
  • くう・ねる・時々・じゃず
    とても凛としていて、でも柔らかい歌声が魅力のジャズ・シンガー、三善香里さんの公式ブログです。
  • My Willful Diary
    shoppgirlさんが、「心に留めておきたい音楽とあれこれ」をたおやかな言葉で綴っていらっしゃる、素敵なブログです
  • バカラックマジックでまったりと
    バカラックさんをこよなく愛するまったりさんのブログです。バカラックファンとして大先輩でブログの師匠さんでもあります。
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック